現在このブロックに設定情報がありません
トップページ > 学芸学部 
 

学芸学部

研究者リスト >> 黒田 大河
 

黒田 大河

 
アバター
研究者氏名黒田 大河
 
クロダ タイガ
URL
所属大阪樟蔭女子大学
部署学芸学部 国文学科
職名教授
学位博士(国文学)(同志社大学)
J-Global ID201501025413640499

プロフィール

日本近代文学研究者 横光利一、阿部知二を中心に、モダニズム文学・文化を研究しています。 国語科教育の実践にも取り組んでいます。

研究キーワード

 
村上春樹 ,安部公房 ,堀田善衞 ,阿部知二 ,横光利一 ,モダニズム文学 ,植民地文学 ,戦後文学 ,昭和文学 ,日本近現代文学 ,日本近代文学

研究分野

 
  • 人文・社会 / 日本文学 / 日本近代文学

経歴

 
2019年4月
 - 
現在
大阪樟蔭女子大学 学芸学部 国文学科 教授 
 

学歴

 
2018年9月
 - 
現在
同志社大学より博士(国文学)(乙329号)を授与される  
 
1992年4月
 - 
1997年3月
同志社大学大学院 文学研究科国文学専攻 博士課程後期課程 単位取得満期退学
 
1988年4月
 - 
1991年3月
同志社大学大学院 文学研究科国文学専攻 博士課程前期課程 修了
 
1984年4月
 - 
1988年3月
同志社大学 文学部 文化学科国文学専攻 卒業
 

委員歴

 
2020年3月
 - 
現在
横光利一文学会  運営委員長
 
2018年3月
 - 
現在
横光利一文学会  評議員
 
2016年6月
 - 
現在
昭和文学会  幹事
 
2001年3月
 - 
現在
横光利一文学会  運営委員
 
2001年4月
 - 
2023年4月
阿部知二研究会  理事
 

論文

 
 
黒田 大河   
樟蔭教職研究   (6) 1-11   2022年3月   
 
黒田大河   
文学史を読みかえる・論集   (3) 23-42   2020年8月   
 
黒田 大河   
樟蔭国文学   (56) 44-56   2020年3月   
 
黒田大河   
森敦文学研究 neo〈境界〉思考   令和2年度國學院大學特別推進研究(國特推助第108号) 47-54   2020年2月   [招待有り]
 
黒田 大河   
樟蔭教職研究 = Shoin teacher educational research   4(4) 12-23   2020年1月   
2018年 3月に公示された高等学校学習指導要領(国語編)を検討することで、新しい科目構成の意義とその特質とを明らかにする。特に必修科目である「現代の国語」および「言語文化」において、前者が「実社会に必要な国語の知識や技能を身に付ける」ことを目的とするのに対し、後者が「生涯にわたる社会生活に必要な国語の知識や技能を身に付ける」だけではなく「我が国の言語文化に対する理解を深めること」を目的とすることに着目する。「実社会に必要な国語」の根底に「我が国の言語文化」が存するという言語観に基づいて改...

MISC

 
 
 
黒田大河   
阿部知二研究   (30) 42-54   2023年4月   [招待有り]
 
黒田 大河   
昭和文学研究   (86) 206-208   2023年3月   [招待有り]
 
黒田 大河   
阿部知二研究   (29) 65-67   2022年4月   [招待有り]
 
黒田 大河   松村良   石田仁志   中村三春   田口律男   山本亮介   島村健司   
横光利一研究   (20) 1-25   2022年3月   [招待有り]

書籍等出版物

 
 
執筆者, 高橋幸平, 久保昭博, 日高佳紀, 河田学, 大浦康介, 黒田大河, 中村三春, 西田谷洋, 服部徹也, 飯田祐子, ホルカ・イリナ, 山本歩, 西川貴子, 笹尾佳代, ボーヴィウ・マリ=ノエル(担当:共著, 範囲:フィクション論として読む「純粋小説論」——『紋章』の「私」と横光利一 黒田大河)
ひつじ書房   2022年8月31日   (ISBN:9784823411625)
 
黒田 大河(担当:単著)
和泉書院   2017年3月   (ISBN:4757608306)   
横光利一の作品研究を中心に、昭和文学史におけるモダニズムの可能性と限界を明らかにする論文集。第Ⅰ部ではモダニズム文学を映画的認識と捉え、横光の文体、同時代作品と思潮との関わりを論じる。第Ⅱ部では『上海』『旅愁』に見られる異文化体験の意味を考察。欧州体験とアジア体験の関わりを解き明かす。第Ⅲ部では戦時メディアの可能性と功罪を論じ、横光作品がそれらを意識した上で戦中・戦後を描き得たことを明らかにした。
 
日本近代文学会, 関西支部編(担当:共編者(共編著 者), 範囲:黒田大河「メタフィクションとしての『1Q84』-ねじれた「記憶」と「物語」-」)
和泉書院   2011年3月   (ISBN:475760582X)   
日本近代文学会 関西支部編 支部長:明里千章
企画委員:飯田祐子、黒田大河、日高佳紀 共著者18名
Ⅰ部 シンポジウム「村上春樹と小説の現在ー記憶・拠点・レスポンシビリティー」(パネリスト:高木彬、中川成美、石原千秋、千野帽子 司会:飯田祐子、黒田大河)
Ⅱ部 村上春樹から〈小説の現在〉を考える(論文集)
 
黒田 大河, 重松 恵美, 島村 健司, 杣谷 英紀, 田口 律男, 山﨑義光(担当:共編者(共編著 者), 範囲:「故郷」としての「関西文化圏」-「三つの記憶」から、コラム「大大阪」)
松籟社   2008年12月   (ISBN:4879842680)   
 
池田浩士編, 池田 浩士(担当:分担執筆, 範囲:黒田大河「モダニズムの光源ー映画的認識と形式主義文学ー」)
インパクト出版会   2007年1月   (ISBN:4755401674)   

講演・口頭発表等

 
 
黒田 大河   
阿部知二研究会秋季研究大会   2022年12月3日   [招待有り]
 
黒田大河   
「東大阪市連携6大学公開講座」(於:東大阪市立男女共同参画センター・イコーラム)   2021年2月7日   [招待有り]
 
黒田大河   
「生誕120年 文豪川端康成と美のコレクション展」関連イベント(於:姫路文学館)   2019年11月3日   [招待有り]
 
黒田大河   
テーマ展示「川端康成×横光利一」関連講話(於:川端康成文学館)   2018年3月21日   [招待有り]
 
黒田大河   
「雪解」のつどい(於:ふるさと会館いが、三重県伊賀市)   2017年3月18日   [招待有り]

担当経験のある科目(授業)

 
2019年4月
 - 
現在
近現代文学史 (大阪樟蔭女子大学)
2018年10月
 - 
現在
日本文学作品研究 (立命館大学)
2018年4月
 - 
現在
近現代文学研究 (同志社女子大学)
2015年4月
 - 
2019年3月
国文学概論 (滋賀大学)
2014年4月
 - 
2019年3月
文章表現法 (龍谷大学)

所属学協会

 
 
   
 
横光利一文学会
 
   
 
昭和文学会
 
   
 
日本近代文学会

教育方法の実践例

 
 

作成した教科書

 
 

教育上の能力に関する大学等の評価

 
 

実務経験を有する者についての特記事項(教育上の能力)

 
 

資格・免許