研究者業績

研究者リスト >> 柳原 正治
 

柳原 正治

 
アバター
研究者氏名柳原 正治
 
ヤナギハラ マサハル
所属放送大学 教養学部
部署社会と産業コース
職名教授
学位法学博士(東京大学), 法学修士(東京大学)
その他の所属放送大学

研究キーワード

 
近代国際法 , 国家連合 , 国際法の形成 , 主権平等 , 連邦 , 近代ヨーロッパ国際法 , 琉球併合 , 主権国 , 独立 , 主権 , 国際法規範 , 法律用語 , 国際法の解釈 , 華夷秩序 , 海洋法 , 朝貢国 , 藩属国 , 国際法の適用 , 中華秩序 , 神聖ローマ帝国 , 戦後賠償 , サイバースペース , 華夷思想 , 主権国家 , 国家領域 , 国際法史 , International Law , History of International Law

研究分野

 
  • 人文・社会 / 国際法学 / 
  • 人文・社会 / 新領域法学 / 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
放送大学 教授
 
2008年
 - 
2016年3月
九州大学 法学(政治学)研究科(研究院) 教授
 
1991年8月
 - 
2016年3月
九州大学 法学部 教授
 
1989年4月
 - 
1991年8月
九州大学 法学部 Associate Professor
 
1981年4月
 - 
1989年3月
横浜国立大学 経済学部 助教授
 

学歴

 
 
 - 
1981年
東京大学 法学政治学研究科 
 
 
 - 
1981年
東京大学  
 
 
 - 
1975年
東京大学 法学部 
 
 
 - 
1975年
東京大学  
 

委員歴

 
2007年12月
 - 
現在
九州国際法学会理事長
 
2002年
 - 
現在
日本国際法協会  研究企画委員会主任
 
2009年10月
 - 
2012年9月
国際法学会理事長
 
2004年
 - 
2008年
九州大学理事
 
2004年
 - 
2008年
, Trustee and Vice President, Kyushu University
 

受賞

 
1993年
安達峰一郎記念賞
 
1993年
Adachi Mineichiro Memorial Prize
 

論文

 
柳原 正治
世界法年報   35 7-36   2016年3月   [査読有り]
柳原 正治
国際法外交雑誌   113(3) 301-324   2014年11月
海洋法関係国内法制の比較研究   1,53-68    1995年

MISC

 
Bulletin of the Japanese Archives of the Ministry of Foreign Affairs   18(111-114)    2004年
Hogaku Kyoshitsu   281(6-10)    2004年
『開港期韓国における不平等条約の実態と朝鮮・大韓帝国の対応』(Korea Foundation 2001年度共同研究プロジェクト研究成果報告書   106-119    2002年

書籍等出版物

 
柳原 正治 (担当:編集)
東京大学出版会   2019年5月   
柳原 正治 (担当:編集)
2018年3月   
柳原 正治 (担当:共編者(共編著者))
東大出版会   2017年2月   
YANAGIHARA Masaharu (担当:分担執筆, 範囲:Engagement with and Use of International Law: 1853-1945)
Eleven International Publishing   2011年   

講演・口頭発表等

 
Japan [招待有り]
YANAGIHARA Masaharu
Global History of International Law   2011年1月   
柳原 正治
東アジアにおける基本的概念に関する研究会   2010年6月   
International Symposium on Dokdo: Historical Appraisal and International Justice   2008年   
International Symposium on Dokdo: Historical Appraisal and International Justice   2008年   

所属学協会

 
九州法学会 , 九州国際法学会 , 九州大学法政学会 , 比較法史学会 , 日独法学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
日本学術振興会:科学研究費補助金: 
研究期間: 2017年4月 - 2021年3月
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2011年4月 - 2015年3月
研究期間: 2008年