現在このブロックに設定情報がありません
 

児童教育学部 児童教育学科

研究者リスト >> 中山 美佐
 

中山 美佐

 
アバター
研究者氏名中山 美佐
 
 
URL
所属大阪樟蔭女子大学
部署児童教育学部児童教育学科
職名講師
学位修士(教育学)(大阪総合保育大学大学院)
科研費研究者番号90738486
J-Global ID201901001127709809

研究キーワード

 
教師教育学 ,子育て支援実践

研究分野

 
  • 人文・社会 / 教育学 / 

経歴

 
2019年4月
 - 
現在
大阪樟蔭女子大学 児童教育学部 児童教育学科 講師   
 
2014年4月
 - 
2018年3月
大阪樟蔭女子大学 児童学部 児童学科 講師(特任Ⅰ号)   
 

学歴

 
 
 - 
2019年3月
大阪総合保育大学大学院  
 
 
 - 
2005年3月
大阪保健福祉専門学校  
 
 
 - 
1982年3月
奈良文化女子短期大学 初等教育学部 初等教育学科
 

論文

 
 
中山美佐   
大阪樟蔭女子大学紀要   9 263-2682019年1月   
子どもの人間関係は、家庭の中で主に母親との愛着関係から築かれることが多い。幼児期になり保育所や幼稚園の友人関係から人間関係を深められるだろう。2歳児・4歳児の事例を挙げ保育者のかかわりの中から子ども自身が落ちついて友達と関われるようになることにより、母親も子どもに対してしっかりかかわりが持てたといった事例から子どもの人間関係と保育者及び母親のかかわりについて考察を行う。
 
中山美佐   山本一成   
大阪樟蔭女子大学紀要   9 229-2352019年1月   
子育て支援が大学で行われる場合、学生の学びとしてとらえられやすい。主に学生が出し物をしたり、親子との遊びを提供したりし、学生自身が保育の実践力につながることが多い。母親は支援してもらう立場に立つことが多いが、「母親が学生に語る」ことから母親自身が得られることはないのか、母親アンケートから母親の自己肯定感や、それに近い想いが持てるのではないかというところに視点を置き、今後の新たな子育て支援の在り方について検討していく。
 
中山美佐   
『子ども研究』   9 45-512018年8月   
大阪樟蔭女子大学主催の子育てカレッジ内で行われた『子育てカフェ』参加者及び学生アンケートから、大学での子育て支援で母親たちは何を望んでいるのか、学生たちは何が学べたのかを考察し、今後の大学での子育て支援の在り方を考察したものである。
 
山本一成   中山美佐   
大阪樟蔭女子大学研究紀要   8 189-1952018年1月   
本研究は、保育を目指す学生と子育て支援の専門家の共同による子育て支援実践の意義について考察したものである。保育者養成校の学生と、自治体、地域の未就園児での「子育てカフェ」から、「地域連携」「学生の学び」「保護者への支援」について考察するものである。第2章を中山が執筆、第4章については山本・中山の共同執筆を行った。
 
高宮明子   中山美佐   
樟蔭樟蔭女子大学研究紀要   8 169-1782018年1月   
実習指導室での学生支援内容、及び、1年間の学生来室人数を明らかにし、指導の実際の内容、学生の生の声を聴きだし、その学生にあった指導を行った内容について述べている。また、今後、更に、相談を受けるものの力の在り方や、研鑽の仕方、また、他の機関との連携を必要とすると考察する。4について中山が執筆した。

講演・口頭発表等

 
 
「保育者養成校での子育て支援『母親が学生に語ることから得られるもの』」
中山美佐   
関西教育学会第70回大会   2018年11月18日   関西福祉科学大学 教育学部 荒川泰弘   
保育者養成校で行われた子育て支援『子育てカフェ』で母親が学生に自分の子育てや、出産などのについて『語る』ことで、母親自身が自分を振り返ったり、子育てについて何も知らないがくせい伝える、教えてあげることから、母親の自己肯定感や、それに近い感情が得られた結果について報告した。また、学生たちの学びの深さや、今後保育者になっていくために必要なことへの気付きが得られたことについて述べた。
 
「幼稚園・認定こども園についての一考察」-幼稚園教育実習訪問からー
中山美佐   
日本教師教育学会第28回研究大会   2018年9月30日   東京学芸大学 太田伸也   
幼稚園・認定こども園の環境から、幼稚園教育実習で学ぶ学生の視点を問う。個々の子どもの遊びから、コーナー遊びへ、コーナー遊びからクラス遊びへ、遊びの中から学ぶ環境への視点を、環境構成や環境そのものから学びを得ていくことの重要性を考察している。学生の実習ノートから、学生の学びを確認し、次回の課題として学生の環境への見方や保育者の意図に考えが及ぶような指導が必要と考察される。
 
葛藤を乗り越えて「ぼく、貸してあげるよ」
中山美佐   
第71回保育学会大会   2018年5月13日   日本保育学会   
4歳児のM君の事例から省察を行い、子どもとのかかわり保育者とのかかわりの大切さについて述べた内容。省察をリフレクション(コルトハーヘン)し、諸相への気付きを8つの窓を使って行っている。M君自身の省察と、クラスの子供の省察を行ったうえで、保育者のかかわり方、気付きについて述べている。
 
保育にとってのリフレクションの意味を考える
村井尚子   坂田哲人   山本一成   中山美佐   落合陽子   松野敬   今井豊彦   
第71回保育学会大会   2018年5月13日   保育学会   
保育者のリフレクションは、実際の子どもとのかかわりの中で、保育者同士ができることにより、より良い保育につながる。実際にリフレクションを行っている2園の園長からの報告とこれからの課題についての話、また、大学の授業で行われた5ステップを用いての授業、実習指導室で行われている8つの質問から学生の学びや、悩みを聞き、学生自らが気付けることなどの報告を行った。リフレクションについては園の保育者がどのようにするのか、時間はどこでとるのかなど多くの課題もあったが、前向きにしていきたいといった話も出た。
 
保育者の家庭支援の取り組みから―K君の事例からー
中山美佐   
日本保育者養成教育学会第2回大会   2018年3月4日   日本保育   
一時保育で保育所に来たK君の様子から、家庭支援につなげていった保育者の事例を取り上げ、保育者の在り方、支援の仕方について考察している。

所属学協会

 
 
   
 
日本保育者養成学会
 
   
 
日本保育学会
 
   
 
日本教師教育学会
 
   
 
大阪会介護福祉士会
 
   
 
関西教育学会