研究者業績

研究者リスト >> 稲村 哲也
 

稲村 哲也

 
アバター
研究者氏名稲村 哲也
 
イナムラ テツヤ
URL
所属放送大学
部署人間と文化コース
職名特任教授
学位社会学修士
J-Global ID201701017622960932

研究分野

 
  • 人文・社会 / 文化人類学、民俗学 / 

委員歴

 
2015年10月
   
 
日本学術会議  連携会員
 
2000年4月
 - 
2012年3月
中部人類学談話会(兼日本文化人類学会中部地区)  会長
 
2006年
 - 
2008年
日本文化人類学会評議員
 
2000年
 - 
2002年
日本文化人類学会理事
 
1998年
 - 
2000年
日本文化人類学会評議員
 

論文

 
 
石井 祥子   奈良 由美子   稲村 哲也   高橋 博文   スヘー バトトルガ   鈴木 康弘   Shoko Ishii   Yumiko Nara   Tetsuya Inamura   Hirofumi Takahashi   Battulga Sukhee   Yasuhiro Suzuki   
放送大学研究年報 = Journal of The Open University of Japan   (36) 93-111   2019年3月   

MISC

 
 
稲村 哲也   
共生の文化研究 = Journal of cultural symbiosis research   (10) 38-41   2016年3月   
 
稲村 哲也   
学術の動向   21(7) 7_3-7_3   2016年   
 
稲村 哲也   
共生の文化研究 = Journal of cultural symbiosis research   (8) 1-5   2013年11月   
 
稲村 哲也   
共生の文化研究 = Journal of cultural symbiosis research   (8) 16-21   2013年11月   
 

書籍等出版物

 
 
安藤和雄(担当:分担執筆, 範囲:16章 ブータン極東部の牧民社会とその変化)
京都大学学術出版会   2020年3月   
 
Yumiko Nara, Tetsuya Inamura(担当:共編者(共編著 者))
Springer   2020年   
 
山本, 紀夫(担当:分担執筆, 範囲:アンデスとヒマラヤ・チベットの牧畜―『移動』と『資源化』に着目して 221-258頁)
ナカニシヤ出版   2019年3月   (ISBN:9784779513749)
 
稲村, 哲也(担当:編集)
放送大学教育振興会   2019年3月   (ISBN:9784595319310)
 
稲村, 哲也, 本田, 光子(担当:共編者(共編著 者))
放送大学教育振興会   2019年3月   (ISBN:9784595319327)

講演・口頭発表等

 
 
Andean pastoralism and llama’s significance for the formation of Andean civilization from the view point of ethnography
Out of Eurasia, International Academic Meetings in Mexico   2022年2月27日   
 
Las características del pastoreo altoandino, en comparación con los pastoreos asiáticos
Tetsuya Inamura   
Simpocio internacional “50 años de Antropología Japonesa en el Sur de los Andes: Recorridos, Etnografías y Revaloración Cultural   2019年11月13日   
 
Herders in the Andes and the Himalayas
稲村 哲也   
RIHN 7th International Symposium “Complexification and Simplification: Ecosystem, Human Health and Lifestyle in Asia” Research Institute for Humanity and Nature, Kyoto   2012年11月   
 
Diversity and Changes of herding systems in Bhutan.
稲村 哲也   
The Second High-Altitude Project International Conference, November 2011, Research Institute for Humanity and Nature , Kyoto   2011年11月   
 
Pastoralism and hunting of camelids in the Andes?Comparing with Pastoralism in the Himalayas.
稲村 哲也   
The First High-Altitude Project International Conference ”Human Life, Aging and Disease in High-Altitude Environments: Physio-medical, Ecological and Cultural Adaptation in Highland Civilization, December 2009, Research Institute for Humanity and Nature,   2009年12月   

担当経験のある科目(授業)

 
2020年4月
 - 
現在
博物館で学ぶ文化人類学の基礎 (放送大学(オンライン授業))
2019年4月
 - 
現在
博物館資料保存論 (放送大学(TV放送科目))
2019年4月
 - 
現在
博物館概論 (放送大学(TV放送科目))
2018年4月
 - 
現在
博物館経営論 (放送大学(ラジオ放送授業))
2018年4月
 - 
現在
博物館情報・メディア論 (放送大学(TV放送科目))

Works(作品等)

 
 
 
稲村 哲也   
1981年

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
民族誌調査に基づくニッチ構築メカニズムの解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 新学術領域研究(研究領域提案型)
大西 秀之 稲村 哲也 須田 一弘 木村 友美 河合 洋尚 清水 展 
研究期間: 2019年6月 - 2024年3月
 
出ユーラシアの統合的人類史学:文明創出メカニズムの解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 新学術領域研究(研究領域提案型)
松本 直子 稲村 哲也 鶴見 英成 瀬口 典子 中尾 央 後藤 明 杉山 三郎 松木 武彦 大西 秀之 入來 篤史 
研究期間: 2019年6月 - 2024年3月
 
山岳高所・遊牧地域における遠隔教育の可能性
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 挑戦的研究(萌芽)
稲村 哲也 河合 明宣 奈良 由美子 石井 祥子 
研究期間: 2018年6月 - 2020年3月
 
熱帯高地における環境開発の地域間比較研究―「高地文明」の発見に向けて
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(A)
山本 紀夫 川本 芳 大山 修一 池谷 和信 月原 敏博 平田 昌弘 重田 眞義 稲村 哲也 杉山 三郎 鳥塚 あゆち 本江 昭夫 
研究期間: 2011年4月 - 2016年3月
 
熱帯高地環境における家畜化・牧畜成立過程に関する学際的研究―アンデスを中心に
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(A)
稲村 哲也 藤井 純夫 川本 芳 大山 修一 山本 紀夫 苅谷 愛彦 鶴見 英成 
研究期間: 2010年4月 - 2015年3月

社会貢献活動

 
 
【運営参加・支援,その他】
 2009年4月 - 2017年3月
 
【編集長,その他】
 2009年4月 - 2013年3月
 

総合地球環境学研究所の研究プロジェクト 2008年 - 2012年