トップページ > 獣医学部> 獣医保健看護学科 

獣医保健看護学科

研究者リスト >> 小田 民美
 

小田 民美

 
アバター
研究者氏名小田 民美
 
 
URL
所属日本獣医生命科学大学
部署獣医保健看護学臨床部門
職名講師
J-Global ID201601015523813448

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 獣医学 / 

委員歴

 
2018年4月
 - 
現在
日本動物看護学会  常任理事
 
2016年6月
 - 
現在
一般社団法人日本動物看護職協会  理事
 

受賞

 
2021年3月
日本獣医生命科学大学, 梅野信吉賞
 
2018年
日本ペット栄養学会, 日本ペット栄養学会第20回大会優秀発表賞,フード中の脂肪の種類が健常猫のインクレチン分泌に与える影響
小田 民美 
 
2013年
日本ペット栄養学会, 日本ペット栄養学会第15回大会最優秀発表賞,健常犬におけるホルモンリズムが血糖値日内変動におよぼす影響
小田 民美 
 
2011年
クリニカルユートリション研究会, 優秀研究賞アワード,健常犬におけるインクレチンの血中動態、および栄養組成の違いがインクレチン分泌に及ぼす影響についての検討
小田 民美 
 

論文

 
 
Naoko Yayoshi   Yuji Hamamoto   Hitomi Oda   Aiko Haga   Kaoru Koyama   Toshinori Sako   Akihiro Mori   
The Journal of veterinary medical science      2022年5月
A 10-year-old castrated male cat showing behavioral (irritation, prowling, and tumbling) and cutaneous abnormalities such as dermal fragility was diagnosed as hyperadrenocorticismwith pituitary macroadenoma, concurrent with insulin dependent diabe...
 
Tomoya TAKAHASHI   Akihiro MORI   Hitomi ODA   Isao MURAYAMA   Mitsuhiko KOUNO   Toshinori SAKO   
Journal of Veterinary Medical Science   83(2) 260-266   2021年   [査読有り]
Changes in lipoprotein profiles occur in dairy cows during the periparturient period and in cows with transition cow disease. Here, the lipoprotein profiles of Holstein-Friesian dairy cows during the periparturient period were obtained by anion-ex...
 
Takumi KOMIYA   Akihiro MORI   Naohito NISHII   Hitomi ODA   Eri ONOZAWA   Seri SEKI   Toshinori SAKO   
Journal of Veterinary Medical Science   83(4) 661-665   2021年   [査読有り]
A 5-year-old castrated male domestic shorthair cat was diagnosed with diabetic ketoacidosis and severe insulin resistance. Although the conventional treatment for diabetic ketoacidosis was provided, the cat required frequent hospitalization becaus...
 
Hitomi Oda   Akihiro Mori   Toshinori Sako   
The Journal of veterinary medical science   82(6) 695-698   2020年6月   [査読有り]
Insulin degludec (IDeg) is a long-acting basal insulin recently developed for use in humans. This study aimed to investigate the effects of IDeg on glycemic control in diabetic cats. Changes in body weight, IDeg dosage, and glycated albumin (GA) w...
 
Hitomi Oda   Tomoko Hiramatsu   Akihiro Mori   Toshinori Sako   
Journal of Pet Animal Nutrition   23(2) 59-67   2020年   [査読有り]

MISC

 
 
小田民美   小野沢栄里   生野佐織   石井聡子   後藤杏依   宮島芙美佳   森昭博   左向敏紀   
ペット栄養学会誌   19(Suppl.) 28‐29-29   2016年6月   
チューリップは有毒植物としてヒトではよく報告があり、主症状は皮膚炎などの接触性アレルギー症状であり、大量に食べない限りは消化器症状などの比較的軽度の中毒症でおさまるといわれている。しかしながら、これを犬猫が誤食した場合、ヒトとは異なる重篤な中毒症状を呈し、最悪の場合死に至ることもある。今回、本学付属動物医療センターにチューリップの球根を大量に誤食したことによるツリピン中毒症を呈した犬が来院したので、その経過について報告する。
 
小野沢栄里   生野佐織   石井聡子   後藤杏依   宮島芙美佳   小田民美   森昭博   石岡克己   呰上大吾   左向敏紀   
Veterinary Nursing   21(1) 61   2016年6月   
 
平松 朋子   佐伯 香織   秋山 蘭   生野 佐織   小田 民美   森 昭博   左向 敏紀   
ペット栄養学会誌   19(1) 21-26   2016年   
血糖変動に最も影響を与える栄養素は炭水化物であり、グルコースの消化吸収速度を緩やかにできれば、食後の血糖上昇を抑制できる。桑の葉にはグルコースと構造が類似したDNJが含まれ、グルコース吸収を抑制すると考えられている。ヒトでは桑の葉投与により食後の血糖上昇が抑制されたが、イヌでの効果は明らかにされていない。そこで、本研究では、桑の葉が健常犬の糖・脂質代謝に与える影響を検討した。6頭の健常犬に高炭水化物食とともに桑の葉粉末を0.5 g/頭で4日間給与した結果、桑の葉給与群では無給与群と比較して...
 
生野 佐織   佐伯 香織   秋山 蘭   小田 民美   上田 香織   丸山 夏輝   森 昭博   左向 敏紀   
ペット栄養学会誌   19(2) 74-81   2016年   
運動による血糖変動は、食事内容および食事時間によって低血糖や消化吸収遅延など、様々な弊害を引き起こすことが報告されている。犬でも、食後に猟を行った猟犬において低血糖と思われる意識障害が報告されているが、その詳細は不明である。そこで本実験では、健常犬(n=4)に対する運動実施前の糖摂取が糖脂質代謝に及ぼす影響を検討した。運動は経口糖負荷試験開始30分後の血中グルコースおよびインスリン濃度が高値を示す時間帯で行った。結果より、血中グルコースおよびインスリン濃度共に高値を示す時間帯での運動実施は...
 
木村友子   秋山蘭   兼田裕希   上田香織   丸山夏輝   小田民美   佐伯香織   森昭博   左向敏紀   
ペット栄養学会誌   18(2) 81-85   2015年10月   
食後の血糖上昇に最も影響を与えるのは炭水化物であり、摂取した炭水化物量によって追加インスリン療法を行い、食後の血糖値をコントロールするカーボカウントという方法が近年注目されている。そこで本研究では、炭水化物摂取量の違いが糖尿病犬の血糖値およびインスリン必要量に与える影響について明らかにすることを目的とし、速効型インスリン1.0 Uを注射することによって摂取できる炭水化物量、つまり犬におけるカーボカウントの算出について検討した。血糖値をリアルタイムで確認できる人工膵臓装置を糖尿病犬に接続し、...

書籍等出版物

 
 
as編集部(範囲:⑯糖尿病管理と飼い主指導~インスリン注射と血糖測定~)
EDUWARD Press   2021年4月   (ISBN:9784866711447)
 
緑書房編集部(範囲:第1部 動物看護学概論 第3章 動物看護とは何か)
緑書房   2020年1月   (ISBN:9784895314114)
 
日本動物保健看護系大学協会カリキュラム委員会, 呰上 大吾, 小田 民美(範囲:<動物臨床看護学総論> 第1章 動物臨床看護学を学ぶ上で必要な基礎知識、第2章 動物看護過程)
インターズー   2020年1月   (ISBN:9784866710921)

講演・口頭発表等

 
 
小田民美   平松朋子   森昭博   左向敏紀   
ペット栄養学会誌   2018年7月10日   
<p><tt>GIP、GLP-1は食事摂取によって分泌され、血糖依存的にインスリンを分泌させる他、 様々な臓器で多様な作用を持ち栄養代謝活性に関わる消化管ホルモンである。ヒトでは、特に食事中の糖質と脂肪がインクレチン分泌を促進することが知られ、さらに脂肪酸組成により分泌量が変化することが知られている。我々は過去に猫のインクレチン分泌と食事組成の関係について研究を行ない、猫のGIP分泌は高脂肪食で最も大きくなることを明らかにした。 この研究をもとに、食事中の脂肪が猫のインクレチン分泌にどのよ...
 
高橋知也   松田敬一   佐藤真由美   福田純子   西岡満明   森昭博   小田民美   左向敏紀   
東北地区獣医師大会   2017年10月12日   
 
小野沢栄里   生野佐織   小竹隼人   酒井麻有   杉原思穂   小田民美   呰上大吾   森昭博   石岡克己   左向敏紀   
日本獣医学会学術集会講演要旨集   2017年8月30日   
 
生野佐織   杉原思穂   小野沢栄里   小田民美   森昭博   左向敏紀   
日本獣医学会学術集会講演要旨集   2017年8月30日   
 
落合和彦   杉原思穂   小田民美   川上翔太   平間日奈子   呰上大吾   近江俊徳   
日本獣医学会学術集会講演要旨集   2017年8月30日   

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
猫のグルカゴン制御メカニズムの解明と糖尿病治療への応用
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 若手研究
小田 民美 
研究期間: 2020年4月 - 2023年3月
 
猫におけるインクレチン関連薬が糖代謝およびインスリン分泌に与える影響の検討
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 若手研究(B)
森 昭博 左向 敏紀 小田 民美 
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月