研究者業績

研究者リスト >> 山田 恒夫
 

山田 恒夫

 
アバター
研究者氏名山田 恒夫
 
ヤマダ ツネオ
URLhttps://yamada-labo.com/
所属放送大学
部署教養学部
職名教授
学位修士(京都大学大学院文学研究科)
その他の所属総合研究大学院大学

委員歴

 
2012年4月
 - 
現在
OERASIA (Wawasan Open University, Malaysia)  A founding member of the Board of Advisors,
 
2011年11月
 - 
現在
Eummena organization (Belgium and Arabic countries)  Advisory Board member
 
2011年4月
 - 
現在
一般社団法人大学ICT推進協議会  大学ICT推進協議会 学術・教育コンテンツ流通部会主査
 
2010年1月
 - 
現在
the National East Asian Languages Resource Center (NEALRC), Ohio State University, USA  Advisory board member,
 
2008年4月
 - 
現在
日本オープンコースウエアコンソーシアム(JOCW)  監事
 

受賞

 
2018年10月
AAOU Best Paper Award, Silver Medal Awarded to the paper "Crowdsourced Learning Based on Learning Economy" presented at the 32nd AAOU Annual Conference (22-26 October 2018, Hanoi Open University, Hanoi, Vietnam)
 
2016年5月
IMS Global Learning Consortium Leadership Award 2016
 
2014年10月
AAOU Best Paper Award, Silver Medal, awarded to the paper ”Learner autonomy through adoption of Open Educational Resources (OER) using Social Network Services and multi-media E-textbooks”. presented at the 28th AAOU Annual Conference (27-31 October 2014,
 
2008年12月
平成20年度情報教育研究集会 優秀ポスター賞(「情報倫理ビデオ パート3」)
 
2008年10月
the 36th annual ACM SIGUCCS conference on User services conference (October 19 - 22, 2008, Portland, USA). Award of Excellence受賞(“Improving computer ethics video clips for higher education”
 

論文

 
山田 恒夫
ボランティア学研究   17 5-12   2017年5月   [査読有り][招待有り]
山田恒夫, 常盤祐司, 梶田将司
情報処理   58(5) 412-415   2017年5月   [招待有り]
山田 恒夫
情報処理学会論文誌「教育とコンピュータ」   1(4) 1-11   2015年12月   [査読有り][招待有り]
Hori, M, Ono, S, Kobayashi, S, Yamaji, K, Kita, T, Yamada, T
AAOU Journal   10(1) 23-35.   2015年6月   [査読有り]

MISC

 
稲村哲也, 鈴木康弘, 石井祥子, スヘ― バトトルガ, 奈良由美子, 河合明宣, 山田恒夫, 高橋博文
放送大学研究年報   35 61-76   2018年3月
Kawai, A, andgi, T, Galay, P, Dorji, C, Miwa, M, Yamada, T
Journal of The Open University of Japan   34 1-15   2017年3月
山田 恒夫
2015年度事業報告レポート、日本オープンオンライン教育推進協議会   p.26    2016年3月
山田 恒夫
大学教育と情報   2014-3. 14-15   2014年11月
山田 恒夫
平成21年度・22年度文部科学省先導的大学改革推進委託事業「ICT活用教育の推進に関する調査研究」委託業務成果報告書   Pp.39-72.    2011年3月

講演・口頭発表等

 
山田 恒夫
JSET 2018年度産学協同セミナー「Society5.0 に向けた人材育成を実現する学びの在り方とは ~一人一人の能力や適性に応じて個別最適化された学びの実現に向けて~」(東京・八丁堀)   2019年3月23日   
山田 恒夫
TIESシンポジウム2018-2 「ブロックチェーンが教育を変える」(東京・一橋大学一橋講堂)   2019年3月8日   
山田恒夫, 内海成治, 川嶋辰彦, 中村安秀
国際ボランティア学会第20回大会   2019年2月16日   
Yamada, T
eASEM Network Meeting   2018年12月13日   
山田 恒夫
企画セッション[WG2]「産学協働による教育関連IT技術の活用事例報告2018」(Edtech部会主催).大学ICT推進協議会(AXIES)2018年度年次大会(札幌コンベンションセンター)   2018年11月21日   

担当経験のある科目(授業)

 
  • 面接授業「心理学研究法」(東京文京学習センター、平成14年3月まで、非常勤講師) (面接授業科目)
  • 「第2言語習得論」(東京文京学習センター、非常勤講師) (面接授業科目)
  • 「初歩からのパソコン」(2011年1月15・16日、奈良学習センター) (面接授業科目)
  • 「初歩からのパソコン」(2011年4月23・24日、兵庫学習センター) (面接授業科目)
  • 「初歩からのパソコン」(2012年4月21・22日、兵庫学習センター)「初歩からのパソコン」(2013年1月12・13日、滋賀学習センター) (面接授業科目)

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
日本学術振興会: 2014-2017年度 科学研究費補助金基盤研究(A)(一般)「生涯学習基盤としての大規模オンラインコース(MOC)の構築と運用に関する研究」(課題番号26242013、代表)
研究期間: 2014年 - 2017年
日本学術振興会: 2011-2015年度 基盤研究(A) 「多様な第二言語学習過程を最適化する学習モデルと支援システムの研究」(課題番号23242032、連携、研究代表者:株式会社国際電気通信基礎技術研究所・知能ロボティクス研究所・研究員・山田玲子)
研究期間: 2011年 - 2015年
日本学術振興会: 2011-2013年度 基盤研究(C) 「CALLを活用する英語教育総合システムの高度化に関する研究」(課題番号23501135、分担、研究代表者:千葉大学・准教授・土肥充)
研究期間: 2011年 - 2013年
日本学術振興会: 2011-2013年度 科学研究費補助金基盤研究(A)(一般)「国際的な生涯学習コミュニティ構築のための学習コンテンツ共有・流通システムの研究」(課題番号23240110、代表)
研究期間: 2011年 - 2013年

その他

 
2018年   特集「「人生100年時代の学びとその教育情報基盤」
全私学新聞(担当回。第1回「人生100年時代の学びとその教育情報基盤」、第2回「エコシステムとしての生涯学習基盤」、第3回「デジタルバッジと電子修了証[Open Badge Version 2]」、第4回「eポートフォリオと生涯学習記録 [CLR]」、第10回「教育におけるパーソナルデータとプライバシーの保護」)