研究者業績

研究者リスト >> 進藤 聡彦
 

進藤 聡彦

 
アバター
研究者氏名進藤 聡彦
 
シンドウ トシヒコ
URL
所属放送大学
部署教養学部
職名教授
学位博士(教育学)(東北大学), Ph.D(Education)(Tohoku University)
J-Global ID200901053013147226

研究キーワード

 
教授方略 ,知識獲得のメカニズム ,教授学習過程

研究分野

 
  • 人文・社会 / 教育心理学 / 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
山梨大学  名誉教授 
 
2017年4月
 - 
現在
放送大学  教授 
 
2002年11月
 - 
2017年3月
山梨大学  教授 
 

学歴

 
1984年4月
 - 
1987年3月
東北大学大学院 教育学研究科博士課程後期 教育心理学専攻
 

委員歴

 
2019年4月
 - 
現在
甲府市子ども未来部  甲府市社会福祉審議会
 
2012年10月
 - 
現在
山梨県  社会教育委員
 
2008年6月
 - 
現在
日本教授学習心理学会  理事
 
2021年4月
 - 
2023年3月
北杜市社会教育委員  北杜市社会教育委員
 
2012年6月
 - 
2021年5月
日本教育心理学会  代議員
 

受賞

 
2005年
日本教育心理学会「優秀論文賞」
 

論文

 
 
Kudo, Y   Sato, S   Nishibayashi, K   Shindo, T   
Annual Bulletin, Graduate School of Education, Tohoku University   5 29-41   2019年3月   
 
進藤 聡彦   麻柄 啓一   
教授学習心理学研究   14 1-10   2018年6月   [査読有り]
 
Moriya, S   Shindo, T   
Beitrage zum Mathematikunterricht 2016   681-684   2018年2月   
 
Sato, S   Nishibayashi, K   Shindo, T   Kudo, Y   
European Psychology Learning and Teaching   2017 137-139   2017年9月   [査読有り]
 
Kato, K   Moriya, S   Shindo, T   
Beitrage zum Mathematikunterricht 2016   517-520   2017年2月   

MISC

 
 
 
Bulletin of the Faculty of Education & Human Sciences   7,1,224-231.    2005年   
 
K Magara   T Shindo   
JAPANESE JOURNAL OF EDUCATIONAL PSYCHOLOGY   52(3) 231-240   2004年9月   
Statements taught to students can, in general, be described in proposition form, as "if it is p, then it implies q." Examples obtained by embodying the antecedent "p" are called "substitution instances." It is possible to obtain another type of ex...
 
The Science of Reading   48, 2, 61-69.    2004年   
 
Bulletin of the Faculty of Education & Human Sciences, Yamanashi University   6(1) 151-159   2004年   

書籍等出版物

 
 
ミネルヴァ書房   2021年1月   (ISBN:9784623088461)
 
進藤聡彦・谷口明子(担当:共著)
放送大学教育振興会   2020年3月   
 
放送大学教育振興会   2018年3月      
 
新曜社   2017年      
 
北大路書房   2016年      

講演・口頭発表等

 
 
生涯学習の促進・抑制要因
進藤聡彦   岩崎久美子   
日本教授学習心理学会第17回年会   2021年6月27日   
 
ルールの予測機能の教授が課題解決に及ぼす効果
佐藤誠子   工藤与志文   進藤聡彦   
日本教授学習心理学会第17回年会   2021年6月26日   
 
課題解決における既有知識の使用に及ぼす大学教育の影響
工藤 与志文   進藤 聡彦   佐藤 誠子   
日本教育心理学会第62回総会   2020年9月19日   
 
誘導法によるルール学習研究(1)
佐藤誠子   工藤与志文   進藤聡彦   
日本教授学習心理学会第16回年会   2020年7月11日   
 
誘導法によるルール学習研究(2)
工藤与志文   佐藤誠子   進藤聡彦   
日本教授学習心理学会第16回年会   2020年7月11日   

担当経験のある科目(授業)

 
 
   
 
心理学概論'18 (放送大学・分担講師)
 
   
 
教育と心理へのいざない (放送大学・ゲスト講師)
 
   
 
発達と学習の認知心理学 (2013年度放送大学面接授業)
 
   
 
学びと動機づけの心理学 (2015年度放送大学面接授業)
 
   
 
日常の中の認知心理学 (2014年度放送大学面接授業)

所属学協会

 
 
   
 
日本応用心理学会
 
   
 
日本教授学習心理学会
 
   
 
日本発達心理学会
 
   
 
日本心理学会
 
   
 
日本教育心理学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
ルールと操作的知識の構造化が教科学習の促進に及ぼす効果と教材開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
進藤 聡彦 工藤 与志文 佐藤 誠子 
研究期間: 2019年4月 - 2022年3月
 
社会参画をめざす高齢者のためのデータリテラシー学習プログラムの開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
溝上 智惠子 上保 秀夫 岩崎 久美子 進藤 聡彦 宇陀 則彦 小川 敬之 呑海 沙織 松原 正樹 
研究期間: 2018年4月 - 2022年3月
 
知識の構造化を促す教授ストラテジーと教材開発に関する教育心理学研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
進藤 聡彦 工藤 与志文 西林 克彦 
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月
 
教科学習における柔軟な知識の運用としての知識操作の効果と教材開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
進藤 聡彦 麻柄 啓一 工藤 与志文 
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月
 
教科学習における学習者の認知メカニズムに即した教材特性の解明と教材開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
進藤 聡彦 麻柄 啓一 
研究期間: 2010年 - 2012年

社会貢献活動

 
 
【講師】
山梨県市町村教育委員会連合会 2016年11月
 
【講師】
山梨県福祉保健部 2016年8月