現在このブロックに設定情報がありません
トップページ > 学芸学部 
 

学芸学部

研究者リスト >> 呉 知恩
 

呉 知恩

 
アバター
研究者氏名呉 知恩
 
オ チウン
URL
所属大阪樟蔭女子大学
部署学芸学部 ライフプランニング学科
職名准教授
学位学士(人類学)(韓国 国立ソウル大学校), 修士(人類学)(韓国 国立ソウル大学校)
科研費研究者番号40340632
J-Global ID200901023710004330

研究キーワード

 
比較文化 地域研究(東アジア) 家族 宗教 エスニシティ 医療社会学

研究分野

 
  • 人文・社会 / 社会学 / 社会学 ・文化人類学

経歴

 
2011年4月
 - 
現在
大阪樟蔭女子大学 学芸学部 ライフプランニング学科 准教授   
 
2009年4月
 - 
2011年3月
大阪樟蔭女子大学短期大学部 短期大学部 キャリアデザイン学科 准教授   
 
2007年4月
 - 
2009年3月
大阪樟蔭女子大学短期大学部 短期大学部 人間関係科 准教授   
 
2005年4月
 - 
2007年3月
大阪樟蔭女子大学 人間科学部 人間社会学科 講師   
 
2006年4月
 - 
2006年9月
奈良女子大学 文学部 社会情報学講座 非常勤講師   
 

学歴

 
1993年4月
 - 
1996年3月
京都大学大学院 文学研究科 社会学専攻 博士後期課程
 
1987年3月
 - 
1990年2月
韓国国立ソウル大学校 社会科学大学大学院 人類学研究科 人類学
 
1983年3月
 - 
1987年2月
韓国国立ソウル大学校 社会科学大学 人類学科
 

委員歴

 
2022年4月
 - 
現在
大阪樟蔭女子大学  国際交流委員会 委員
 
2012年4月
 - 
2019年3月
大阪樟蔭女子大学  国際交流委員会 委員、委員長(2015〜2019年)
 
2012年4月
 - 
2018年3月
大阪樟蔭女子大学  教務委員会 委員
 

論文

 
 
分担執筆   李仁子   滝沢健次   田島忠篤   呉知恩   伊地知紀子   ユチョリン   寺岡伸吾   小川伸彦   飯田剛史   Okyun Kwon   
文部省科学研究費国際学術研究報告書 1995-97年度(平成7-9年度) 在日コリアンの社会的ネントワークと文化動態に関する比較社会学的研究   66-74   2004年12月   
課題番号 07044035<br />
現代の在日コリアンの社会・文化動態を(1)大阪及び東京の済州島出身者に対象を絞り、(2)日本の居住地域内および韓国の出身地との社会的ネットワーク関係を明らかにして、(3)文化領域としては宗教行動および民族意識に焦点をおき、(4)日本及び韓国の社会学者、人類学者の共同調査を通して解明した。10章からなる報告書では第IV章を執筆した。 総頁152<br />
担当部分:第IV章
 
分担執筆   文玉杓   韓敬九   ユ チョリン   権肅寅   呉知恩   チョンビョンホ   
「日本関西地域 韓人同胞の生活文化」 (国立民俗博物館学術叢書)   (32) 209-244   2002年12月   
韓国国立民俗博物館の委託調査で韓国文化人類学会の日本地域研究者により行われた、日本の関西地域の韓国・朝鮮人同胞の生活文化に関する調査報告書である。<br />
関西地域の韓国・朝鮮人同胞の生活文化の特徴、移住の歴史と定着過程、地域社会の構造、家族と親族生活、職業と経済生活、食生活、衣生活と住生活、儀礼と信仰生活、言語生活と民族教育、歳時と遊びからなる10章のうち、第8章「儀礼と信仰生活」を担当した。総頁316<br />
担当部分:第8章 儀礼と信仰生活
 
京都社会学年報   (4号) 57-83   1996年12月   
昭和40年代半ばを境にして,葬法は土葬から火葬に変わり,しかもまだ葬列を組んでの野辺送りが行われる愛知県北部の過疎山村の二つの大字を対象に,葬送儀礼の遂行過程における協力関係の特性を,特に葬列の順序の分析を通じて明らかにした。葬送儀礼の協力関係は,金銭の出費と労働力の動員とを伴う関係であり,それは葬列においてその持ち物の役附者間の区分によって可視化され,その役附者の決定過程においては,近隣関係を規定する様々な関係性の束が作用した。
 
京都社会学年報   (第2号) 19-37   1994年12月   
韓国南西部の全羅北道の一カトリック教友村を対象に,村で行われる祖先崇拝儀礼と女性の役割に注目して,特にカトリックの追悼の祈りと儒教式の祭祀を並行する3事例を中心に分析した。儒教式の祭祀からカトリック式の追悼の祈りへの儀礼の転換が信者である女性により行われ,また,家レベルを越えて女性信仰団体の活発な活動が行われることは,カトリック宗教理念によって裏付けられた教友村の文化コンテキストの中で可能であり,カトリック儀礼は女性の役割の重要性を高める要因として作用した。
 
ソシオロジ   第39巻(第2号) 37-54   1994年10月   [査読有り]
韓国のカトリック教友村共同体においては,男性父系血縁性を重視し位階性を強調する垂直的親族理念と,カトリックの男女平等性を強調する水平的宗教共同体理念との相互作用のあり方によって,共同体の構造的・人間関係的特性が規定される。教友村共同体における女性の地位は,カトリック宗教理念及びそれと関わる儀礼の遂行の側面から,韓国の一般村落における女性の地位に比べて相対的に高いものと分析された。

講演・口頭発表等

 
 
呉 知恩   
日本社会学会第93回大会 日韓ジョイントセッション (2021 韓国社会学会定期社会学大会 韓日交流セッション))   2021年12月18日   [招待有り]
 
 
 
 
2010年6月   
大阪樟蔭女子大学学芸学部国文学科主催の第22回国文学科公開授業(一般社会人対象、全体テーマ:「文学と歴史のなかの女性を学ぶ」)で、「在日朝鮮人文学作品の中の女性」をテーマに、女性作家2人の作品を中心に、文学作品の中の女性と在日朝鮮人社会の社会構造を関連づけて講義を行った。

担当経験のある科目(授業)

 
2021年4月
 - 
現在
ライフデザイン総合研究 (大阪樟蔭女子大学)
2020年9月
 - 
現在
少子高齢社会とコミュニティ (大阪樟蔭女子大学)
2020年9月
 - 
現在
家族と地域社会 (大阪樟蔭女子大学)
2020年9月
 - 
現在
社会調査概説 (大阪樟蔭女子大学)
2020年9月
 - 
現在
演習D (大阪樟蔭女子大学)

所属学協会

 
2020年8月
 - 
現在
国際臨床医学会
 
   
 
韓国文化学会
 
   
 
日本医学教育学会
 
   
 
日本文化人類学会
 
   
 
日本社会学会

Works(作品等)

 
 
2002年5月   その他
構造化というマクロな社会変化に対する個人の主体的な対応の可能性の模索をテーマに、韓国の済州島での著者のフィールドワークに基づいて書かれた生活誌である本書に対して、「生活世界」・「生活実践」概念、および移住先の日本における生活共同原理の創造性問題を中心に論究した書評である。
 
1996年8月   その他
新しい時代の慶祝がどのようにあるべきかを,酒という視点を通して研究することを目的とし,平成6年10月から1年間の調査を通してまとめた報告書である。具体的に三つの調査が行われ,(1)HRAF(民族学のデータベース)による海外の結婚での酒の実態調査,(2)専門研究者による,「海外の結婚と酒」アンケート調査及び事例報告,(3)日本各地の伝統的な結婚と酒のかかわりのフィールドワークである。大韓民国をケースに,結婚と酒とのかかわりに関するアンケートと事例報告を担当した。総頁152
分担執筆:「海外の...
 
1996年   その他
京都市総務局国際化推進室の委託で,(財)世界人権問題研究センターが京都市在住の韓国・朝鮮人の生活史・意識調査を施行し,その結果をまとめた報告書である。調査方法は,個別面談を通した聞き取り調査で,調査の主内容は個人の生活史を中心に,これまでの生活の中から日本の行政や法制についての要望を聞き出し,その思いを今後の行政施策に少しでも反映させることを期すものである。33人のライフヒストリーが掲載され,その中,韓国籍3世看護婦女性の生活史の聞き取り調査報告を担当した。
担当部分:「報告書」第3章 3...

学術貢献活動

 
 

社会貢献活動

 
 
【助言・指導】
 2015年9月 - 2019年3月
 
【運営参加・支援】
 2005年1月 - 2018年3月
 

 2008年6月 - 2010年3月
 

教育方法の実践例

 
 
 
 
 
 

作成した教科書

 
 
 
 
 
 

その他(教育上の能力)

 
 
 
 
 
 

資格・免許

 
 

その他(職務上の実績)