現在このブロックに設定情報がありません
トップページ > 学芸学部 
 

学芸学部

研究者リスト >> 長谷 あゆす
 

長谷 あゆす

 
アバター
研究者氏名長谷 あゆす
 
 
URL
所属大阪樟蔭女子大学
部署学芸学部国文学科
職名准教授
学位博士(文学)(関西大学大学院)
J-Global ID201901017111131690

研究キーワード

 
井原西鶴・浮世草子・俳諧・半井金陵

研究分野

 
  • 人文・社会 / 日本文学 / 

経歴

 
2019年4月
 - 
現在
大阪樟蔭女子大学 学芸学部 准教授 
 
2011年4月
 - 
2019年3月
大阪樟蔭女子大学 学芸学部 専任講師 
 
2011年4月
 - 
2015年3月
関西学院大学 神学部 非常勤講師 
 
2009年4月
 - 
2011年3月
日本学術振興会  特別研究員 
 
2003年4月
 - 
2011年3月
関西大学 文学部 非常勤講師 
 

学歴

 
2000年4月
 - 
2003年3月
関西大学大学院 文学研究科 博士課程後期課程 
 
1998年4月
 - 
2000年3月
関西大学大学院 文学研究科 博士課程前期課程 
 
1994年4月
 - 
1998年3月
関西大学 文学部 国文学科
 

受賞

 
2008年12月
平成20年度歌舞伎学会奨励賞
長谷あゆす 
 

論文

 
 
長谷あゆす   
国文学   (102) 101-108   2018年3月   [査読有り]
西鶴作『好色一代女』巻三の二は、一代女が武家に奉公する話である。先学では本話に武家の内情暴露的性質があると言及するものが多い。しかし、その文中には巻三の四と同様『源氏物語』若菜巻をパロディにした設定が散見し、その翻案にも見るべきところが多い。本稿ではその点について具体的に検証を行い、当該章が「現実世界の武家」のみならず、『源氏物語』世界との繋がりにおいても深い興趣を見出せる構造になっていることを明らかにした。
 
長谷あゆす   
国語国文   84(10) 19-37   2015年10月   [査読有り]
西鶴作『好色一代女』巻三の四は一代女が武家の奥方からいじめを受け、その復讐として猫を用いて奥方の薄毛を暴露する話である。先学によれば、この「猫」は『源氏物語』若菜巻に着想を得たものというが、典拠を詳細に見ていくと、若菜巻をふまえた趣向が他にも多数あったことが判明する。本稿では、当該章に隠された構想を若菜巻との関係に着目して読み解き、西鶴が『好色一代男』で用いた『源氏物語』の翻案手法を『一代女』でさらに発展させていることを明らかにした。
 
長谷あゆす   
国語国文   81(7) 40-54   2012年7月   [査読有り]
西鶴作『懐硯』巻五の三については、江戸で発生した「水野だまし討ち事件」が典拠であることが既に指摘されている。しかし、『池田家履歴略記』の調査により、備前岡山で発生した別の「水野だまし討ち事件」までもが素材とされていたことが明らかとなった。本稿では、2つの事件がどのように翻案されているかを考察し、その結果、西鶴が「勇敢な孝行娘」の姿を描き出す背景に凄惨な事件の「凶悪性」を透かし見せ、「仁政」を謳う幕府や岡山藩への風刺を意図していたとの解釈を示した。<br />
<br />
※平成22年度科...
 
長谷あゆす   
国語国文   79(8) 1-10   2010年8月   [査読有り]
半井金陵作『世間化物質気』から歌舞伎の女形を主人公とする巻三の二を取り上げ、そのモデルが初代尾上菊五郎であること、作中には初代菊吾郎の当り狂言を下敷きとした趣向が多数存在することを指摘した。また、それをもとに劇界の情報がどのようにストーリー構築に関わっていたのかを解明し、金陵が後年に執筆する『当世芝居気質』と本作の関係性についても言及した。<br />
<br />
※平成21年度科学研究費補助金(特別研究員奨励費「井原西鶴の浮世草子と大名家の諸伝に関する研究―岡山藩とのかかわりを軸に―」...
 
長谷あゆす   
歌舞伎―研究と批評―   39 59-82   2007年11月   [査読有り]
半井金陵作『当世芝居気質』から歌舞伎の立役を主人公とする巻三の二を取り上げ、そのモデルが初代中村十蔵(中村吉右衛門)であること、作中には初代十蔵の当り狂言を下敷きとした趣向が多数存在することを指摘した。また、作者金陵が浮世草子作者のみならず歌舞伎作者としても活動していたことをふまえ、劇界における交流圏についても着目しながら本話の創作方法を明らかにした。<br />
<br />
※平成18年度科学研究費補助金〈奨励研究「歌舞伎役者初世中村十蔵の研究―浮世草子と役者のかかわりを軸に―」:課題...

書籍等出版物

 
 
長谷あゆす(担当:単著)
清文堂出版株式会社   2007年9月      
『西鶴名残の友』にまつわる著者の研究を集成したもの。第一部では、『名残の友』の執筆時期にまつわる通説の問題点を指摘し、作品の成立状況について新たな見解を提示した。第二部では、西鶴作品の中で「最も低調な部類に属する」とされてきた諸編に、実は俳諧師西鶴ならではの巧妙な趣向が隠されていたことを明らかにした。その考察結果に基づき、『名残の友』に「読み解かれる咄」としての意義があることを指摘した。

※平成19年度科学研究費補助金(研究成果公開促進費・学術図書:課題番号195025)の採択を受け出版。

講演・口頭発表等

 
 
旭堂南海   長谷あゆす   
大阪文化再発見講座   2011年3月   
「平成22年度大阪文化再発見講座 なにわ人物劇場」「大阪の偉人たち」第1回の講師として、井原西鶴の創作活動に関する講演および、上方講談師旭堂南海氏との対談を行った。
 
長谷あゆす   
平成22年度関西大学国文学会   2010年12月   
井原西鶴作『懐硯』巻五の三に関する新たな典拠を指摘し、西鶴が類似性のある二つの事件―水野十郎左衛門の幡随院長兵衛殺害事件(江戸)と水野定之進の安宅彦一郎殺害事件(岡山)を組み合わせて話を創作していたことを明らかにした。また、西鶴が作中でそれらの事件の凶悪性を巧みに暗示し、「仁政」を謳う幕府や岡山藩への風刺を織り込んでいたことを指摘した。

※平成22年度科学研究費補助金(特別研究員奨励費「井原西鶴の浮世草子と大名家の諸伝に関する研究―岡山藩とのかかわりを軸に―」:課題番号21・6392)の...
 
長谷あゆす   
平成21年度日本近世文学会秋季大会   2009年11月   
半井金陵作『世間化物質気』から美貌の女形を主人公とする巻三の二を取り上げ、主人公「佐渡島松之丞」のモデルが初代尾上菊五郎であることを指摘し、モデルの情報がどのようにストーリー構築に関わっていたのかを解明した。また、その結果をふまえ、金陵の後続作品である『当世芝居気質』における創作手法の違いについても言及した。

※平成21年度科学研究費補助金(特別研究員奨励費「井原西鶴の浮世草子と大名家の諸伝に関する研究―岡山藩とのかかわりを軸に―」:課題番号21・6392)の成果として発表。
 
長谷あゆす   
平成18年度歌舞伎学会秋季大会   2006年12月   
半井金陵作『当世芝居気質』から歌舞伎の立役を主人公とする巻三の二を取り上げ、主人公「長村甚蔵」が中村十蔵をモデルとしていたとの先学の指摘をふまえつつ、「老人」「理詰め」「故事引用」等のモチーフは初代(初代中村吉右衛門)、「江戸下り」は二代目を意識した設定であることを指摘した。また、作中に初代十蔵の当り狂言にもとづく趣向が多数存在していることを指摘し、金陵が劇界の情報を巧みに織り込んで本話を造形していたことを明らかにした。

※平成18年度科学研究費補助金〈奨励研究「歌舞伎役者初世中村十蔵の...
 
長谷あゆす   
平成17年度日本近世文学会秋季大会   2005年11月   
『西鶴名残の友』巻四の五は西鶴と才麿が「明石御亭主」のもとを訪れ酒にちなんだ談義を交わす咄であるが、そこには明石藩主松平信之が祟りを恐れて人丸社を庇護したという情報に基づく幾多の趣向を見出すことが可能である。この点を当時の史料にもとづいて検証し「松寿軒西鶴」は〈鶴が舞う明石城に住む松平信之の寿命を祝う人物〉として、「椎本才麿」は信之が庇護した「柿本人麿」のパロディとして登場することを述べた。

担当経験のある科目(授業)

 
 
   
 
名作を読む (関西大学)
 
   
 
文章論入門 (関西大学)
 
   
 
国語国文学専修ゼミ3 (関西大学)
 
   
 
国文学作品講読(四)a (関西大学)
 
   
 
国文学基礎講読 (関西大学)

所属学協会

 
 
   
 
歌舞伎学会
 
   
 
日本文学協会
 
   
 
日本近世文学会
 
   
 
俳文学会

Works(作品等)

 
 
2011年3月   その他
元禄6年に刊行された遊女評判記「なよせ色竹」(京都大学文学研究科図書館蔵本)の翻刻を担当した。また、解題では土佐浄瑠璃の段物集「色竹」との関係性について説明するとともに、京大本の書誌、先行研究、諸本の関係を整理して示した。

全519頁
担当箇所:「なよせ色竹」翻刻(pp121-161)「なよせ色竹」解題(pp510-511)
監修:江戸吉原叢刊刊行会
分担執筆:石上阿希、稲葉有祐、丹羽みさと、長谷あゆす、水谷隆之、宮本祐規子
 
2007年5月   その他
関西大学蔵中村幸彦文庫およびその実録体小説に関する概要を解説した「関西大学図書館蔵中村幸彦文庫およびその実録について」を執筆した。また、長谷あゆす(平成17年4月~18年3月、関西大学科研費研究員)、中尾和昇(研究協力者)で中村幸彦文庫所収の実録体小説二百余点の書誌情報を整理し、目録の翻刻を行った結果をまとめ「関西大学図書館蔵中村幸彦文庫実録――書誌と目録一覧」を執筆した。

全265頁
担当箇所:「関西大学図書館蔵中村幸彦文庫およびその実録について」(p33)「関西大学図書館蔵中村幸彦文...
 
2000年3月   その他
近世後期に活躍した国学者萩原廣道の書簡十通(櫻井武次郎氏所蔵)を翻刻し、注釈・解題を付したもの。一通を一日会所属の研究者2名ずつで担当した。

全297頁
担当箇所:第八書簡の翻刻・注釈(pp.212-219)と解題(pp.264-265)を山本卓・長谷あゆすで共同執筆した。
監修:一日会
分担執筆:野口隆、福田安典、神楽岡幼子、正木ゆみ、小林勇、西川祐代、石原隆好、木越俊介、北川博子、新稲法子、内田宗一、尾崎千佳、竹内千代子、森谷裕美子、長谷あゆす、山本卓、岡本聡、小林孔

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
研究期間: 2009年4月 - 2011年3月
 
『西鶴名残の友』研究―西鶴の構想力
文部科学省: 研究成果公開促進費・学術図書
長谷あゆす 
研究期間: 2007年4月 - 2008年2月
 
歌舞伎役者初世中村十蔵の研究―浮世草子と役者のかかわりを軸に―
独立行政法人日本学術振興会: 奨励研究
長谷あゆす 
研究期間: 2006年4月 - 2007年3月

資格・免許