研究者業績

研究者リスト >> 山田 隆
 

山田 隆

 
アバター
研究者氏名山田 隆
 
ヤマダ タカシ
URLhttp://home.hiroshima-u.ac.jp/mbiotech/ichikou/itikouindex.html
所属放送大学
部署広島学習センター
職名所長
学位大阪大学工学修士(大阪大学), 大阪大学工学博士(大阪大学)
その他の所属広島大学名誉教授

研究キーワード

 
クロレラ葉緑体DNA , クロレラプロトプラスト , グループI自己スプライシングイントロン , レトロトランスポゾン , ウイルスゲノム , クロレラゲノム , キチン・キトサン , ジャンボファージ , 青枯病 , バイオコントロール , バクテリオファージ , 巨大ウイルス , クロレラウイルス

研究分野

 
  • 生物分子科学 / 生物分子科学 / 
  • 農芸化学 / 応用微生物学 / 
  • プロセス工学 / 生物機能・バイオプロセス / 
  • 生物科学 / 分子生物学 / 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
放送大学 広島学習センター 所長
 
2017年3月
 - 
現在
広島大学 大学院先端物質科学研究科 名誉教授
 
2015年4月
 - 
2017年3月
広島大学 大学院先端物質科学研究科 研究科長
 
2001年
   
 
- 広島大学大学院, 先端物質科学研究科 教授
 
1995年
 - 
2001年
 広島大学工学部 教授
 

学歴

 
1975年4月
 - 
1977年3月
大阪大学 大学院工学研究科 発酵工学専攻
 
1971年4月
 - 
1975年3月
大阪大学 工学部 醗酵工学科
 

委員歴

 
2001年
 - 
2004年
日本生物工学会  常任理事
 

受賞

 
2009年9月
日本生物工学会 生物工学功績賞
 
1997年
日本生物工学会斎藤賞
 

論文

 
Systemic method to isolate large bacteriophages for use in biocontrol of a wide range of pathogenic bacteria
Saad, A. et al
J. Biosciences. Bioeng.   127 73-78   2019年   [査読有り]
Xanthomonas citric jumbo phage XacN1bexhibits a wide host range and high competent of tRNA genes.
Scientific Reports   8 4486-1-4486-10   2018年   [査読有り]
Chitin synthesis by Chlorella cells infected by chloroviruses: Enhancement by adopting a slow-growing virus and treatment with aphidicolin
Rakkhumkaew, N. et al.
J. Bioscience and Bioeng.   125 311-315   2018年   [査読有り]
Full genome sequence of a polyvalent bacteriophage infecting strains of Shigella, Salmonella and Escherichia
Arch Virology   163 3207-3210   2018年   [査読有り]
Isolation and characterization of bacteriophages that infect Ralstonia solanacearum in Thailand
Acta Horticulturae   1207 155-162   2018年   [査読有り]

Misc

 
細胞内共生クロレラに感染するウイルス
山田 隆
生物の科学 遺伝   69 20-24   2016年   [依頼有り]
バイオよもやま話:いまどき?いまこそ!プラークアッセイ, -新奇ジャンボファージ取得のためのプラー クアッセイのすゝめ-
川崎 健、山田 隆
生物工学会誌   69 492-495   2016年   [依頼有り]
ファージを利用した青枯病防除技術の開発:巨大ファージRSL1と繊維状ファージRSMsの有効性
山田 隆
化学と生物   88 48-53   2014年
生物間相互作用(共生・寄生)の分子機構解析とバイオテクノロジーへの利用
山田 隆
生物工学会誌   88 48-53   2010年   [依頼有り]
脂質二重膜をもつ大型ウイルス群の系統的単一性太古の起源
山田 隆
蛋白質核酸酵素   52 463-468   2007年

書籍等出版物

 
Bacteriophage of Ralstonia solanacearum
山田 隆 (担当:分担執筆, 範囲:Ralstonia solanacearum)
InTech-Open Access Publisher   2012年   
Bacteriophage Biocontrol:Ralstonia solanacearum
山田 隆 (担当:分担執筆, 範囲:tonia solanacearumR)
Nova Science Publishers, Inc.   2009年   
微細藻類の細胞操作・海洋微細藻類の遺伝子工学
マリンバイオテクノロジー(裳華房)   1991年   
藻類の細胞融合技術
遺伝子組換え実用化技術(]G0003[)(サイエンスフォーラム)   1982年   
Cyanobacteria and Algae/Recombinent Microbes for Industrial and Agricultural Applications
Marcel Dekker. Inc   1994年   

講演・口頭発表等

 
Characterization of bacteriophage H-1 that infect Mesorhizobium huakuii subsp. rengei
Yamada T et al.
Biotechnology for Sustainable Utilization of Biological Resources in the Tropics   2002年   
Two ftsZ genes of Mesorhizobium huakuii
Biotechnology for Sustainable Utilization of Biological Resources in the Tropics   2002年   

所属学協会

 
米国植物病理学会 , 日本農芸化学会 , 日本植物生理学会 , 日本植物病理学会 , キチンキトサン学会 , 日本生物工学会

Works

 
青枯病のバイオコントロール技術開発
山田 隆   その他   2011年
クロレラのゲノム解読
山田 隆   その他   2010年
青枯病菌のジャンボファージ発見
山田 隆   その他   2010年
青枯病菌に感染するバクテリオファージ分離
山田 隆   その他   2007年
耐塩性遺伝子の探索・単離に関する基礎研究
2004年

競争的資金等の研究課題

 
知られざるジャンボファージの世界:農業へのインパクト
日本学術振興会: 科研費基盤研究B
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 山田 隆
バクテリオファージを用いた植物病診断・予防・防除システムの展開
農林水産省: 農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 山田 隆
持続的農作物生産に向けての次世代技術開発:ファージによる青枯病コントロール
日本科学技術振興機構: JST-SICP戦略的国際科学技術推進事業
研究期間: 2012年3月 - 2016年3月    代表者: 山田 隆
ジャンボファージによる青枯病菌の持続的制圧
日本学術振興会: 科研費基盤研究B
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 山田 隆
青枯病の診断・予防・防除システムの実用化
農林水産省: 生研センターイノベーション創出基礎的研究推進事業
研究期間: 2012年4月 - 2013年3月    代表者: 山田 隆

特許

 
公開昭57-181692
クロレラの細胞壁の除去方法
昭56-65449