現在このブロックに設定情報がありません
 

児童教育学部 児童教育学科

研究者リスト >> 安部 永
 

安部 永

 
アバター
研究者氏名安部 永
 
 
URL
所属大阪樟蔭女子大学
部署児童教育学部児童教育学科
職名教授
学位修士(大阪教育大学大学院)
J-Global ID200901028613214380

研究キーワード

 
陶芸 幼児造形 美術 工芸

研究分野

 
  • 人文・社会 / 芸術実践論 / 

経歴

 
2021年4月
 - 
現在
大阪成蹊大学 教育学部 非常勤講師 
 
2021年4月
 - 
現在
大阪樟蔭女子大学 児童教育学部 児童教育学科 教授   
 
2018年4月
 - 
現在
神戸女子大学 文学部 教育学科 非常勤講師   
 
2020年4月
 - 
2021年3月
大阪教育大学  非常勤講師 
 
2009年4月
 - 
2021年3月
大阪樟蔭女子大学 児童学部 児童学科 准教授   
 

学歴

 
1991年4月
 - 
1993年3月
大阪教育大学大学院 教育学研究科 美術教育専攻 工芸・デザイン専修
 
1987年4月
 - 
1991年3月
大阪教育大学 小学校課程 美術科
 

委員歴

 
2018年4月
 - 
現在
大阪樟蔭女子大学学生委員会  委員
 
2011年4月
 - 
現在
大阪樟蔭女子大学学生委員会  委員
 
2018年4月
 - 
2020年3月
大阪樟蔭女子大学自己点検・評価委員会  委員
 
2018年4月
 - 
2020年3月
大阪樟蔭女子大学くすのき地域協創センター運営委員会  委員
 
2014年4月
 - 
2016年3月
大阪樟蔭女子大学人権委員会
 

論文

 
 
安部永   
教育諸学研究第33巻   33 2020年3月
 
安部永   
神戸女子大学教職課程研究第3号   (3) 2020年2月   
 
安部永   
大阪樟蔭女子大学研究紀要第9巻   9 2020年1月   
本学附属幼稚園での造形指導も 5 年が経過し、様々な新しい素材・教材を取り入れて実践を行った。本稿では
特に土を用いた立体造形の 3 種の題材を取り上げ報告する。第 1 は粉末粘土を用いた平面的な要素の多い粘土活動。
第 2 は陶芸用道具と土粘土を用いて、切る、固める、丸める、のばすなどの立体的な活動。第 3 は様々な調整土の中
でも化粧土を新しい素材に選択し、立体物と泥漿を組み合わせることで立体的な活動と平面的な活動を組み合わせる。
素材と戯れ遊びとして成立する粘土素材を用い子どもたちが...
 
教職課程研究 第2号   2019年2月   
造形的な表現活動を通して、図形の性質を見出したり、算数的活動に興味をもたせることができるのかを実践および、児童へのアンケートで考察した。
 
大阪樟蔭女子大学研究紀要第7巻   7 2017年1月   
平成25年度より本学附属幼稚園で、作品ありきではなく、造形の行為(プロセス)を重要視した絵画指導を開催している。年間12回5歳児クラスで様々な素材・材料を扱う造形活動や、造形遊びなどを行っている。本稿では様々な題材の中から2種の題材を取り上げ報告する。第1は水分を含むと固着化する童仙房粉末という陶芸材料に着目した平面制作から立体造形へと移行する素材の取り組み。第2は可塑性のある素材である土粘土を使用して、子どもの体全体を用いた粘土遊びからの立体造形である。これらの題材は園児たちにとって新し...

講演・口頭発表等

 
 
自然物を使った造形活動による保育者養成課程の学生の変化
佐伯岳春   安部永   白波瀬達也   
日本保育学会第73回大会   2020年5月16日   
 
様々な素材を用いた子どもの造形活動への取り組み
安部永   佐伯岳春   白波瀬達也   
日本保育学会第73大会   2020年5月16日   
 
子育て支援の場での造形表現プログラムの一考察
佐伯岳春   安部永   
日本保育学会第72大会   2019年5月5日   
 
子どもの粘土に関する立体造形表現の取り組み
安部永   佐伯岳春   白波瀬達也   
日本保育学会第72回大会   2019年5月5日   
 
子どもと楽しむ造形活動
安部永   
平成30年度三重県保育士協会伊賀ブロック研修会   2018年6月   三重県保育士協会   
「子どもと楽しむ造形活動」をテーマに2時間の講演。前半1時間は「造形遊びの指導と技法」をテーマに子どもの絵の発達、環境の影響、園での絵画指導について、付属幼稚園での絵画指導の実践についての講義を行った。後半1時間は様々な素材を用いた現場で活用できる実技活動を行った。参加人数70名

所属学協会

 
 
   
 
日本保育学会

Works(作品等)

 
 
安部永   
2021年4月 - 2021年4月   芸術活動
 
2019年4月 - 2019年4月   芸術活動
入選)
我が国最大の美術団体「日展」の第4科(工芸美術)に所属する工芸家を中心に1961年に設立され、創立56年を迎える(社)現代工芸美術家協会が主催する、工芸素材を駆使しての、新しい工芸芸術活動の全国展開、若い工芸家の発掘、育成を視野に入れた全国的な公募展。
 
2018年4月 - 2018年4月   芸術活動
(入選)
我が国最大の美術団体「日展」の第4科(工芸美術)に所属する工芸家を中心に1961年に設立され、創立56年を迎える(社)現代工芸美術家協会が主催する、工芸素材を駆使しての、新しい工芸芸術活動の全国展開、若い工芸家の発掘、育成を視野に入れた全国的な公募展。
 
2017年4月 - 2017年4月   芸術活動
(入選)
我が国最大の美術団体「日展」の第4科(工芸美術)に所属する工芸家を中心に1961年に設立され、創立56年を迎える(社)現代工芸美術家協会が主催する、工芸素材を駆使しての、新しい工芸芸術活動の全国展開、若い工芸家の発掘、育成を視野に入れた全国的な公募展。
 
いしだふみ   川西幹雄   
2014年9月 - 2014年9月   芸術活動
(企画展)重力と均衡を計りながら鋭い陶立体を制作している安部永。
神戸の大震災で揺さぶられ身体の芯から出てきた線で描くいしだふみ。積層という土と土とのあわい-間-の線の多様さを表現する川西幹雄。三人をここに一束で

社会貢献活動

 
 
【運営参加・支援】
サクラクレパス 2018年4月 - 現在