研究者業績

 

岩永 雅也

 
アバター
研究者氏名岩永 雅也
 
イワナガ マサヤ
URLhttp://kaken.nii.ac.jp/d/r/30151749.ja.html
学位博士(学術)(筑波大学), 教育学修士(東京大学)
J-Global ID201401064016213825

研究キーワード

 
生涯学習 ,社会調査 ,遠隔教育 ,才能教育 ,大学評価 ,公開大学 ,社会移動

研究分野

 
  • 人文・社会 / 教育社会学 / sociology of education
  • 人文・社会 / 特別支援教育 / 才能教育
  • 人文・社会 / 社会学 / 社会調査

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
放送大学  副学長 
 
2000年4月
 - 
現在
放送大学 教養学部 教授 
 
2017年4月
 - 
2018年3月
放送大学 附属図書館 附属図書館長 
 
1989年8月
 - 
2000年3月
放送大学 教養学部 助教授 
 
1988年4月
 - 
1989年7月
放送教育開発センター 研究開発部 助教授 
 

学歴

 
1977年4月
 - 
1982年4月
東京大学大学院 教育学研究科 教育社会学専攻
 
1972年4月
 - 
1977年3月
東京大学 経済学部 経済学科
 

MISC

 
 
 
丹羽 敦   新井 健一   志村 修   吉田 文   田中 統治   岩永 雅也   新井 郁男   岡崎 友典   
教育社会学研究   78 359-362   2006年5月   
 
麻生 誠   岩永 雅也   大塚 豊   本多 泰洋   米川 英樹   
日本教育社会学会大会発表要旨集録   (54) 36-39   2002年9月   
 
岩永 雅也   
教育學研究   66(3) 295-305, 369, 2   1999年9月   
教養という概念の意味は非常に大きく、かつ捉え方によっては曖昧でもある。しかし、大まかに見るならば、専門的かつ高度な知的活動の結果として身に付く「深さの教養と、意図的にアレンジされた方法によって身に付けられる広範囲にわたる基礎的知識の集合としての「広さの教養」とにわけることができる。わが国では、西欧文明の意図的な移入による社会の近代化という歴史的条件により、大学が長い期間にわたって教養の独占的な集積地、発信地として機能してきたが、大学に集積され、大学から発信されてきた教養は、まず深さの教養か...
 
岩永 雅也   腰越 滋   
日本教育社会学会大会発表要旨集録   (50) 171-172   1998年10月   

所属学協会

 
 
   
 
日本生涯教育学会
 
   
 
日本高等教育学会
 
   
 
日本社会学会
 
   
 
日本教育学会
 
   
 
日本教育社会学会