現在このブロックに設定情報がありません
トップページ > 学芸学部 
 

学芸学部

研究者リスト >> 川野 佐江子
 

川野 佐江子

 
アバター
研究者氏名川野 佐江子
 
カワノ サエコ
URLhttps://kaken.nii.ac.jp/d/r/60582632.ja.html
所属大阪樟蔭女子大学
部署学芸学部 化粧ファッション学科
職名教授
学位博士(比較文明学)(立教大学), 修士(比較文明学)(立教大学), 文学士(明治大学)
J-Global ID200901030077611651

プロフィール

「男性身体」,「男性性表象」を研究しています.
現象学的身体論,消費社会論,ジェンダー論(男性学)の立場から,「男性」をとりまく諸問題に関心を持っています.
特に,男性の身体表象について次のテーマで研究を深めています.
1.相撲,力士の身体表象と「男らしさ」
2.力士のメディア表象と生身の身体の関係―横綱柏戸を中心に
3.男性の衣服・化粧・美容
どうぞよろしくお願いいたします.

研究キーワード

 
身体表象 ,男性性・男らしさ ,ジェンダー ,ファッション ,相撲 ,プロレス

研究分野

 
  • 人文・社会 / 哲学、倫理学 / 現象学的身体論
  • 人文・社会 / 家政学、生活科学 / 化粧・ファッション学
  • ライフサイエンス / スポーツ科学 / スポーツ社会学
  • 人文・社会 / 社会学 / 身体・アイデンティティ
  • 人文・社会 / ジェンダー / 男性学

経歴

 
2021年4月
 - 
現在
大阪樟蔭女子大学大学院 大学院人間科学研究科 化粧ファッション学専攻 教授 
 
2021年4月
 - 
現在
大阪樟蔭女子大学 学芸学部 化粧ファッション学科 教授 
 

学歴

 
2006年4月
 - 
2010年3月
立教大学大学院 文学研究科 比較文明学専攻博士課程後期課程 修了
 

委員歴

 
2023年6月
 - 
現在
東大阪市男女共同参画センター イコーラム指定管理者選定委員会  指定管理者選定委員
 
2023年5月
 - 
現在
大阪樟蔭女子大学 教育開発機構 学士課程基幹教育課程検討部会  部会長
 
2022年4月
 - 
現在
大阪樟蔭女子大学大学院 人間科学研究科 化粧ファッション学専攻  専攻長
 
2020年4月
 - 
現在
大阪樟蔭女子大学  学士課程教育センター長
 
2017年4月
 - 
現在
化粧文化研究者ネットワーク  世話人
 

受賞

 
2023年3月
大阪樟蔭女子大学, 学長顕彰,2022年度及びこれまでの通算においてFD活動に顕著であったことによる表彰
 
2018年9月
日本顔学会, 原島賞,大相撲専門雑誌における力士表象についての研究-“展望号”の“顔”に着目してー
川野 佐江子 
 
2013年3月
大阪樟蔭女子大学, 学長顕彰,初年次教育検討等,教学において顕著な活動を表彰
川野 佐江子 
 

論文

 
 
川野佐江子   徳迫栞   沢辺祐馬   日比野英子   
大阪樟蔭女子大学研究紀要   11 23-34   2021年1月
 
川野佐江子   
体育の科学   70(8) 579-583   2020年8月   [招待有り]
 
川野佐江子   松下友季栄   
大阪樟蔭女子大学研究紀要   10 129-139   2020年1月   
 
川野佐江子   
日本顔学会誌   19(2) 35-44   2019年12月   [査読有り]
 
川野佐江子   
日本スポーツ社会学会 第28回大会 大会プログラム・発表抄録集   28 58-59   2019年3月   [査読有り]

MISC

 
 
川野佐江子   
ampule   7 20-21   2023年6月   [招待有り]
 
三須亜希子   川野佐江子   小林直美   須藤典子   高峰修   橋本和美   小学   前田博子   山村弘一   來田享子   
日本スポーツとジェンダー学会21回記念大会 プログラム&発表抄録集   12-12   2022年7月
 
川野佐江子   
大阪樟蔭女子大学研究紀要   12 255-255   2022年1月   
 
川野佐江子   
大阪樟蔭女子大学研究紀要   11 187-187   2021年1月   
 
川野佐江子   
大阪樟蔭女子大学研究紀   10 245-245   2020年1月   

書籍等出版物

 
 
現代風俗研究会(担当:分担執筆, 範囲:「コラム*顔じゃない」)
国際文化学園   2014年12月   (ISBN:9784990165871)
担当部分では、相撲の隠語である「顔じゃない」という表現を取り上げ、大相撲における伝統的美意識の側面とスポーツとしての側面が共存する特異性について、朝青龍関と舞の海修平氏のエピソードを紹介しながら述べた。

講演・口頭発表等

 
 
 
三須亜希子   川野佐江子   小林直美   須藤典子   高峰修   橋本和美   小学校   前田博子   山村弘一   來田享子   
日本スポーツとジェンダー学会 第21回記念大会   2022年7月2日   
 
川野佐江子   
第58回研究会   2021年12月18日   化粧文化研究者ネットワーク研究会   
課題文献:森正人,『ハゲに悩む―劣等感の社会史』,2013,ちくま新書
読書会形式での研究会にて,話題提供の形で課題文献から男性身体の表象についての考察を口頭発表した.とりわけ,コンネルの男性性理論の説明から開始し,男性性にも階層があることを示し,さらにルッキズムの観点から,現代社会における男性身体の有り様について検討した.
 
 
川野 佐江子   
日本スポーツ社会学会第28回大会   2019年3月10日   

担当経験のある科目(授業)

 
2022年4月
 - 
現在
身体表象論 (岡山県立大学)
 
   
 
身体表象と社会演習 (大阪樟蔭女子大学大学院)
 
   
 
身体とジェンダー (大阪樟蔭女子大学)
 
   
 
身体美学 (大阪樟蔭女子大学)

所属学協会

 
 
 - 
現在
表象文化論研究会
 
   
 
日本スポーツとジェンダー学会
 
   
 
日本スポーツ社会学会
 
   
 
日本社会学会
 
   
 
化粧文化研究者ネットワーク

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
研究期間: 2020年4月 - 2021年3月
 
研究期間: 2019年4月 - 2020年3月
 
研究期間: 2018年4月 - 2019年3月
 
大相撲における力士の身体とその表象について現象学的身体論からの研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
川野 佐江子 
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月
 
研究期間: 2012年10月 - 2013年3月

学術貢献活動

 
 
査読
国際基督教大学 ジェンダー研究センター (CGS) 2017年10月7日 - 2017年11月20日

社会貢献活動

 
 
【助言・指導,情報提供】
福島県立福島高校 福島県立福島高校 SHH生徒研究発表会 2022年10月 - 2023年2月24日
福島県立福島高校のSHH生徒研究へ指導・助言し,研究発表に寄与・研究会オンライン出席(研究題目:女性から見た男性化粧のイメージについての年代別の差異」)

メディア報道

 
 
産経新聞   22面 狙われる若者「契約」トラブル インタビュー   2023年6月   [新聞・雑誌]
 
トレンダーズ株式会社   ampule Vol.7   2023年6月   [インターネットメディア]
 
NHK大阪放送局   ニュースきん5時   「男性の脱毛についての変遷や身体表象論の視点から今なぜ脱毛が流行しているの か」についてインタビュー   2022年12月   [テレビ・ラジオ番組]
 
朝日新聞   耕論   2022年11月   [新聞・雑誌]
 

教育方法の実践例

 
 
 
 
 
 

作成した教科書

 
 
 
 

教育上の能力に関する大学等の評価

 
 
 
 
 
 

実務経験を有する者についての特記事項(教育上の能力)

 
 
 
 
 

その他(教育上の能力)

 
 
 
 
 
 

資格・免許

 
 
 
 
 
 

実務経験を有する者についての特記事項(職務上の実績)

 
 
 
 

その他(職務上の実績)

 
 
 
 
 
 

学会や研究会等での役職

 
 

学内委員会等