研究者業績

研究者リスト >> 田城 孝雄
 

田城 孝雄

 
アバター
研究者氏名田城 孝雄
 
タシロ タカオ
URL
所属放送大学
部署生活と福祉コース
職名教授
科研費研究者番号60207024
J-Global ID201701000453182216

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 医療管理学、医療系社会学 / 

委員歴

 
2010年
 - 
現在
豊島区在宅医療推進会議 会長
 
2010年
 - 
現在
厚生労働省医政局 在宅医療普及啓発推進支援事業企画書等評価委員会 委員
 
2010年
 - 
現在
厚生労働省医政局 在宅医療普及啓発企画委員会 委員
 
2009年
 - 
現在
文京区在宅医療推進協議会 会長
 
2009年
 - 
現在
文京区地域医療連携推進協議会 副会長
 

受賞

 
2007年3月
順天堂大学医学部ベストチューター賞
田城 孝雄 
 

論文

 
 
Kanako Ikeya   Jun Ichi Aoki   Noriko Ikeda   Tsuneki Ninomiya   Takao Tashiro   Tsuyoshi Okamura   Jun Ichi Suzuki   
Geriatrics and Gerontology International   18(1) 188-190   2018年1月
 
Masayuki Yokoi   Takao Tashiro   
Global journal of health science   8(9) 54314-54314   2016年9月
This study examined the economic efficiency of the separation of prescription and dispensation medicines between doctors in medical institutions and pharmacists in pharmacies. The separation system in Japanese prefectures was examined with publicl...
 
Tetsuo Arakawa   Leon Kumasaka   Michio Nakanishi   Masatoshi Nagayama   Hitoshi Adachi   Kozue Ikeda   Kazuteru Fujimoto   Takao Tashiro   Shin-ichi Momomura   Yoichi Goto   
CIRCULATION JOURNAL   80(8) 1750-1755   2016年8月
Background: The regional clinical alliance path (RCAP) after discharge from an acute-phase hospital is emerging as a tool for bridging acute-phase treatment and chronic-phase disease management. However, the optimal application of RCAP for acute m...
 
水井雅人   水井雅人   溝口裕司   田城孝雄   
日本放射線技術学会雑誌   72(1) 58-62   2016年
 
Masayuki Yokoi   Takao Tashiro   
Global journal of health science   8(1) 29-35   2015年5月
This study used publicly available data to examine the effect of the separation of dispensing and prescribing medicines between pharmacists in pharmacies and doctors in medical institutions (the separation system) and the generic medicine replacem...

MISC

 
 
 
平木 たい子   田城 孝雄   
日本視能訓練士協会誌   49 257-257   2020年12月
 
佐藤 香織   田城 孝雄   
保健師ジャーナル   76(10) 862-867   2020年10月
<文献概要>目的:地域保健法(昭和二十二年法律第百一号),「地域保健法第四条第一項の規定に基づく地域保健対策の推進に関する基本的な指針」(平成六年十二月一日厚生省告示第三百七十四号)では,保健師に関する保健所の役割を明記している。そこで,保健師の人材育成に関する方針や計画の策定状況を把握し課題を検討するために,地域保健法施行令(昭和二十三年政令第七十七号)第一条第一項に定める指定都市と第二項に定める中核市の保健所(複数保健所を有していない市)へ質問紙調査を行った。結果:保健所を複数有さない...
 
上杉治   上杉治   田城孝雄   野藤弘幸   鈴木修   
職業リハビリテーション研究・実践発表会発表論文集   28th (CD-ROM)    2020年
 
佐瀬正次郎   太郎良のぞみ   宮負哲   寺田将人   田城孝雄   
医学検査   69(2) 168-178   2020年
糖尿病患者が血糖自己管理のために行う血糖自己測定(self-monitoring of blood glucose;SMBG)は、自宅や外出先など様々な環境下で測定する。今回、環境因子の中で温度に焦点をあて、その影響について検証するためSMBG機器5機種について、測定機器とセンサーの温度を低温、常温、高温下の7パターンを組み合わせ、血糖値への影響について検証を行った。その結果、SMBG機器およびセンサーが同一温度における低温、高温環境下では、一部の機種において血糖値が高値化あるいは低値化し...

書籍等出版物

 
 
田城, 孝雄, 星, 旦二, 栗盛, 須雅子, Kodama, Sayuri, 櫻井, 尚子(看護学)
放送大学教育振興会   2019年3月   (ISBN:9784595141164)
 
田城, 孝雄, 内田, 要, 辻, 哲夫
東京大学出版会   2017年12月   (ISBN:9784130511421)
 
岡田, 晋吾, 田城, 孝雄
中山書店   2015年4月   (ISBN:9784521739038)
 
田城, 孝雄, 星, 旦二
放送大学教育振興会   2015年3月   (ISBN:9784595140488)
 
田城, 孝雄, 横山, 和仁
放送大学教育振興会   2015年3月   (ISBN:9784595315534)

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
研究期間: 2010年 - 現在
 
在宅医療を推進する地域診断標準ツールの開発[研究開発実施者(研究代表者 太田秀樹)]
科学技術振興機構 社会技術研究開発センター 社会技術研究開発事業 コミュニティで創る新しい高齢社会のデザイン研究開発プロジェクト: 
田城 孝雄 
研究期間: 2010年 - 2012年
 
研究期間: 2010年 - 2011年
 
研究期間: 2009年 - 2011年
 
患者・家族・国民の視点に立った自立支援型がん情報の普及のあり方に関する研究[研究分担者(研究代表者 渡邊清高)]
平成21年度厚生労働科学研究費補助金 第3次対がん総合戦略研究事業 患者・家族・国民の視点に立った自立支援型がん情報の普及のあり方に関する研究(21151101): 
田城 孝雄 
研究期間: 2009年 - 2011年