現在このブロックに設定情報がありません
トップページ > 学芸学部 
 

学芸学部

研究者リスト >> 髙木 大輔
 

髙木 大輔

 
アバター
研究者氏名髙木 大輔
 
タカギ ダイスケ
URL
所属大阪樟蔭女子大学
部署学芸学部 化粧ファッション学科
職名准教授
科研費研究者番号90962788
J-Global ID202201007228292503

研究分野

 
  • 人文・社会 / デザイン学 / ヘアメイクデザイン

経歴

 
2022年4月
 - 
現在
大阪樟蔭女子大学 学芸学部 准教授 
 
2017年4月
 - 
現在
文化服装学院 ファッション流通科 非常勤講師 
 
2012年4月
 - 
2021年12月
ヘア&メイクアップサロン アトリエサロンディディ  代表 
 
2015年10月
 - 
2017年3月
大阪樟蔭女子大学 学芸学部 非常勤講師 
 
2010年4月
 - 
2014年3月
文化服装学院 ファッション流通科 非常勤講師 
 

学歴

 
2015年4月
 - 
2017年3月
大阪樟蔭女子大学 大学院人間科学研究科 
 
2014年4月
 - 
2014年10月
文化服装学院 通信教育部  スタイリスト・ファッションコーディネーターコース
 
2008年4月
 - 
2009年3月
資生堂SABFA  ビューティークリエーターコース
 
2007年1月
 - 
2007年1月
英国ヴィダルサスーンマスターアカデミー  サロンスタイリストコース
 
2006年4月
 - 
2006年11月
ヴィダルサスーンクラシックアカデミー  
 

委員歴

 
2022年4月
 - 
現在
大阪樟蔭女子大学  くすのき地域協創センター委員
 
2022年4月
 - 
現在
大阪樟蔭女子大学  キャリアセンター運営委員
 

受賞

 
2017年3月
大阪樟蔭女子大学 大学院, 森平蔵賞,学業優秀者表彰
 
2009年7月
日本ヘアデザイン協会, 全国大会入賞,第22回NHDKヘアコンテスト
 
2009年3月
資生堂SABFA 終了制作展, 最優秀賞・ジャーナル賞
 
2006年11月
ヴィダルサスーンヘアカッティングコンテスト, グランプリ
 
2003年3月
神奈川県美容業生活衛生同業組合, 理事長賞,学業優秀者表彰
 

MISC

 
 
   2014年1月
 
View   14-14   2011年1月

書籍等出版物

 
 
高木 大輔
成美堂出版   2018年2月9日   (ISBN:4415324509)

担当経験のある科目(授業)

 
2022年4月
 - 
現在
演習ⅡA
2022年4月
 - 
現在
演習ⅠA
2022年4月
 - 
現在
基礎演習 (大阪樟蔭女子大学)
2022年4月
 - 
現在
メイクデザイン実習 (大阪樟蔭女子大学)
2022年4月
 - 
現在
メイクデザイン論 (大阪樟蔭女子大学)

所属学協会

 
2021年3月
 - 
現在
ファッションビジネス学会
2021年5月
   
 
日本顔学会
2021年3月
   
 
日本色彩学会

社会貢献活動

 
 
【講師,助言・指導】
株式会社資生堂 2020年4月 - 現在
 
【出演,実演】
横浜市立横浜商業高等学校別科 2017年7月 - 現在
 
【講師】
株式会社日理、株式会社キムラ、株式会社ヨコタコーポレーション、ほか 2011年4月 - 現在
 
【講師,助言・指導】
株式会社資生堂、株式会社イプサ、ほか 2010年4月 - 現在
 
【助言・指導,情報提供】
株式会社ミルボン デザインロジックソムリエ 2020年12月

メディア報道

 
 
株式会社マイナビ   2018年9月   [インターネットメディア]
 
株式会社セイファート   Re-quest / QJ   2018年8月   [新聞・雑誌]
 
株式会社パソナ   WeShare Beauty   2018年7月   [インターネットメディア]
 
ホンマルラジオ   2017年6月   [テレビ・ラジオ番組]
 
Hearst Publications Ltd   2015年4月   [インターネットメディア]

その他

 
 
2007年10月    
 
 
2003年4月    
 
 
一般社団法人ジャパン・ビューティーメソッド協会
 

教育内容やその他の工夫

 
教育効果を高めるための取り組み
2015年10月 - 2017年3月
本学、実習科目「メイクデザイン実習ⅡA」(1単位)において実践した。
本実習では、メイクデザインの基礎技術を習得した学生を対象に、その応用として、顔をファッション表現の一部分として捉え、メイクアップをトータルコーディネーションの視点から表現できるようになるため、講義・実習用資料「ファッションコーディネートからアプローチするヘアメイク」を作成し、イメージを具現化する技術力と表現力を身に付けるカリキュラムを新たに構築したうえで、トータルコーディネーションの視点からメイクデザインを作り上げる理論と方法論を導入し、実践した。その結果、学内ファッションショーのメイクデザインの創作場面において、メイクチームがヘアおよび衣装チームとのイメージ共有を円滑に図ることに効果があり、説得力の高い作品制作へと繋がった。
予習レポートによる動機づけ
2015年10月 - 2019年3月
本学、実習科目「メイクデザイン実習ⅡA」(1単位)において実践した。
毎時限の最後に、次回の実習テーマであるファッションスタイリングイメージの解説を行い、各自次回の実習までに雑誌の切り抜きやイラスト等を用いた予習レポート(イメージマップ)を作成し、実習前日の昼までに提出させた。このレポートを作成することにより、次回行う実習テーマのメイクデザインの背景、理論をあらかじめ理解でき、短い実習時間でも効果的に実技に臨むことができる。教員も各学生のレポートを確認することで、各学生の理解度を把握でき、実習時により適切なアドバイスをすることが可能となった。
非対面型授業の実践(遠隔技術の利用)
2020年4月 - 2022年3月
学校法人文化学園文化服装学院ファッション流通専門課程講義・実習科目「ヘアメイク」(2単位)、同ファッション高度専門士科講義科目「特別講義」にて実践した。
本講義・実習では、学内LANとインターネットを経由し、カメラで教員のデモンストレーションを撮影しながら、講義および実習を非対面型授業(同時双方向型)で行った。これまで20名以上の学生数を対象とした実習科目の場合、手元の細かい手技を間近で見せることが困難であったが、その課題を解決するものとなり、学生の満足度、理解度が向上した。
プレゼンテーションの導入
2020年4月 - 2022年3月
学校法人文化学園文化服装学院ファッション流通専門課程講義・実習科目「ヘアメイク」(2単位)にて実践した。
本講義・実習では、年2回の実技試験を非対面型授業(同時双方向型)で行うにあたり、試験課題をメイクデッサンおよびコーディネーションマップ制作によるイメージトータル表現とし、事前にプレゼンテーションの方法、ポイントを伝えたうえで、オンライン上のクラス全員に向けて各自5分の持ち時間でプレゼンテーションを行わせた。同時に、学生全員に感想シートを配布し、発表者一人ずつ感想を記入した感想シートを提出させ、回収後に各学生にフィードバックをした。これらのメリットとして、以下が挙げられる。
・人前での言葉遣い、言葉選びを身につけることができる。
・様々な発表スタイルを学ぶことができる。
・自らの発表についてのフィードバックを得ることができる。
授業中の技術展示・解説の動画撮影および掲示
2022年4月
本学、実習科目「メイクデザイン実習」にて実践。授業中の板書、技術展示・解説をビデオカメラで撮影したものを授業後にICTツール(manaba)へアップロードすることで、教員の手技や技術ポイントをいつでも見返せるようにした。授業で見逃してしまった手技や解説、教員の手元の細かい所作を繰り返し確認できるだけでなく、欠席者のフォローアップとしても活用している。学生からは自主練習や課題作成の際の参考となり、安心して練習できると好評である。

教育方法の実践例

 
 
 
 
 
 

作成した教科書

 
 
 
 
 

実務経験を有する者についての特記事項(教育上の能力)

 
 
 
 
 
 

資格・免許

 
 
 
 
 
 

実務経験を有する者についての特記事項(職務上の実績)