現在このブロックに設定情報がありません
 

児童教育学部 児童教育学科

研究者リスト >> 佐橋 由美
 

佐橋 由美

 
アバター
研究者氏名佐橋 由美
 
サハシ ユミ
URL
所属大阪樟蔭女子大学
部署児童教育学部児童教育学科
職名准教授
学位教育学修士(筑波大学), 体育学修士(筑波大学)
J-Global ID200901098096168975

研究キーワード

 
成人の自律的動機づけ(100歳時代のいきがいづくり) ,幼児教育(体育・身体表現) ,レジャーの社会心理学的分析,余暇生活の充実がQOLやwell-being向上に及ぼす影響の検討,アクティブなレジャースタイルの探求

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 栄養学、健康科学 / 
  • 人文・社会 / 社会心理学 / 
  • 人文・社会 / 教科教育学、初等中等教育学 / 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
大阪樟蔭女子大学 児童教育学部 児童教育学科 准教授   
 
1994年4月
 - 
現在
同志社女子大学 学芸学部 非常勤講師   
 
2013年4月
 - 
2018年3月
大阪樟蔭女子大学 児童学部 児童学科 准教授   
 
2009年4月
 - 
2013年3月
大阪樟蔭女子大学 心理学部 ビジネス心理学科 准教授   
 
2007年4月
 - 
2009年3月
大阪樟蔭女子大学 人間科学部 教養教育 准教授   
 

学歴

 
2000年4月
 - 
2006年3月
名古屋大学大学院 教育発達科学研究科 心理発達科学専攻
 
1988年4月
 - 
1990年3月
筑波大学大学院 教育研究科 教科教育(学校教育コース)専攻
 
1984年4月
 - 
1986年7月
筑波大学大学院 体育研究科 体育方法学専攻
 
1981年4月
 - 
1984年3月
金沢大学 教育学部 特別教科(保健体育)教員養成課程
 

論文

 
 
佐橋由美   小西智咲子   倉益弥生   村上陽一郎   田中励子   坪内伸司   
大阪樟蔭女子大学研究紀要   9 127-1342019年1月   
本研究は、学士課程科目「運動と健康」の授業内容や教材構成、具体的な進め方、展開方法など、授業全般にわたる質を点検評価し、今後の授業運営に資する知見を得ることが目的であった。その手がかりとして、教師が授業で目にする学生の授業への取組み状況であるとか、授業で行われた様々な心理テスト、体力テストのデータや実習レポートなどの情報を利用し、学生側からは、シラバスで提示された授業目標にどの程度到達できたのかを測る授業アンケートを行い、それを検討資料として利用した。結果、生涯スポーツ種目の実習そのものは...
 
佐橋由美   
大阪樟蔭女子大学研究紀要   8 75-862018年1月   
本研究は、①教職必修として開設されている「身体表現(体育)A・B」授業で扱われる内容・学習素材の適切性について、②教職授業に求められる固有の要請、すなわち実践的指導力の育成という課題に、当該授業はどこまで応えることができているか(授業効果)について、学生の到達度評価や指導力評価などの自己評価データを用いて検証を行うことが目的であった。到達度評価のデータからは、個々の学習テーマ・学習素材の適・不適を知ることはできなかったが、実践的指導力のデータからは、各授業の終了時には有意な上昇が認められ、...
 
佐橋 由美   
大阪樟蔭女子大学付属子ども研究所紀要『子ども研究』   8 39-482017年8月   
本学、幼小教職課程の『教科に関する科目』として開設されている「身体表現(体育)A」の授業内容、目標設定、授業計画など授業の質やその教育効果などについて、学生の目標到達度や授業評価シートなどのツールを用い、検証を行った。学生による目標到達度評価や、体育指導に関わる実践的指導力獲得の程度などを検討した結果、小学校学習指導要領・幼稚園教育要領、幼児期運動指針に準じて構成された授業内容は適切であり、学生の到達度評価などからみても一定の学習効果を提供できていることが検証された。
 
樟蔭教職研究   1 37-442016年12月   
本研究は幼少教職課程の『教科に関する科目』として開設されている「身体表現(体育)B」の授業内容、目標設定、授業計画など授業の質やその教育効果などについて、学生の目標到達度評価シートなどのツールを用い検証を行うものであった。学生による目標到達度評価や、体育指導に関わる実践的指導力獲得の程度などを検討した結果、学習指導要領体育に準じて構成された授業内容は適切であり、学生の到達度評価などからみても一定の学習効果を提供できていることが検証された。
 
大阪樟蔭女子大学付属子ども研究所紀要『子ども研究』   (7) 64-722016年8月   
身体表現のみならず音楽・言語・造形表現の領域も広くカバーし、学生自身が自己の「表現」活動指導力を自己評価できる評価ツールを試作し、その構造や信頼性・妥当性等の尺度上の検討を行うとともに、将来の進路希望や、専門学習への動機づけレベルとの関連性をみることによって、キャリアサポート的な使用ができるか、応用可能性について検討を行った。本尺度については一定程度の信頼性・妥当性が確認され、また、本尺度は表現活動指導におけるスキルアップの過程をよく表す尺度であることがわかり、キャリアサポート的な使用が可...

書籍等出版物

 
 
佐野, 美奈, 佐橋, 由美, 田谷, 千江子(担当:共著)
ナカニシヤ出版      2019年10月   (ISBN:9784779514203)   
本書は、主に、保育者として乳幼児教育に携わることを目指す人に向けたものである。「幼稚園教育要領」や「保育所保育指針」「教育・保育要領」における保育内容5領域のそれぞれを概説する教科書はこれまでに数多く出版されており、領域「表現」についても、総論ないしは理論的な解説書から、音楽表現、造形表現、身体表現等の一分野に特化した実践書はいくつかあった。本書は、そのような「表現」の理論的解説書、あるいは一分野に特化した理論・実践書とは趣を異にする。乳幼児の表現は遊びを基本とし、全身を用いて行われるもの...
 
今村浩明, 浅川希洋志編著(担当:共著)
世界思想社      2003年7月      
M・チクセントミハイによって提唱され,北米を中心に様々な研究領域で広がりを見せている「フロー/最適経験」理論について解説し,その理論を適用した北米での実証研究の事例・動向を紹介するとともに,日本での最近の研究展開例を掲載した書。担当部分:第7章 中年期女性の日常余暇場面におけるフロー
フロー理論は,没入感覚を伴った「楽しい」経験――すなわちフロー経験――は,個人がより複雑な能力やスキルを持った,複雑な存在へと成長していく自己発達プロセスの中核となる体験であると主張する。ここでは,そのよう...

講演・口頭発表等

 
 
大学教養課程における健康・スポーツ科目の意義-シラバスの目標設定と授業アンケートにみる学生側の受け止め方のズレに着目して-
日本レジャー・レクリエーション学会第47回学会大会   2017年12月10日   日本レジャー・レクリエーション学会   
大学生を含む若年層の健康・スポーツ・身体型アクティブレジャーへの興味・関心の低迷が顕著な今、大学における健康・スポーツ科目の意義を問いなおす必要性を感じ、受講生に対して授業アンケートを実施して、受講生の授業に求める期待や授業の成果(目標到達度)などを把握し、あらかじめ示されたシラバスの到達目標や狙いと比較して、どのようなズレが生じているのかを探った。多くの受講生の受講動機は、「(資格)必修である」や「時間割的に空いている」「他の講義と違って気軽に取り組める」などの外的な理由が顕著であり、内...
 
幼児に対するリズム運動・身体表現活動指導のポイント
教員免許状更新講習   2014年8月   
教員免許状(幼稚園教諭)更新講習の一環として、幼稚園教育要領における「表現」の位置づけ、身体表現活動展開の基本的な考え方を再確認し、簡単な実践活動を講習生とともに行った。
 
エンジョイスポーツ・ヘルシーライフ!-テニス6回講座-
2013年11月   関屋キャンパス公開講座(学術委員会)   
公開講座にて、テニスの講師を務めた。
 
エンジョイスポーツ・ヘルシーライフ!-テニス経験者クラス-
2012年11月   関屋キャンパス公開講座   
平成24年度関屋キャンパス秋の公開講座、テニス経験者講座(4回)の講師を務めた。
 
エンジョイスポーツ・ヘルシーライフ! テニスを始めよう!
2012年10月   関屋キャンパス公開講座   
秋の公開講座、テニス初心者クラスの講師を務めた(6回講座)

所属学協会

 
 
   
 
日本健康心理学会
 
   
 
日本教育心理学会
 
   
 
日本教育方法学会
 
   
 
World Leisure and Recreation Association
 
   
 
日本テニス学会

Works(作品等)

 
 
速水敏彦監訳   
2004年5月   その他
現在までわが国では,社会心理学的観点からレジャーについて考察した書物は皆無だが,北米でも,社会心理学的理論や研究法を適用し,体系立ててレジャーを論じた本はまだ多くはなく,その意味でこの書は,フロンティア的試みとして位置づけられる。翻訳によって,わが国でのレジャー・レクリエーション実践・研究分野において,初の本格的な研究書が紹介されることとなる。
担当部分:第12章 レジャー・コンストレイントの調整とレジャー・アフォーダンスの創出
12章では,人々をより充足的で関与的なレジャースタイルの構...