研究者業績

研究者リスト >> 滝浦 真人
 

滝浦 真人

 
アバター
研究者氏名滝浦 真人
 
タキウラ マサト
URL
所属放送大学
部署教養学部人間と文化コース/大学院文化科学研究科
職名教授
学位博士(文学)(北海道大学)
J-Global ID200901074660938232

研究キーワード

 
敬語論 ,イン/ポライトネス ,コミュニケーション論 ,語用論

研究分野

 
  • 人文・社会 / 言語学 / 
  • 人文・社会 / 日本語学 / 

学歴

 
 
   
 
東京大学大学院 人文科学研究科 言語学専攻博士課程(中途退学)
 
 
   
 
東京大学大学院 人文科学研究科 言語学専攻修士課程
 
 
   
 
東京大学 教養学部文科Ⅲ類〜文学部 言語学専修課程
 

経歴

 
 
 - 
現在
放送大学 教養学部人間と文化コース/大学院文化科学研究科 教授 
 
 
   
 
麗澤大学 外国語学部/大学院言語教育研究科 助教授〜教授 
 
 
   
 
共立女子短期大学 文科 専任講師〜助教授 
 

書籍等出版物

 
 
滝浦真人
放送大学教育振興会   2021年3月   (ISBN:9784595322532)
 
加藤 重広、澤田 淳 編(担当:分担執筆, 範囲:(滝浦真人)対人語用論)
研究社   2020年3月   (ISBN:9784327378233)
 
加藤 重広、滝浦 真人 編(担当:共編者(共編著 者), 範囲:(滝浦真人)「ポライトネスの原理・原則」と日本語ベネファクティブの敬意漸減)
ひつじ書房   2020年3月   (ISBN:9784894769946)
 
滝浦 真人 編(担当:編集, 範囲:(滝浦真人)第1章 日本語学とは?、第4章 音声・音韻、第12章 敬語(pp. 193-209)、第15章 まとめ)
放送大学教育振興会   2020年3月   (ISBN:9784595321870)
 
滝浦 真人(担当:編集, 範囲:(滝浦真人)第1章 なぜ「新しい言語学」か?、第9章 語用論① ―言外の意味のコミュニケーション―、第10章 語用論② ―意味論から語用論へ―、第11章 日本語の語用論、第15章 心理と社会から見る人間の学)
放送大学教育振興会   2018年      

論文

 
 
滝浦真人   
近藤泰弘、澤田淳編『敬語の文法と語用論』開拓社      2021年12月   [招待有り]
 
椎名美智   滝浦真人   
田中廣明・秦かおり・吉田悦子・山口征孝編『動的語用論の構築へ向けて』開拓社   3    2021年7月   [招待有り]
 
滝浦真人   
日本語学   40(2)    2021年6月   [招待有り]
 
志田原由美子   丁仁京   滝浦真人   
日本文化學報(韓国)   88 273-296   2021年2月   [査読有り]
 
滝浦真人   
Human Linguistics Review   (5) 1-14   2020年12月   [招待有り]

MISC

 
 
滝浦 真人   
『日本語学』(明治書院)   30-14: 115-122    2011年11月   [招待有り]
 
滝浦 真人   
『月刊 言語』(大修館書店)   38-5: 28-31    2009年4月   [招待有り]
 
滝浦 真人   
『文学』(岩波書店)   9-6: 43-50    2008年   [招待有り]
 
滝浦 真人   
『月刊 言語』(大修館書店)      2007年10月   [招待有り]
 
滝浦 真人   
(H16-18年度科研費補助金研究成果報告書、基盤研究(C)(2)、課題番号16520255、研究代表者 滝浦真人)未公刊   195p    2007年3月   

講演・口頭発表等

 
 
[会長就任講演]日本語にイン/ポライトネス研究が必要なわけ―“異議申し立て”としての イン/ポライトネス研究に事寄せて―
滝浦真人   
日本語用論学会大会(2020年度年次大会)   2020年11月28日   
 
問いかけのコミュニケーション機能に関する日韓対照研究
志田原由美子   丁仁京   滝浦真人   
韓国日本文化学会第58回国際学術大会(国際学会)   2020年9月26日   
 
敬語とベネファクティブの近代
滝浦真人   
青山学院大学日本文学会主催 国際シンポジウム 「敬語とは何か —敬語表現の諸相—」   2019年9月28日   
 
遠近と東西の交差点
滝浦真人   
近代英語協会 第36回大会 シンポジウム「近代・英語・ポライトネス ー近代社会で(イン)ポライトに生きることー 」@明治大学中野キャンパス   2019年6月29日   
 
Degradation of honorifics and increase of ‘O-consciousness’ in conversation: What has shifted in the way people communicate? (In a panel: Diachrony of politeness in East Asia in modern times, organized by Masato Takiura and Michi Shiina)
Masato Takiura   
16th International Pragmatics Conference (@Hong Kong)   2019年6月11日   

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
研究期間: 2018年 - 2021年

委員歴

 
2020年4月
 - 
現在
日本語用論学会  会長
 
2017年
 - 
現在
文化審議会  臨時委員(国語分科会)
 
2013年
 - 
現在
日本語用論学会  評議員
 
2012年
 - 
現在
日本言語学会  評議員
 
2016年
 - 
2020年3月
日本語用論学会  編集委員長
 

受賞

 
2006年9月
麗澤大学学長賞
滝浦 真人 
 

所属学協会

 
 
   
 
The International Pragmatics Association
 
   
 
日本語学会
 
   
 
日本語用論学会
 
   
 
日本言語学会
 
   
 
東アジア日本語教育日本文化研究学会

担当経験のある科目(授業)

 
 
   
 
日本語リテラシー演習('18OL) (放送大学オンライン授業科目)
 
   
 
新しい言語学 ―心理と社会から見る人間の学―('18R) (放送大学放送授業科目)
 
   
 
「語用論への誘い」:2016年度2学期@宮城学習センター (放送大学面接授業科目)
 
   
 
異言語との出会い ―言語を通して自他を知る―('17R) (放送大学大学院放送授業科目)
 
   
 
日本語アカデミックライティング('17R) (放送大学放送授業科目)

社会貢献活動

 
 
【出演,コメンテーター,企画】
 2018年3月3日
 
【講師】
 2014年 - 2014年