現在このブロックに設定情報がありません
トップページ > 学芸学部 
 

学芸学部

研究者リスト >> 長谷川 章子
 

長谷川 章子

 
アバター
研究者氏名長谷川 章子
 
 
URL
所属大阪樟蔭女子大学
部署学芸学部心理学科
職名講師
学位社会福祉学修士(日本福祉大学大学院)
J-Global ID201901003774144441

研究分野

 
  • 人文・社会 / 社会福祉学 / 

経歴

 
2019年4月
 - 
現在
大阪樟蔭女子大学 学芸学部 心理学科 講師 
 
2015年4月
 - 
現在
学校法人 滋慶学園 学生相談室 スクールカウンセラー   
 
2012年10月
 - 
現在
NPO法人こころネットKANSAI 理事   
 
2008年7月
 - 
現在
大阪市若者自立支援事業 コネクションズおおさか 入職   
 
2014年4月
 - 
2020年3月
関西大学 社会学部 非常勤講師   
 

学歴

 
2012年4月
 - 
2014年3月
日本福祉大学大学院 社会福祉学研究科 社会福祉学専攻(通信教育)
 
1978年4月
 - 
1982年3月
岐阜女子大学 家政学部 児童心理学科
 

論文

 
 
   2014年3月   [査読有り]
2014.3.15<br />
学位論文<br />
地域若者サポートステーションにおける親の支援方法の1つとして、「親回復プログラム」の開発に関する研究
 
日本アルコール・薬物医学会誌   35(3) 204-205   2000年6月   [査読有り]
2000.6.3<br />
アルコール依存症専門クリニックにおける患者に対する量的調査をもとに女性アルコール依存症患者の2重規範における葛藤に対するソーシャルワークの在り方についての研究の総括
 
日本アルコール・薬物医学会誌   35(3) 208-209   2000年6月   
2000.6.3<br />
アルコール依存症専門内科病院における治療プログラムに関する研究を行い、ソーシャルワークの在り方についてまとめる
 
日本アルコール・薬物医学会誌   34(4) 366-367   1999年8月   
1999・8・28<br />
アルコール依存症専門クリニックにおける患者に対する量的調査をもとに女性アルコール依存症患者の2重規範における葛藤に対するソーシャルワークの在り方についての研究の続報
 
日本アルコール・薬物医学会誌   33(4) 450-451   1998年8月   
1998・8・28<br />
アルコール依存症専門クリニックにおける患者に対する量的調査をもとに女性アルコール依存症患者の2重規範における葛藤に対するソーシャルワークの在り方についての研究

担当経験のある科目(授業)

 
2004年4月
 - 
現在
障害者に対する支援と障害者自立支援制度
2001年4月
 - 
現在
社会保障
2001年4月
 - 
現在
精神保健福祉援助演習(基礎・専門)
2001年4月
 - 
現在
精神保健福祉士国家試験対策
2003年4月
 - 
2013年3月
心理学理論と心理的支援

所属学協会

 
2023年4月
   
 
日本コミュニティー心理学会
 
   
 
日本社会福祉学会
 
   
 
日本アルコール関連問題学会
 
   
 
日本アルコール・薬物医学会
 
   
 
日本交流分析学会

社会貢献活動

 
 
【企画】
認定NPO法人 育て上げネット 2021年1月 - 現在
https://www.sodateage.net/news/news_tag/life/
 
【講師】
大阪市鶴見区役所 2019年4月 - 現在
 
【講師】
株式会社 東京リーガルマインド 2022年7月29日 - 2022年7月29日

教育方法の実践例

 
 
 
 
 
 

作成した教科書

 
 
 

実務経験を有する者についての特記事項(教育上の能力)

 
 
 
 
 

その他(教育上の能力)

 
 
 
 
 
 

資格・免許

 
 

実務経験を有する者についての特記事項(職務上の実績)