研究者業績

研究者リスト >> 橋本 健朗
 

橋本 健朗

 
アバター
研究者氏名橋本 健朗
 
ハシモト ケンロウ
URLhttp://www.hashimoto-ken.net/
所属放送大学
部署教養学部 自然と環境
職名教授
学位理学博士(慶應義塾大学), 理学修士(慶應義塾大学)
J-Global ID200901089694052745

研究キーワード

 
化学教育 ,量子化学 ,分子分光学 ,クラスター ,ナノ構造科学 ,物理化学 ,計算化学 ,理論化学 ,Cluster Science ,Physical Chemistry ,Theoretical Chemistry

研究分野

 
  • ナノテク・材料 / ナノ構造化学 / 
  • ナノテク・材料 / 基礎物理化学 / 

経歴

 
2015年10月
 - 
現在
放送大学 教養学部 教授 
 
2007年4月
 - 
2015年9月
首都大学東京 大学院理工学研究科 分子物質化学専攻 准教授 
 
2006年4月
 - 
2007年3月
首都大学東京 大学院理工学研究科 分子物質化学専攻 助教授 
 
2005年4月
 - 
2006年3月
首都大学東京 都市教養学部 助教授 
 
1998年4月
 - 
2005年3月
東京都立大学 大学院理学研究科 情報理学講座 助教授 
 

学歴

 
 
 - 
1989年9月
慶應義塾大学 大学院理工学研究科 化学専攻 博士後期課程
 
 
 - 
1987年3月
慶應義塾大学 大学院理工学研究科 化学専攻 修士課程
 
 
 - 
1985年3月
慶應義塾大学 理工学部 化学科
 

委員歴

 
2019年8月
 - 
現在
理論化学会  選出方法検討委員(選挙制度検討委員)
 
2014年9月
 - 
2016年9月
分子科学会  監査
 
2016年
 - 
2016年
第19回理論化学討論会優秀講演賞選考委員
 
2015年
 - 
2015年
分子科学総合討論会実行委員
 
2014年
 - 
2014年
分子科学討論会 優秀講演賞選考委員
 

受賞

 
2019年
Chem. Phys. Lett. X, Editor's Choice
橋本 健朗 
 
2015年
Angew. Chem. Int. Ed., Front Cover Artticle
橋本 健朗 
 
2013年
Analytical Sciences, Hot Article
橋本 健朗 
 
2013年
Chem. Phys. Lett. Editor's Choice
 
2012年1月
日本化学会, BCSJ Award
橋本 健朗 
 

論文

 
 
 
Toshihiko Shimizu   Kenro Hashimoto   Masahiko Hada   Mitsuhiko Miyazaki   Masaaki Fujii   
Physical Chemistry Chemical Physics   20(5) 3265-32762018年2月   [査読有り]
Geometries and infrared (IR) spectra in the mid-IR region of phenol-(ammonia)n (PhOH-(NH3)n) (n = 0-10) clusters have been studied using density functional theory (DFT) to investigate the critical number of solvent molecules necessary to promote g...
 
Megumi Sakurai   Mengrui Yang   Jiawei Xu   Mai Thanh Nguyen   Tetsu Yonezawa   Kenro Hashimoto   Tatsuya Fujino   
Int.J. Mass Spectrom.,   434 179-1842018年   [査読有り]
 
Mengrui Yang   Kenro Hashimoto   Tatsuya Fujino   
Chem. Phys. Lett.   706 525-5322018年   [査読有り]
 
谷本浩志   金谷有剛   持田陸宏   廣川淳   猪俣敏   松本淳   薮下彰啓   江波進一   森田明弘   橋本健朗   竹川暢之   宮﨑雄三   森野悠   中山智喜   佐藤圭   坂本陽介   竹谷文一   羽馬哲也   加藤俊吾   河村公隆   秋元肇   
大気化学研究   34 22-282016年   [査読有り]

MISC

 
 
K Fuke   K Hashimoto   S Iwata   
ADVANCES IN CHEMICAL PHYSICS, VOL 110   110 431-5231999年   

書籍等出版物

 
 
橋本 健朗, 安池 智一(範囲:3-11章(全15章))
放送大学教育振興会      2019年3月   (ISBN:9784595319662)   
放送大学 印刷教材
 
橋本 健朗
放送大学教育振興会      2018年3月   (ISBN:9784595319020)   
 
橋本 健朗
放送大学教育振興会      2017年3月   (ISBN:9784595317460)   
 
Nobuaki Koga, Toshio Matsushita, Keiko Takano, Kenro Hashimoto, Masahiko Hada, Haruo Hosoya, Hidenori Matsuzawa, Umpei Nagashima, Shinichi Yamabe(範囲:J.Comp.Chem.Jpn, 5(2007), 231-655)
J.Comp.Chem.Jpn, 5(2007), 231-655      2007年      
Nobuaki Koga, Toshio Matsushita, Keiko Takano, Kenro Hashimoto, Masahiko Hada, Haruo Hosoya, Hidenori Matsuzawa, Umpei Nagashima, Shinichi Yamabe, QUANTUM CHEMISTRY LITERATURE DATA BASE II, Bibliography of ab initio calculations for 2005, J.Comp.C...
 
Nobuaki Koga, Toshio Matsushita, Keiko Takano, Kenro Hashimoto, Masahiko Hada, Haruo Hosoya, Hidenori Matsuzawa, Koichi Mogi, Umpei Nagashima, Shinichi Yamabe
J.Comp.Chem.Jpn,4(2005),203-569.      2006年      
Nobuaki Koga, Toshio Matsushita, Keiko Takano, Kenro Hashimoto, Masahiko Hada, Haruo Hosoya, Hidenori Matsuzawa, Koichi Mogi, Umpei Nagashima, Shinichi Yamabe: QUANTUM CHEMISTRY LITERATURE DATA BASE II, Bibliography of ab initio calculations for 2...

講演・口頭発表等

 
 
Decoupled coordinates for accurate molecular vibrational analysis by vibrational self-consistent-field and related methods
橋本健朗   
Taiwan-Japan Workshop on Theoretical Chemistry   2019年12月20日   

担当経験のある科目(授業)

 
 
   
 
化学結合論をモノにする (放送大学(面接授業))
 
   
 
量子化学 (放送大学)
 
   
 
計算で紐解く物質科学・環境科学 (放送大学大学院)
 
   
 
現代を生きるための化学 (放送大学)
 
   
 
量子化学 (首都大学東京)

所属学協会

 
 
   
 
アメリカ化学会
 
   
 
分子科学会
 
   
 
世界理論化学者会議(World Congress of Theory Oriented Chemists)
 
   
 
日本化学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
高次系分子科学科学研究費補助金
 
地球惑星大気科学科学研究費補助金
 
クラスター科学科学研究費補助金
 
Molecular science of supra functional systemsGrant-in-Aid for Scientific Research
 
Theoretical molecular designBasic Science Research Program

社会貢献活動

 
 
【運営参加・支援】
理論化学会 2019年8月 - 現在
 
【講師】
東京大学 2007年 - 2017年
 
【運営参加・支援】
分子科学会 2014年9月 - 2016年9月
 
【運営参加・支援,調査担当】
 2016年5月 - 2016年5月
 
【運営参加・支援】
分子科学会 2015年