研究者業績

研究者リスト >> 稲村 哲也
 

稲村 哲也

 
アバター
研究者氏名稲村 哲也
 
イナムラ テツヤ
所属放送大学
部署人間と文化コース
職名教授
学位社会学修士

委員歴

 
2006年
 - 
2008年
日本文化人類学会評議員
 
2000年
 - 
2002年
日本文化人類学会理事
 
1998年
 - 
2000年
日本文化人類学会評議員
 
2015年10月
   
 
日本学術会議  連携会員
 

論文

 
稲村 哲也
ヒマラヤ学誌   15号、139-145頁    2014年3月   [査読有り]
稲村 哲也
『ヒマラヤ学誌』14   217-227    2013年3月   [査読有り]
稲村 哲也
『ヒマラヤ学誌』14号   221-216    2013年3月   [査読有り]
稲村 哲也
『ヒマラヤ学誌』14   114-129    2013年3月   [査読有り]

MISC

 
稲村 哲也
放送大学研究年報   33号、79-93頁    2016年3月
稲村 哲也
放送大学研究年報   32号、45-67頁    2015年3月
稲村 哲也
放送大学研究年報   32号、69-79頁    2015年3月
稲村 哲也
『共生の文化研究』6   104-108    2012年3月
稲村 哲也
『共生の文化研究』6<特集2:森と草原の地球教室>   104-108    2012年3月

講演・口頭発表等

 
稲村 哲也
RIHN 7th International Symposium “Complexification and Simplification: Ecosystem, Human Health and Lifestyle in Asia” Research Institute for Humanity and Nature, Kyoto   2012年11月   
稲村 哲也
The Second High-Altitude Project International Conference, November 2011, Research Institute for Humanity and Nature , Kyoto   2011年11月   
稲村 哲也
The First High-Altitude Project International Conference ”Human Life, Aging and Disease in High-Altitude Environments: Physio-medical, Ecological and Cultural Adaptation in Highland Civilization, December 2009, Research Institute for Humanity and Nature,   2009年12月   
稲村 哲也
Symposium on Change and Development in Pastoral Society, The 16th World Congress of IUAES , Kunming, China, from July 27 to July 31, 2009   2009年7月   

担当経験のある科目(授業)

 
  • 『人類学研究('10)―環境問題の人類学―』5章「自然災害と環境激変にたえる生活と文化」、9章「山岳地域の文化と環境問題」、10章「草原と砂漠における社会文化と環境問題」 (放送授業科目(放送教材))

Works(作品等)

 
稲村 哲也   1981年

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
日本学術振興会: 科研費・基盤研究(A)
研究期間: 2010年 - 2014年
日本学術振興会: 科研費・基盤研究(A)
研究期間: 2007年 - 2009年
日本学術振興会: 科学研究補助金基盤研究(B)
研究期間: 2005年 - 2008年

社会貢献活動

 
【】  多文化共生研究所  2009年4月 - 現在
【運営参加・支援】  総合地球環境学研究所  2008年4月 - 現在
【】  1987年 - 現在
【】  総合地球環境学研究所の研究プロジェクト  2008年 - 2012年