現在このブロックに設定情報がありません
 

児童教育学部 児童教育学科

研究者リスト >> 濵谷 佳奈
 

濵谷 佳奈

 
アバター
研究者氏名濵谷 佳奈
 
 
URL
所属大阪樟蔭女子大学
部署児童教育学部
職名准教授
学位博士(教育学)(上智大学), 修士(教育学)(上智大学), 学士(外国研究)(上智大学)
J-Global ID201801013091618136

研究分野

 
  • 人文・社会 / 教育学 / 教育方法学、カリキュラム論、比較教育

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
大阪樟蔭女子大学 児童教育学部 准教授 
 
2011年4月
 - 
2018年3月
大阪樟蔭女子大学 児童学部 専任講師 
 

委員歴

 
2016年4月
 - 
現在
東大阪市社会教育委員
 
2020年4月
 - 
2021年3月
国立教育政策研究所プロジェクト研究「学校における教育課程編成の実証的研究」  諸外国調査班 委員
 

受賞

 
2021年6月
日本比較教育学会, 第31回日本比較教育学会平塚賞審査委員会特別賞
 
2021年6月
日本ドイツ学会, 2020年度日本ドイツ学会奨励賞
 

論文

 
 
 
濵谷佳奈   
季刊 人間と教育   (108) 108-1132020年12月   [招待有り]
 
濵谷 佳奈   
比較教育学研究 = Comparative education : bulletin of the Japan Comparative Education Society   (54) 147-1602017年   [招待有り]
 
中山 美佐   山本 一成   濵谷 佳奈   村井 尚子   小野寺 香   坂田 哲人   ナカヤマ ミサ   ヤマモト イッセイ   ハマタニ カナ   ムライ ナオコ   オノデラ カオリ   サカタ テツヒト   Misa NAKAYAMA   Issei YAMAMOTO   Kana HAMATANI   Naoko MURAI   Kaori ONODERA   Tetsuhito SAKATA   
大阪樟蔭女子大学研究紀要 = Research bulletin of Osaka Shoin Women's University   7 165-1762017年1月   
オランダの教育学者であるコルトハーヘンによって提唱されたリアリスティック・アプローチは、経験からの学びを理論に結びつけることによって、教職課程の学びをよリアリスティックに、言い換えれば教職に就いてからの実践に資するものにすることをめざしている。大阪樟蔭女子大学では平成26 年より教職課程の担当教員がリアリスティック・アプローチを軸とした教員養成のあり方について研究会を組織し、教職実践演習の授業をその中核に据え、中高課程と幼小課程の教職担当者がカリキュラム編成と授業方法を協議しながら授業を作...
 
濵谷 佳奈   
カリキュラム研究   25(0) 15-262016年   [査読有り]
<p>The purpose of this paper is to clarify the change seen in the curricula of the school subjects of ethics and philosophy by focusing on the transition to a competency model. Furthermore, the influences of the introduction of the concept o...

MISC

 
 
濵谷佳奈   
国立教育政策研究所『諸外国の教育課程における人間性の涵養(学校における教育課程編成に関する実証的研究 報告書2)』研究代表者 鈴木敏之   19-342021年3月   
 
Roland Wolfgang   HENKE 著   濵谷佳奈 訳   栗原麗羅 訳   
大阪樟蔭女子大学研究紀要   11 47-542021年1月

書籍等出版物

 
 
日本道徳教育学会全集編集委員会, 柳沼, 良太, 行安, 茂, 西野, 真由美, 林, 泰成(担当:分担執筆, 範囲:第15章 ドイツ)
学文社      2021年6月   (ISBN:9784762030871)
 
 
志水 宏吉, ハヤシザキ カズヒコ, 園山 大祐, Sim Choon Kiat(担当:共著, 範囲:「ドイツ 個々への支援を目指す、連邦と州による教育政策」「ドイツ 健康な教員が担うインクルーシブな教育実践」)
明石書店      2019年9月   (ISBN:9784750348803)   
 
Henke Roland W, 濵谷佳奈, 栗原 麗羅, 小林 亜未(担当:監修, 範囲:監訳、日本語版『実践哲学科』読者へのことば、監訳者解説)
明石書店      2019年8月   (ISBN:9784750348711)   
 
日本カトリック教育学会, 日本カトリック教育学会(担当:分担執筆, 範囲:「世界の宗教と宗教間対話」(pp.36-37))
燦葉出版社      2016年11月   (ISBN:4879251275)   

講演・口頭発表等

 
 
ドイツの教育課程にみる非認知能力の育成 ーノルトライン・ヴェストファーレン州とハンブルク州の事例比較を中心にー
濵谷佳奈   
日本比較教育学会 第57回大会   2021年6月27日   
 
宗教教育と哲学教育による気候変動問題への取り組みの可能性
濵谷佳奈   
日本ドイツ学会 フォーラム1 ドイツの気候変動教育の成果と課題   2020年6月21日   
 
Challenges for Equity and Social Justice in Ethical and Moral Education: Analysis from a Japanese Perspective of the Reform from Confessional Education to Citizenship Education in Germany
Kana Hamatani   
10th Focal Meeting of World Education Research Association   2019年8月7日   
 
ドイツ初等教育にみる多様性の尊重と宗教教育―ノルトライン・ヴェストファーレン州のカトリック基礎学校の事例を中心に―
濵谷佳奈   
日本カトリック教育学会第41回大会   2017年9月9日   
 
リアリスティックアプローチによる教師教育の実践②―教職実践演習を中心に―
村井尚子   濵谷佳奈   中山美佐   山本一成   小野寺香   坂田哲人   
日本教師教育学会第26回研究大会   2016年9月17日   

担当経験のある科目(授業)

 
 
   
 
教育方法論 (大阪樟蔭女子大学)
 
   
 
教育課程論 (大阪樟蔭女子大学)
 
   
 
道徳の理論及び指導法 (大阪樟蔭女子大学)
 
   
 
子どもと絵本A (大阪樟蔭女子大学)
 
   
 
教職実践演習 (大阪樟蔭女子大学)

所属学協会

 
 
   
 
日本ドイツ学会
 
   
 
日本教育社会学会
 
   
 
日本教師教育学会
 
   
 
日本カトリック教育学会
 
   
 
日本教育学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
ドイツにおける倫理・道徳教育と学力形成との関係をめぐる実証的研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
濱谷 佳奈 
研究期間: 2019年4月 - 2024年3月
 
価値多元的社会ドイツにおける道徳教育のカリキュラムと教授学に関する実証的研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 若手研究(B)
濱谷 佳奈 
研究期間: 2015年4月 - 2019年3月
 
学力格差の実態把握と改善・克服に関する臨床教育社会学的研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(A)
志水 宏吉 前馬 優策 知念 渉 山田 哲也 林嵜 和彦 垂見 裕子 新谷 龍太朗 川口 俊明 藤井 宣彰 中村 瑛仁 葛上 秀文 若槻 健 濱谷 佳奈 シム チュン・キャット 石川 朝子 高田 一宏 園山 大祐 堀家 由妃代 
研究期間: 2014年4月 - 2019年3月
 
日独比較国際共同研究による多様性を包摂する倫理・道徳授業モデルの構築
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(A))
濱谷 佳奈 
研究期間: 2019年 - 2019年
 
教師の専門性の向上に資するリフレクションを用いた教師教育モデルの開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
村井 尚子 濱谷 佳奈 小野寺 香 坂田 哲人 山本 一成 中山 美佐 落合 陽子 松野 敬 今井 豊彦 秦 真衣子 光井 千絵 
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月

学術貢献活動

 
 
企画立案・ 運営等・パネル司会・セッションチェア等
科研費研究「価値多元的社会ドイツにおける道徳教育のカリキュラムと教授学に関する実証的研究」・研究代表者 濵谷佳奈 2020年2月22日 - 2020年2月23日

社会貢献活動

 
 
 
【助言・指導】
京都府立嵯峨野高等学校 2018年1月
 
 
【パネリスト】
大阪樟蔭女子大学附属子ども研究所 2014年11月
 
【講師】
大阪市鶴見商業高校 2014年9月