現在このブロックに設定情報がありません
トップページ > 学芸学部 
 

学芸学部

研究者リスト >> 白川 哲郎
 

白川 哲郎

 
アバター
研究者氏名白川 哲郎
 
 
URL
所属大阪樟蔭女子大学
部署学芸学部 国文学科
職名教授
学位文学士(金沢大学), 修士(金沢大学 大学院), 博士(文学)(大阪大学)
J-Global ID200901001911262180

研究キーワード

 
近代女子高等教育 ,王朝国家 ,鎌倉時代

研究分野

 
  • 人文・社会 / 日本史 / 中世史

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
大阪樟蔭女子大学 学芸学部 国文学科 教授   
 
2007年4月
 - 
2016年3月
大阪樟蔭女子大学 学芸学部 国文学科 准教授   
 
2001年4月
 - 
2007年3月
大阪樟蔭女子大学 学芸学部 日本文化史学科 助教授   
 
2001年4月
 - 
2002年3月
樟蔭女子短期大学 樟蔭女子短期大学 兼任講師   
 
1999年4月
 - 
2001年3月
樟蔭女子短期大学 樟蔭女子短期大学 日本文化史科 助教授   
 

学歴

 
1989年4月
 - 
1993年3月
大阪大学 大学院 文学研究科 後期課程 史学専攻
 
1985年4月
 - 
1988年3月
金沢大学 大学院 文学研究科 史学専攻 専門分野国史学
 
1981年4月
 - 
1985年3月
金沢大学 文学部 史学科 日本史学専攻
 

委員歴

 
2007年6月
 - 
2009年6月
大阪歴史学会  中世史部会委員(編集担当)
 
1998年11月
 - 
2000年11月
日本史研究会  編集委員
 
1994年6月
 - 
1995年6月
大阪歴史学会  監査委員
 
1992年6月
 - 
1994年6月
大阪歴史学会  庶務委員
 
1990年6月
 - 
1992年6月
大阪歴史学会  企画委員
 

論文

 
 
樟蔭国文学   (59) 1-17   2023年3月   
2021年に再発見された作家・田辺聖子氏(1928年~2019年)の手になる、樟蔭女子専門学校在学中の1945年4月から1947年3月までの日記(『田辺聖子 十八歳の日の記録』<文藝春秋、2021年>として刊行)をもとに、田辺氏の漢文への関心のありようについて検討した。さらに田辺氏の女子専門学校1年次の授業ノートを紹介、検討することを通して、当時の樟蔭女子専門学校においては、当時田辺氏が執筆した小説中の登場人物のモデルの一人と考えられる漢文担当の大江文城先生により、日本、とりわけ江戸時代の...
 
大阪樟蔭女子大学研究紀要   第1巻 129-136   2011年1月   
樟蔭女子専門学校『検定ニ関スル試験問題集』の中から1928~45年度の技芸科関係の試験問題について、紹介、考察した。そこでは、「和裁」「洋裁」など実技に比重が置かれていた点、デッサン・図解などを求める出題が多いことから単に裁縫技術だけでなく、和服・洋服制作の前提となる図を描く技術の習得が重視されている点などを指摘した。また、ヨーロッパで学んだ大橋富枝氏が教鞭をとっていたことから、当時の樟蔭女専の洋裁教育が最先端かつ高度な水準にあったことも確認した。さらに、太平洋戦争中女性に着用が勧められた...
 
大阪樟蔭女子大学論集   (第47号) 1-18   2010年1月   
樟蔭女子専門学校『検定ニ関スル試験問題集』の中から1928~45年度の家政科関係の試験問題について、紹介、考察した。そこでは、いくつかの科目で当時の経済状況や戦況を反映する試験問題が出題されていたこと、また実用的な科目であるが故に、戦時下の物資や食料が不足する中で、それに対処し得る知識や技量を問う、実践的な出題がなされていることを指摘した。あわせて、樟蔭女専家政科教授古澤クラ氏の著書『割烹実習要目』の概要も紹介した。
 
大阪樟蔭女子大学論集   (第46号) 1-16   2009年1月   
樟蔭学園に遺る樟蔭女子専門学校の『検定ニ関スル試験問題集』を取り上げ、その中から1928~45年度の国文科関係の試験問題について考察した。その結果、この時期の樟蔭女専国語試験問題では、①日本・中国のいわゆる古典文学に関する豊富な知識が求められていたこと、②明治期以降の文学を文学史の上に位置づけてようとする当時の文学史の動向を反映する出題がなされていたことを指摘した。また、1937年度の戦意高揚のための「国民歌」である「愛国行進曲」の鑑賞を求める出題や、1943年度の「大東亜共栄圏」域におけ...
 
大阪樟蔭女子大学論集   (第45号) 1-18   2008年1月   
日中戦争の勃発によって昭和戦前期における転換の年となった昭和12年(1937)に焦点をあて、樟蔭学園関係資料のうち特に学園広報誌『樟蔭學報』に基づきながら、当時の学園の様相の解明を試みた。その記事からは、日中戦争勃発後、学園広報誌にすぎなかった『樟蔭學報』が、国策を宣伝・広報する媒体の性格を併せ持つよう変化していたことが知られた。また記事のうち、樟蔭高等女学校・樟蔭女子専門学校の「学校彙報」からは、昭和12年9月以降展開された国民精神総動員運動の学校現場における具体的な実施実態について窺い...

MISC

 
 
白川 哲郎   
樟蔭国文学   (51) 23-45   2014年3月
 
白川 哲郎   
樟蔭国文学   (50) 23-33   2013年3月

書籍等出版物

 
 
担当編集委員, 伊藤真昭, 白川哲郎, 西村さとみ(担当:共著)
伊賀市   2011年3月      
三重県伊賀市の市史通史編を編集委員として担当。また、古代第七章第一節および中世第二章第二節・第五章第二節第一項を分担執筆。 A5版総頁数930
 
第三章分担執筆者, 家塚智子, 市沢哲, 伊藤俊一, 川合康, 栗山圭子, 白川哲郎, 森田竜雄, 福永文夫(担当:共著)
加西市   2008年3月      
兵庫県加西市の市史本編。第三章「中世争乱期の加西」第一~三節を分担執筆。 B5版総頁数664
 
担当編集委員, 伊藤真昭, 白川哲郎, 西村さとみ, 分担執筆者, 伊藤真昭, 白川哲郎, 西村さとみ, 大田壮一郎, 熊谷隆之, 田中大介, 古野貢, 西村幸信, 笠井賢治(担当:共著)
伊賀市   2008年3月      
三重県伊賀市の市史資料編を編集委員として担当。また、古代・中世史料のうち、特に中世史料部分を分担執筆。 A5版総頁数1024
 
中世史料部分分担執筆者, 西谷地晴美, 家塚智子, 市沢哲, 伊藤俊一, 川合康, 栗山圭子, 白川哲郎, 森田竜雄(担当:共著)
加西市   2006年3月      
兵庫県加西市の市史史料編。中世史料部分を分担執筆。B5版総頁数728

講演・口頭発表等

 
 
樟蔭学園100周年×東大阪市市制施行50周年連携企画_『樟徳館』等特別公開と帝国キネマ展   2017年11月12日   東大阪市・一般社団法人東大阪市ツーリズム振興機構   
樟蔭学園の創立者森平蔵の旧宅であった樟徳館は、かつての帝国キネマ長瀬撮影所跡地に建っている。帝国キネマの歴史を概観するとともに、帝キネが制作した映画作品における注目点、特には長瀬撮影所で撮影された作品やそこで活躍した監督らの注目点などについて、当時のチラシや映画雑誌の記事などをもとに講演した。
 
南山大学史料室講演会   2011年12月16日   南山大学資料室   
2011年12月16日(金)南山大学名古屋キャンパス 主催)南山大学史料室
 
第6回「市内5大学合同公開講座」   2010年2月2日   東大阪市教育委員会   
樟蔭学園は、1917(大正6)年の創立以来、東大阪小阪の地で歴史を積み重ねてきました。樟蔭に遺る各種の資料、とりわけ戦前期の写真や16ミリフィルムの映像などをもとに、当時の樟蔭で行われていた女子教育の実態や、そこから垣間見ることのできる当時の社会状況について考えます。それを通して、当時の東大阪の姿についても振り返ってみます。
 
加西市史を読む会   2009年2月21日   加西市史・文化財室分室   
2009年2月21日 中世1特別企画講演会講師 講演題目「板碑と中世の加西」(於:アスティア加西)
 
公開講座フェスタ_2007   2007年11月12日   阪神奈大学・研究機関生涯学習ネット   

担当経験のある科目(授業)

 
2021年4月
 - 
現在
樟蔭の窓
2019年4月
 - 
現在
歴史の読み方
2018年4月
 - 
現在
大阪・上方のことば文化
2011年4月
 - 
現在
アカデミック・スキルズ_A
2010年4月
 - 
現在
日本文化論

所属学協会

 
 
   
 
大阪歴史学会
 
   
 
北陸史学会
 
   
 
日本史研究会

Works(作品等)

 
 
2016年4月 - 2020年9月   教材
 
2012年10月 - 2020年3月   教材
 
 
2011年4月 - 2016年3月   教材
 
2012年3月   その他
2011年12月16日 南山大学史料室講演会での講演記録

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
研究期間: 2015年6月 - 2016年3月
 
博物館の現状と“女性”学芸員
全国大学博物館学講座協議会西日本部会: 
研究期間: 2003年

社会貢献活動

 
 
 
【講師】
かんさい大学ミュージアムネットワーク 「大学建築をさぐる」バスツアー見学会 2019年10月19日
 
【編集】
三重県伊賀市 2004年11月 - 2018年3月
 
【寄稿】
東大阪市教育委員会/近畿大学文芸学部 文化・歴史学科 (東大阪市と中河内の文化資源3)「近畿大学周辺の歴史と文化 古代の小若江と旧長瀬川流域」 (「昭和の名建築 “樟徳館”」) 2017年3月31日
 
【寄稿】
東大阪市教育委員会/近畿大学 文芸学部 文化・歴史学科 (東大阪市と中河内の文化資源2)「戦国時代の若江 若江城と若江の戦い」 (「イケメン武将木村重成と美形チャンバラ俳優市川百々之助」) 2016年3月31日

教育方法の実践例

 
 
 

作成した教科書

 
 
 
 
 

その他(教育上の能力)

 
 

資格・免許

 
 
 
 

その他(職務上の実績)