現在このブロックに設定情報がありません
トップページ > 学芸学部 
 

学芸学部

研究者リスト >> 杉田 慶子
 

杉田 慶子

 
アバター
研究者氏名杉田 慶子
 
スギタ ケイコ
URL
所属大阪樟蔭女子大学
部署学芸学部化粧ファッション学科
職名教授
学位修士(学術)(大阪教育大学大学院)
J-Global ID200901070164356147

研究分野

 
  • 人文・社会 / 家政学、生活科学 / 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
大阪樟蔭女子大学大学院 大学院 人間科学研究科 化粧ファッション学専攻 教授   
 
2017年4月
 - 
現在
大阪樟蔭女子大学 学芸学部 化粧ファッション学科 教授   
 
2011年2月
 - 
2017年3月
池坊短期大学 環境文化学科 教授   
 
2010年4月
 - 
2011年3月
樟蔭東女子短期大学 生活学科 非常勤講師   
 
2009年4月
 - 
2011年3月
大阪樟蔭女子大学 非常勤講師   
 

学歴

 
2011年4月
 - 
2014年3月
大阪教育大学大学院 教育学研究科 健康科学専攻
 

委員歴

 
2020年4月
 - 
現在
大阪樟蔭女子大学  学芸学部化粧ファッション学科 学科長
 

論文

 
 
Keiko Sugita   Masaru Oya   
Textile Research Journal   92(5-6) 649-659   2021年9月   [査読有り]
 
杉田慶子   浜田   久仁雄   中村 圭美   
大阪樟蔭女子大学研究紀要   10 75-82   2020年3月   
 
池坊短期大学紀要      2017年3月   
 
池坊短期大学文化環境学   (第4号) 53-68   2016年3月   [査読有り]
 
大阪教育大学大学院教育学研究科修士論文      2014年3月   

書籍等出版物

 
 
渡辺, 石桁, 岩崎, 小谷, 杉田ら(担当:共著)
教育理学研究会   1999年4月      
総頁130頁
本書では、問題を解決していく方法と問題解決能力を育成する教育方法を考察した。理解したことを実践することによって確実に身に付くようにするために、特定の書式(ワークシート)を設け、例題、記入例、解説を加えることで、独力で取り組めるように工夫されている。被服製作は、かなりの時間と労力を要する。そのため、計画性や、やり遂げるための実行力や、気持ちのコントロールも大切な要素である。本書で示している問題解決におけるPlan-Do-Seeの役割や、問題の意識化・問題発見の支援は、被服を製作...
 
家永, 杉田(担当:共著)
中島印刷   1989年7月      
総頁299頁
機能的にすぐれ、外面的にも美しく着やすい被服を構成するための基本の考え方とその縫製技術について、学生に理解しやすいよう図版と並列させて解説した。本書は、洋裁の基本用具・裁断・衣服の構成・婦人服の縫い方・基礎縫いの五章で構成された299頁で、被服製作に必要な基礎理論と技術からから高度な技術に至るまで掲載している。杉田は、手縫い・ミシン縫い・部分縫いの3構成からなる基礎縫いの246~299頁の執筆はすべて担当した。

講演・口頭発表等

 
 
Comfort and Smart Textile International Symposium 2019   2019年9月6日   
 
中村   浜田   後藤   片山   
日本繊維製品消費科学会2017年年次大会・ポスター発表   2018年6月23日   
 
杉田   水野   中村   浜田   後藤   片山   繁   川瀬   
日本繊維製品消費科学会2017年年次大会・ポスター発表   2017年6月24日   
 
水野   杉田   中村   浜田   後藤   片山   西尾   繁   
日本家政学会第69回大会・ポスター発表   2017年5月28日   
 
水野   杉田   中村   浜田   後藤   片山   西尾   繁   
日本家政学会第69回大会・口頭発表   2017年5月27日   

担当経験のある科目(授業)

 
2020年4月
 - 
現在
健康衣生活論(被服製作実習を含む) (大阪教育大学)
2017年10月
 - 
現在
化粧ファッション学特殊研究2(化粧ファッション学の現在) (大阪樟蔭女子大学 大学院)
2017年10月
 - 
現在
ファッションミュージアムスタディ (大阪樟蔭女子大学)
2017年10月
 - 
現在
ファッション学基礎演習 (大阪樟蔭女子大学)
2017年10月
 - 
現在
被服構成学実習Ⅰ・Ⅱ

Works(作品等)

 
 
 
北尾和信   太田蓉子   大山弘美   杉田慶子   井村矩子   
2008年3月   その他
 

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
コミュニケーションツールとしての生活環境色彩の戦略的導入と展開
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
岡本 幾子 小林 政司 杉田 慶子 
研究期間: 2011年 - 2013年

教育方法の実践例

 
 
 
 
 
 

作成した教科書

 
 
 

資格・免許

 
 
 
 
 
 

学内委員会等