研究者業績

研究者リスト >> 加藤 和弘
 

加藤 和弘

 
アバター
研究者氏名加藤 和弘
 
カトウ カズヒロ
所属放送大学
部署自然と環境コース
職名教授
その他の所属放送大学自然環境科学プログラム

委員歴

 
2017年
 - 
現在
千代田区  ちよだ生物多様性大賞選定委員会副座長
 
2014年
 - 
現在
千代田区生物多様性推進会議  副座長
 
2013年
 - 
現在
一般社団法人 環境情報科学センター  理事
 
2015年
 - 
2016年
日本環境アセスメント協会  平成27年度環境影響評価法に基づく報告書の在り方に関する検討会
 
2014年
 - 
2015年
日本緑化工学会  理事
 

論文

 
奥村友佳, 加藤和弘
ランドスケープ研究オンライン論文集      2017年   [査読有り]
加藤和弘, 若山睦月
ランドスケープ研究   80    2017年   [査読有り]

MISC

 
竹本 和彦, 鎌形 浩史, 大塚 直, 加藤 和弘, 村上 暁信
環境情報科学 = Environmental information science   47(1) 57-68   2018年
加藤 和弘, 樋口広芳
野鳥   80(6)(2015年7月号) 14-15    2015年   [依頼有り]
岸茂樹, 加藤 和弘
Miyakensis   15,25-30    2012年
岸茂樹, 加藤 和弘
Miyakensis   15,15-24    2012年
岸茂樹, 加藤 和弘
Miyakensis   15,9-14    2012年

書籍等出版物

 
加藤 和弘
岩波書店   2013年   
加藤 和弘
岩波書店   2013年   
樋口 広芳, 黒沢 令子, 島崎 彦人, 鈴木 透, 高須 夫悟, 西海 功, 長谷川 理, 藤田 剛, 百瀬 浩, 山浦 悠一, 山口 典之, 天野 一葉, 植田 睦之, 江田 真毅, 加藤 和弘, 金子 正美, 小池 重人, 樋口 広芳, 黒沢 令子 (担当:共著)
北海道大学出版会   2009年10月   ISBN:4832981919

講演・口頭発表等

 
竹田 努, 青山 真人, 加藤 和弘, 杉田 昭栄
日本家畜管理学会誌・応用動物行動学会誌   2012年   
山浦 悠一, 加藤 和弘
日本森林学会大会発表データベース   2005年   
山浦 悠一, 加藤 和弘, 藤田 剛, 樋口 広芳
日本林学会大会発表データベース   2004年   
1.はじめに里山林管理は,雑木林で落ち葉かきや伐採を行なって林分構造を変化させ,林種転換などによってランドスケープ構造を変化させるプロセスととらえることができる。そこで,里山林において,林分構造とランドスケープ構造が鳥類の生息に及ぼす影響を調べた。2.調査及び解析方法栃木県東部の市貝町において,2001年の1月後半から2月に,雑木林25林分,針葉樹(スギ・ヒノキ)植林18林分で鳥類調査を行なった。調査はライントランセクト法を用いて行ない,ラインの両側20m以内に出現した鳥類を記録した。すべ...
南 定雄, 李 広弘, 加藤 和弘, 秋田 重誠
日本作物學會紀事   1997年10月18日   
蓮の開花時の花托の温度は野外で測定したところ開花後1-2日目までは花茎及び外気の温度より約10℃高かった。また, 40℃のグロースキャビネットに入れた場合も花托の温度はかわらなかった。
赤林 英夫, 加藤 和弘, 松田 神一, 湯下 道雄
年次大会講演要旨集   1986年   

担当経験のある科目(授業)

 
  • 三宅島2000年噴火と鳥類群集(多摩学習センター)(面接授業科目) (放送大学教養学部自然と環境コース)
  • 初歩からの生物学('18)(放送授業科目(印刷教材)) (放送大学教養学部自然と環境コース)
  • 初歩からの生物学('18)(放送授業科目(放送教材)) (放送大学教養学部自然と環境コース)
  • 生物の種組成データの分析法(オンライン授業科目) (放送大学大学院自然環境科学プログラム)
  • 生物の種組成データの分析法(オンライン授業科目) (放送大学大学院)

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
日本学術振興会: 科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)(基盤研究(C))
研究期間: 2017年 - 2019年
日本学術振興会: 科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)(基盤研究(C))
研究期間: 2016年 - 2018年
日本学術振興会: 科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)(基盤研究(C))
研究期間: 2014年 - 2016年
日本学術振興会: 科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)(基盤研究(C))
研究期間: 2013年 - 2015年

社会貢献活動

 
【】  International Consortium of Landscape and Ecological Engineering  2015年 - 現在
【】  東京大学工学部  2014年 - 現在
【】  International Consortium of Landscape and Ecological Engineering  2011年 - 2015年