トップページ > 獣医学部> 獣医学科 

獣医学科

研究者リスト >> 落合 和彦
 

落合 和彦

 
アバター
研究者氏名落合 和彦
 
オチアイ カズヒコ
URLhttp://www.nvlu.ac.jp/
所属日本獣医生命科学大学
部署獣医学部 獣医学科 獣医衛生学研究室
職名准教授
学位博士(獣医学)(岐阜大学)
J-Global ID201001023189960831

研究キーワード

 
分子生物学 ,基礎獣医学 ,実験動物学

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 獣医学 / 
  • ライフサイエンス / 獣医学 / 
  • ライフサイエンス / 獣医学 / 
  • ライフサイエンス / 動物生産科学 / 
  • ライフサイエンス / 動物生産科学 / 

経歴

 
2020年4月
 - 
現在
日本獣医生命科学大学 獣医学部 獣医学科 獣医衛生学研究室 准教授 獣医師 博士(獣医学)
 
2016年4月
 - 
2020年3月
日本獣医生命科学大学 獣医学部獣医保健看護学科 准教授 
 
2012年4月
 - 
2016年3月
日本獣医生命科学大学 獣医学部獣医保健看護学科 講師 
 
2011年4月
 - 
2012年3月
日本獣医生命科学大学 獣医学部獣医保健看護学科 助教 
 
2009年4月
 - 
2011年3月
徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部総合研究支援センター動物資源研究部門 助教   
 

学歴

 
 
 - 
2005年
岐阜大学 大学院連合獣医学研究科 
 
 
 - 
2001年
岩手大学 農学部 獣医学科
 

論文

 
 
Kazuhiko Ochiai   Samak Sutijarit   Mitsuki Uemura   Masami Morimatsu   Masaki Michishita   Eri Onozawa   Marika Maeda   Takanori Sasaki   Masami Watanabe   Yoshikazu Tanaka   Toshinori Omi   
Veterinary and comparative oncology   19(2) 399-4032021年6月   [査読有り]
Most male dogs are castrated at young ages, making them easy to rear following androgen deprivation. Although the incidence of canine prostate cancer is low, several patients have resistance to androgen therapy and poor clinical prognosis. These o...
 
Hisashi Yoshimura   Maiko Moriya   Ayaka Yoshida   Masami Yamamoto   Yukino Machida   Kazuhiko Ochiai   Masaki Michishita   Takayuki Nakagawa   Yoko Matsuda   Kimimasa Takahashi   Shinji Kamiya   Toshiyuki Ishiwata   
Veterinary pathology   3009858211018656-30098582110186562021年5月   [査読有り]
Nestin, a class VI intermediate filament protein, is known to be expressed in various types of human neoplasms, including breast cancer, and is associated with their progression. However, its expression and role in canine mammary tumors remain unk...
 
Yasunaga Yoshikawa   Masami Morimatsu   Kazuhiko Ochiai   Toshina Ishiguro-Oonuma   Ryo Morioka   Kento Okuda   Koichi Orino   
The Journal of veterinary medical science   83(5) 759-7662021年5月   [査読有り]
Mammary tumors are the most common tumors in women and non-spayed female dogs. One of the reasons for mammary tumors is mutations of the tumor suppressor gene, BRCA2. BRCA2 participates in homologous recombination repair by interacting with the RA...
 
Shota Kawakami   Masaki Michishita   Motoharu Sakaue   Masami Morimatsu   Mitsuki Uemura   Nobuaki Kashiwagi   Marika Maeda   Yukino Machida   Daigo Azakami   Ai S Egusa   Eri Onozawa   Katsumi Ishioka   Masami Watanabe   Yoshikazu Tanaka   Toshinori Omi   Kazuhiko Ochiai   
Oncology letters   20(6) 351-3512020年12月   [査読有り]
Isocitrate dehydrogenase 1 (IDH1) mutations are common in gliomas, acute myeloid leukemia, and chondrosarcoma. The mutation 'hotspot' is a single arginine residue, R132. The R132H mutant of IDH1 produces the 2-hydroxyglutarate (2-HG) carcinogen fr...
 
Jiajie Guo   Ziyi Wang   Yao Weng   Haoze Yuan   Kaya Yoshida   Mika Ikegame   Kenta Uchibe   Hiroshi Kamioka   Kazuhiko Ochiai   Hirohiko Okamura   Lihong Qiu   
Cellular signalling   75 109740-1097402020年8月   [査読有り]
Pseudomonas aeruginosa (P. aeruginosa) is associated with periapical periodontitis. The lesions are characterized by a disorder in osteoblast metabolism. Quorum sensing molecular N-(3-oxododecanoyl)-homoserine lactone (AHL) is secreted by P. aerug...

MISC

 
 
高木 香奈   呰上 大吾   町田 雪乃   落合 和彦   道下 正貴   
日本獣医学会学術集会講演要旨集   162回 347-3472019年8月   
 
高添 夏希   町田 雪乃   野上 英   原田 知享   落合 和彦   呰上 大吾   道下 正貴   
日本獣医学会学術集会講演要旨集   162回 348-3482019年8月   
 
植村 光希   落合 和彦   森松 正美   柏木 伸旭   宇埜 友美子   道下 正貴   呰上 大吾   小野沢 栄里   近江 俊徳   
日本獣医学会学術集会講演要旨集   162回 479-4792019年8月   
 
落合 和彦   平間 日奈子   森松 正美   川上 翔太   道下 正貴   中川 貴之   呰上 大吾   稲垣 健志   坂本 敦司   近江 俊徳   
日本獣医学会学術集会講演要旨集   161回 431-4312018年8月   
 
金岡 春央梨   中村 知尋   佐藤 茉水   本田 安里紗   矢口 雅美   川上 翔太   宇埜 友美子   坂本 敦司   呰上 大吾   盆子原 誠   落合 和彦   土田 修一   近江 俊徳   
日本獣医学会学術集会講演要旨集   161回 438-4382018年8月   

講演・口頭発表等

 
 
市販GS製剤による猫コロナウイルス増殖抑制効果の検討
田中 良和   林田 真琴   落合 和彦   前田 まりか   廣瀬 紗千   田辺 愛理   野中 柚希   久保田 匠   豊島 麻美子   大矢 真里奈   川越 美琴   薩見 春輝   石川 創   
第163回日本獣医学会学術集会   2020年9月   
 
p53変異イヌ乳腺腫瘍細胞株CTB-m2の性状解析
柏木 伸旭   落合 和彦   植村 光希   前田 まりか   道下 正貴   森松 正美   近江 俊徳   田中 良和   
第163回日本獣医学会学術集会   2020年9月   
 
イヌ乳腺腫瘍細胞株に対するHER2阻害薬の効果の検証
大竹 真優   石黒(大沼) 俊名   落合 和彦   木崎 景一郎   
第163回日本獣医学会学術集会   2020年9月   
 
盲導犬の適正に関する遺伝子Xの同定
近江俊徳   多田尚美   宇田川千野   宇埜友美子   加藤由比子   落合和彦   浅野潤三   
日本DNA多型学会第28回学術集会   2019年11月28日   
O-16 p.52
 
AB型が疑われたB型ネコに見出した新規CMAH遺伝子変異
矢口 雅美   宇埜友美子   落合和彦   山根咲恵   金子直博   稲垣健志   坂本敦司   小野沢栄里   土田修一   近江俊徳   
第162回日本獣医学会学術集会   2019年9月10日   
HSO-37 p.468

所属学協会

 
 
   
 
日本比較臨床医学会
 
   
 
日本実験動物学会
 
   
 
日本分子生物学会
 
   
 
日本獣医学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
組織血液型抗原とがん・感染症に関する基盤的研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
近江 俊徳 土田 修一 落合 和彦 
研究期間: 2019年4月 - 2022年3月
 
イヌAR複合体を起点としたホルモン療法抵抗性前立腺がん診断・治療戦略の創出
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
落合 和彦 
研究期間: 2019年4月 - 2022年3月
 
腫瘍におけるBRCA2の変異と結合分子群の機能解明を目的とした新規モデルの作出
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
森松 正美 安居院 高志 落合 和彦 
研究期間: 2018年4月 - 2022年3月
 
輸血副作用を惹起する血液型物質の分子基盤構築と疾患感受性関連解析への展開
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
近江 俊徳 土田 修一 落合 和彦 
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月
 
犬の難治性がんにおけるがん幹細胞の特性解析とがん幹細胞標的治療法の基盤構築
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
道下 正貴 落合 和彦 盆子原 誠 石渡 俊行 中川 貴之 呰上 大吾 市川 仁 吉村 久志 中平 嶺 
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月

産業財産権

 
 
公文 裕巳   渡部 昌実   二見 淳一郎   藤井 康之   植木 英雄   落合 和彦   
 
大槻 高史   宍戸 昌彦   公文 裕巳   柏倉 祐司   落合 和彦