現在このブロックに設定情報がありません
 

児童教育学部 児童教育学科

研究者リスト >> 大杉 稔
 

大杉 稔

 
アバター
研究者氏名大杉 稔
 
 
URL
所属大阪樟蔭女子大学
部署児童教育学部児童教育学科
職名准教授
学位学士(滋賀大学)
科研費研究者番号70788661
J-Global ID201901014647933250

研究キーワード

 
一貫教育 ,授業研究 ,集団思考とことば ,ことばを選ぶ力

研究分野

 
  • 人文・社会 / 教科教育学、初等中等教育学 / 
  • 人文・社会 / 教育学 / 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
大阪樟蔭女子大学 児童教育学部 児童教育学科 准教授   
 
2018年4月
 - 
現在
大阪樟蔭女子大学 児童教育学部 児童教育学科 准教授   
 
2016年4月
 - 
2018年3月
大阪樟蔭女子大学 児童学部 児童学科 准教授   
 
2014年4月
 - 
2016年3月
滋賀県高島市立安曇小学校 教諭   
 
2008年4月
 - 
2014年3月
滋賀県高島市立新旭北小学校 教諭   
 

学歴

 
1978年4月
 - 
1982年3月
滋賀大学 教育学部 
 
 
 - 
1978年3月
滋賀県立虎姫高等学校  
 

受賞

 
2007年2月
文部科学大臣, 文部科学大臣優秀教員表彰 (文部科学大臣)
 
2006年11月
滋賀県教育委員会, 滋賀県優秀教育実践表彰 (滋賀県教育委員会教育長)
 

論文

 
 
樟蔭教職研究 第2巻   2 3-142018年1月   
観察法は、子ども理解の方法として幼稚園等の現場で最も広く実践され、また最も大切なものである。そのため、大学等の幼稚園教員養成課程においても、この手法は重点的に扱われている。しかしながら、大学の中で観察法を指導するには幾つかの困難がある。まず、園に出向いて直接観察できればよいが、担当クラスの学生数が多い場合は難しいこと。また、子どもによほど近づかないとその声や表情を捉えられず「学びの事実」と向き合うことができないこと。加えて子ども理解においては、同じ子どもを長期的・継続的に観察したり人間関係...
 
大杉 稔   山本幸夫   田村 壽   
大阪樟蔭女子大学研究紀要   7 39-492017年1月   
小学校の教育実習に参加した学生を対象に意識調査を行い、大学における事前指導が、それぞれ実際の教育実習においてどのように役立ったかについて整理した。事後指導における工夫も含め、成果と課題をまとめた。
 
大杉 稔   
『子ども研究』   7 48-532016年8月   
子どもの書字傾向をよく理解することは、教員になって「書写」を指導する際、大いに役立つと考えられる。本稿では、そうした視点に立つ「書写(教育法)」のあり方について、講義・演習の実践を通して得られた成果をもとに論じた。
 
滋賀大学教育学部教育実践総合センター紀要   第22巻 2014年3月   
昨年、受理された、最新の論文である。読みにおける活用力をどのように捉えるべきか、小学1年生の文学第一教材『はなのみち』の実践を例に述べた。また、幼小一貫の視点から、言葉の発達を考えなければならないとした。
 
大杉 稔   清水毅四郎   
滋賀大学教育学部教育実践総合センター紀要   第16巻 2008年3月   
共同執筆の形を取っているが、自身の実践事例に基づき、自らの責任において書いたものである。学習者間のコミュニケーションは本来自発的なものであり,活動形態の自由度を高めてやれば,学習者は自らの求めに応じて聴き,話し合うことができるとした。表現(国語科・朗読)および思考(算数科・求積)2事例における学習者間コミュニケーションの分析を通じ,その有効性について論じた。

書籍等出版物

 
 
石井英真, 大杉稔, 渡辺貴裕, 遠藤貴広, 西岡加名恵ほ(担当:共著, 範囲:第2章第1節 「教えと学びについての理解を深める校内研修」)
日本標準      2017年3月      
公立小学校における校内研修(授業研究)の取組のポイントについて実践・実績をもとに整理。教員全員が年2回授業を公開することで、意識が持続し、主体的に授業づくりに取り組めるとした。
 
ミネルヴァ書房      2012年4月      
勤務校(高島市立新旭北小学校)における3年間(2009~11)の授業研究改革についてまとめたものである。
現在の「校内研究」は「授業者を評価する」場になっているとし、「校内研究」が学校再生の柱として位置づくためには、研究の対象を授業者ではなく「子ども(学習者)」に転換することが何より大事であるとした。
 
須田実, 著者, 野口芳宣, 大杉 稔(担当:共著)
明治図書出版      2009年11月      
第4章 第4節「学習者優位の読みをつくる―人物情報を得てから学ぶ物語―」
2年教材『お手紙』について、読み手が予め同作品を含む「がまくん・かえるくん」シリーズと出会っておけば、読みがより作中人物に寄り添ったものに変化することについて論じた。また、最後には二人の登場する簡単なストーリーを創作できるまでに読みが深まった事例を紹介した。
 
須田実, 吉永幸司, 大杉 稔(担当:共著)
明治図書出版      2006年10月      
第3章 第12節「体験を生かして知らせたいことを書く学習」
遠足の体験を生かして知らせたいことを書く学習(2年)について、「家族を対象にした相手意識」「線で結ぶだけのメモ」「空間の順序」「書きためる感覚」等の新しい手法を提案した。
 
須田実, 著者, 吉永幸司, 大杉 稔(担当:共著)
明治図書出版      2005年11月      
第3章 第5節「大切なあの人に届けたい、わたしのとっておきのお手紙」
手紙文を書く力を身につけさせるための1年生の指導法について、効果的な発問を中心に実践を紹介した。1年生でも可能な「書くことの協働化」についても言及した。

講演・口頭発表等

 
 
3人組・4人組における対話の様相と学習効果
日本教育方法学会第54回大会   2018年9月30日   日本教育方法学会   
3人組の小集団における対話の特徴は何か、4人組の場合と比較して明らかにする。また、対話による学びが、読むこと・書くことの学習にどのような効果をもたらすか、児童の表現物を手掛かりに分析する。
 
持続的な授業改善をめざす「研究主任」の役割
渡邊貴裕   石田喜美   国立大   本間隆司   
第134回全国大学国語教育学会大阪大会   2018年5月27日   全国大学国語教育学会   
公開講座「学校で取り組む国語科授業研究の展開2 学校・教育委員会・大学など異なる立場からのかかわりを活かして」における発表である。学校現場における校内研修の在り方、とりわけ授業研究の推進のために「研究主任」として何ができるか、何をすべきかについて明らかにした。
 
主体的・対話的で深い学び 国語科編Ⅱ
新学習指導要領学習会   2018年3月   大阪樟蔭女子大学児童学部児童学科   
学習指導要領の改訂の趣旨を生かして、どのような国語の授業を創ればよいか、特に「対話的な学び」の観点から解説した。また、説明的な文章の指導法を例にワークショップを行った。
 
学びに向かおうとする力を育む ~幼・小・中を貫いてこそできること~
2017年8月   
滋賀県「学びに向かう力推進事業」にかかるマキノ中学校区の教職員全体研修会においての講演である。学びは年齢とともに変容するが、その基本的な構造は幼児でも生徒でも変わらない。「見通しと振り返り」「人間関係の中で学ぶ」という二つを学びづくりの核に据えるべきであると説明した。
 
主体的・対話的で深い学び 国語科編(小学校・新学習指導要領解説)
小学校学習指導要領学習会   2017年3月   

所属学協会

 
 
   
 
全国大学国語教育学会
 
   
 
日本教育方法学会