研究者業績

研究者リスト >> 関根 紀子
 

関根 紀子

 
アバター
研究者氏名関根 紀子
 
セキネ ノリコ
通称等の別名ICHINOSEKI-SEKINE Noriko
所属放送大学
部署生活と福祉コース
職名教授
学位博士(学術)(新潟大学), 教育学修士(新潟大学)
その他の所属順天堂大学 スポーツ健康科学部

研究キーワード

 
医用工学 ,横隔膜機能不全 ,筋萎縮 ,スポーツ科学 ,運動生理学

研究分野

 
  • ライフサイエンス / リハビリテーション科学 / 
  • ライフサイエンス / 生理学 / 
  • ライフサイエンス / 栄養学、健康科学 / 
  • ライフサイエンス / スポーツ科学 / 

経歴

 
2019年4月
 - 
現在
放送大学 教養学部生活と福祉コース 教授 
 
2013年10月
 - 
現在
順天堂大学 スポーツ健康科学部 客員准教授 
 

受賞

 
2000年11月
IEEE Japan Chapter学会, JpCOMPEmbs01(IEEE Japan Chapter学会賞)
関根 紀子 
 

論文

 
 
Noriko Ichinoseki‐Sekine   Ashley J. Smuder   Aaron B. Morton   J. Matthew Hinkley   Andres Mor Huertas   Scott K. Powers   
Clinical and Translational Science      2021年6月   [査読有り]
 
Munehiro Uda   Toshinori Yoshihara   Noriko Ichinoseki-Sekine   Takeshi Baba   Toshitada Yoshioka   
PLOS ONE   15(12) e0243660-e0243660   2020年12月   [査読有り]
Excessive nitric oxide (NO) production and mitochondrial dysfunction can activate protein degradation in disuse-induced skeletal muscle atrophy. However, the increase in NO production in atrophied muscles remains controversial. In addition, althou...
 
Thomas Yvert   Eri Miyamoto-Mikami   Takuro Tobina   Keisuke Shiose   Ryo Kakigi   Takamasa Tsuzuki   Mizuki Takaragawa   Noriko Ichinoseki-Sekine   Margarita Pérez   Hiroyuki Kobayashi   Hiroaki Tanaka   Hisashi Naito   Noriyuki Fuku   
Genes   11(9) 1012-1012   2020年8月   [査読有り]
PPARGC1A rs8192678 G/A (Gly482Ser) and NRF1 rs6949152 A/G polymorphisms have been associated with endurance athlete status, endurance performance phenotypes, and certain health-related markers of different pathologies such as metabolic syndrome, d...
 
ANDRES MOR HUERTAS   AARON B. MORTON   J. MATTHEW HINKEY   NORIKO ICHINOSEKI-SEKINE   ASHLEY J. SMUDER   
Medicine & Science in Sports & Exercise   52(7) 1477-1484   2020年7月   [査読有り]
 
João Paulo Limongi França Guilherme   Ekaterina A. Semenova   Hirofumi Zempo   Gabriel L. Martins   Antonio H. Lancha Junior   Eri Miyamoto-Mikami   Hiroshi Kumagai   Takuro Tobina   Keisuke Shiose   Ryo Kakigi   Takamasa Tsuzuki   Noriko Ichinoseki-Sekine   Hiroyuki Kobayashi   Hisashi Naito   Oleg V. Borisov   Elena S. Kostryukova   Nikolay A. Kulemin   Andrey K. Larin   Edward V. Generozov   Noriyuki Fuku   Ildus I. Ahmetov   
International Journal of Sports Physiology and Performance   1-7   2020年   [査読有り]
<italic><bold>Purpose</bold>:</italic> To replicate previous genome-wide association study identified sprint-related polymorphisms in 3 different cohorts of top-level sprinters and to further validate the obtained results in functional studies. <i...

MISC

 
 
Yoshihara Toshinori   Tsuzuki Takamasa   Chang Shuo-wen   Natsume Toshiharu   Kakigi Ryo   Ichinoseki-Sekine Noriko   Machida Shuichi   Sugiura Takao   Naito Hisashi   
MEDICINE AND SCIENCE IN SPORTS AND EXERCISE   50(5) 808   2018年5月   [査読有り]
 
Kakigi Ryo   Ichinoseki-Sekine Noriko   Natsume Toshiharu   Kitada Tomoharu   Yoshihara Toshinori   Tsuzuki Takamasa   Kobayashi Hiroyuki   Machida Shuichi   Naito Hisashi   
MEDICINE AND SCIENCE IN SPORTS AND EXERCISE   50(5) 553   2018年5月   [査読有り]
 
Ichinoseki-Sekine N   Tsuzuki T   Hinkley JM   Yoshihara T   Kobayashi H   Powers SK   Naito H   
FASEB J   32(1)    2018年4月   [査読有り]
 
Morton AB   Smuder AJ   Hyatt HW   Hinkley JM   Ichinoseki-Sekine N   Mor A   Powers SK   
FASEB J   32(1)    2018年4月   [査読有り]
 
越路 雄祐   神野 宏司   関根 紀子   
東京作業療法   6 70-70   2018年2月   

講演・口頭発表等

 
 
横隔膜萎縮・機能不全における硫化物の予防効果の検討
関根紀子   Morton AB   Smuder AJ   Hinkley JM   Powers SK   
第74回日本体力医学会   2019年9月   
 
筋の萎縮と肥大のメカニズム
関根 紀子   
第13回AMG NSTフォーラム   2019年2月   
 
Hydrogen sulfide prevents mechanical ventilation-induced diaphragm atrophy and dysfunction
Ichinoseki-Sekine N   Morton AB   Smuder AJ   Hinkley JM   Powers SK   
ACSM Conference on Integrative Physiology of Exercise   2018年9月   
 
Treadmill exercise training protect against metabolic dysfunction and diaphragm weakness in obese diabetic rats
Ichinoseki-Sekine N   Tsuzuki T   Hinkley JM   Yoshihara T   Kobayashi H   Powers SK   Naito N   
Experimental Biology 2018   2018年4月   
 
Intermittent spontaneous breathing prevents mechanical ventilation-induced diaphragm atrophy and dysfunction
Ichinoseki-Sekine N   Yoshihara T   Tsuzuki T   Morton A   Hinkley MJ   Powers SK   Naito H   
Experimental Biology 2017   2017年4月   

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
ミトコンドリア機能に着目した糖尿病における呼吸筋機能低下メカニズムの解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
関根 紀子 
研究期間: 2021年4月 - 2025年3月
 
硫黄呼吸経路に着目した横隔膜機能不全予防メカニズムの解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 挑戦的研究(萌芽)
関根 紀子 吉原 利典 棗 寿喜 
研究期間: 2019年6月 - 2021年3月
 
加齢が横隔膜萎縮・機能不全へ及ぼす影響とそのメカニズム
公益財団法人双葉電子記念財団: 平成31年度自然科学研究助成
関根 紀子 
研究期間: 2019年4月 - 2020年3月
 
エピジェネティクスで解く骨格筋萎縮抑制機構
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(C)
吉原利典 
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月
 
改良型機械的人工換気システムを用いた横隔膜の筋萎縮回復メカニズムの解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)(国際共同研究加速基金(国際共同研究強化))
関根 紀子 
研究期間: 2016年4月 - 2018年3月

書籍等出版物

 
 
関根, 紀子(担当:共著, 範囲:第1-2章,第4-6章,第9章,第13章)
放送大学教育振興会   2021年3月   (ISBN:9784595141515)
 
Powers, Scott K. (Scott Kline), Howley, Edward T., 内藤 久士, 柳谷 登志雄, 小林 裕幸, 高澤 祐治(担当:共訳, 範囲:第10章,第11章,第12章)
メディカル・サイエンス・インターナショナル   2020年8月   (ISBN:9784815701901)
 
関根 紀子(担当:共著, 範囲:第1~5章,7章)
放送大学教育振興会   2018年3月1日   (ISBN:4595318685)   
 
星 薫(担当:共著, 範囲:4章)
放送大学教育振興会   2017年3月1日   (ISBN:459514086X)
 
関根 紀子(担当:共著, 範囲:第1~8章,11章)
放送大学教育振興会   2017年3月   (ISBN:4595140835)   

学術貢献活動

 
 

文部科学省 2008年 - 現在

所属学協会

 
 
   
 
American College of Sports Medicine
 
   
 
American Physiological Society
 
   
 
日本運動生理学会
 
   
 
日本体力医学会