研究者業績

研究者リスト >> 稲村 哲也
 

稲村 哲也

 
アバター
研究者氏名稲村 哲也
 
イナムラ テツヤ
所属放送大学
部署人間と文化コース
職名特任教授
学位社会学修士
J-Global ID201701017622960932

研究分野

 
  • 人文・社会 / 文化人類学、民俗学 / 

委員歴

 
2015年10月
   
 
日本学術会議  連携会員
 
2000年4月
 - 
2012年3月
中部人類学談話会(兼日本文化人類学会中部地区)  会長
 
2006年
 - 
2008年
日本文化人類学会評議員
 
2000年
 - 
2002年
日本文化人類学会理事
 
1998年
 - 
2000年
日本文化人類学会評議員
 

論文

 
 
石井 祥子   奈良 由美子   稲村 哲也   高橋 博文   スヘー バトトルガ   鈴木 康弘   Shoko Ishii   Yumiko Nara   Tetsuya Inamura   Hirofumi Takahashi   Battulga Sukhee   Yasuhiro Suzuki   
放送大学研究年報 = Journal of The Open University of Japan   (36) 93-1112019年3月   

MISC

 
 
稲村 哲也   
共生の文化研究 = Journal of cultural symbiosis research   (10) 38-412016年3月   
 
稲村 哲也   
学術の動向   21(7) 7_3-7_32016年   
 
稲村 哲也   
共生の文化研究 = Journal of cultural symbiosis research   (8) 1-52013年11月   
 
稲村 哲也   
共生の文化研究 = Journal of cultural symbiosis research   (8) 16-212013年11月   
 

書籍等出版物

 
 
安藤和雄(担当:分担執筆, 範囲:16章 ブータン極東部の牧民社会とその変化)
京都大学学術出版会      2020年3月   
 
山本, 紀夫(担当:分担執筆, 範囲:アンデスとヒマラヤ・チベットの牧畜―『移動』と『資源化』に着目して 221-258頁)
ナカニシヤ出版      2019年3月   (ISBN:9784779513749)
 
稲村, 哲也(担当:編集)
放送大学教育振興会      2019年3月   (ISBN:9784595319310)
 
稲村, 哲也, 本田, 光子(担当:共編者(共編著 者))
放送大学教育振興会      2019年3月   (ISBN:9784595319327)
 
稲村, 哲也, 佐々木, 亨(担当:共編者(共編著 者))
放送大学教育振興会      2019年3月   (ISBN:9784595319334)

講演・口頭発表等

 
 
Herders in the Andes and the Himalayas
稲村 哲也   
RIHN 7th International Symposium “Complexification and Simplification: Ecosystem, Human Health and Lifestyle in Asia” Research Institute for Humanity and Nature, Kyoto   2012年11月   
 
Diversity and Changes of herding systems in Bhutan.
稲村 哲也   
The Second High-Altitude Project International Conference, November 2011, Research Institute for Humanity and Nature , Kyoto   2011年11月   
 
Pastoralism and hunting of camelids in the Andes?Comparing with Pastoralism in the Himalayas.
稲村 哲也   
The First High-Altitude Project International Conference ”Human Life, Aging and Disease in High-Altitude Environments: Physio-medical, Ecological and Cultural Adaptation in Highland Civilization, December 2009, Research Institute for Humanity and Nature,   2009年12月   
 
Pastoralism and chacu or a kind of collective hunting of Andean camelids in Peru
稲村 哲也   
Symposium on Change and Development in Pastoral Society, The 16th World Congress of IUAES , Kunming, China, from July 27 to July 31, 2009   2009年7月   

担当経験のある科目(授業)

 
2020年4月
 - 
現在
博物館で学ぶ文化人類学の基礎 (放送大学(オンライン授業))
2019年4月
 - 
現在
博物館資料保存論 (放送大学(TV放送科目))
2019年4月
 - 
現在
博物館概論 (放送大学(TV放送科目))
2018年4月
 - 
現在
博物館経営論 (放送大学(ラジオ放送授業))
2018年4月
 - 
現在
博物館情報・メディア論 (放送大学(TV放送科目))

Works(作品等)

 
 
 
稲村 哲也   
1981年

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
民族誌調査に基づくニッチ構築メカニズムの解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 新学術領域研究(研究領域提案型)
大西 秀之 稲村 哲也 須田 一弘 木村 友美 河合 洋尚 清水 展 
研究期間: 2019年6月 - 2024年3月
 
出ユーラシアの統合的人類史学:文明創出メカニズムの解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 新学術領域研究(研究領域提案型)
松本 直子 稲村 哲也 鶴見 英成 瀬口 典子 中尾 央 後藤 明 杉山 三郎 松木 武彦 大西 秀之 入來 篤史 
研究期間: 2019年6月 - 2024年3月
 
山岳高所・遊牧地域における遠隔教育の可能性
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 挑戦的研究(萌芽)
稲村 哲也 河合 明宣 奈良 由美子 石井 祥子 
研究期間: 2018年6月 - 2020年3月
 
熱帯高地における環境開発の地域間比較研究―「高地文明」の発見に向けて
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(A)
山本 紀夫 川本 芳 大山 修一 池谷 和信 月原 敏博 平田 昌弘 重田 眞義 稲村 哲也 杉山 三郎 鳥塚 あゆち 本江 昭夫 
研究期間: 2011年4月 - 2016年3月
 
熱帯高地環境における家畜化・牧畜成立過程に関する学際的研究―アンデスを中心に
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(A)
稲村 哲也 藤井 純夫 川本 芳 大山 修一 山本 紀夫 苅谷 愛彦 鶴見 英成 
研究期間: 2010年4月 - 2015年3月

社会貢献活動

 
 
【運営参加・支援,その他】
 2009年4月 - 2017年3月
 
【編集長,その他】
 2009年4月 - 2013年3月
 

総合地球環境学研究所の研究プロジェクト 2008年 - 2012年