研究者業績

研究者リスト >> 岡田 光正
 

岡田 光正

 
アバター
研究者氏名岡田 光正
 
オカダ ミツマサ
所属放送大学
部署理事・副学長
職名教授
学位工学博士(東京大学), 工学修士(東京大学)
その他の所属広島大学
J-Global ID200901097063773265

研究キーワード

 
廃棄物処理 ,上下水処理 ,干潟・藻場再生 ,水環境回復 ,生態工学 ,環境化学工学 ,Environmental pollution in general Water pollution Waterworks engineering and water treatment Waste treatment

研究分野

 
  • 環境・農学 / 環境政策、環境配慮型社会 / 
  • 環境・農学 / 環境影響評価 / 
  • 環境・農学 / 環境動態解析 / 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
放送大学 理事・副学長   
 
2014年4月
 - 
2016年3月
放送大学 教育支援センター長   
 
2011年1月
   
 
放送大学教養学部 教授   
 
2001年
 - 
2010年
広島大学大学院工学研究科物質化学システム専攻 教授   
 
2005年5月
 - 
2007年5月
広島大学  理事・副学長 
 

学歴

 
 
 - 
1973年
東京大学 工学研究科 化学工学
 
 
 - 
1973年
東京大学  
 
 
 - 
1971年
東京大学 工学部 化学工学
 
 
 - 
1971年
東京大学  
 

委員歴

 
 
 - 
現在
(社)日本水環境学会  会長 現顧問
 
 
 - 
現在
(社)環境科学会  会長 現顧問
 
 
 - 
現在
(社)廃棄物資源循環学会  評議員
 
 
 - 
現在
日本学術振興会  博士課程教育リーディングプログラム委員会委員
 
 
 - 
現在
日本学術振興会  科学研究費委員会専門委員
 

受賞

 
2014年
環境科学会学会賞
岡田 光正 
 
2009年
日本水環境学会学会賞
岡田 光正 
 
2008年
日本オゾン協会論文賞
岡田 光正 
 
2008年
Honor Award KSEE 30th Anniversary
岡田 光正 
 
2007年
日本水環境学会学術賞
岡田 光正 
 

論文

 
 
中原真哉   平岡喜代典   大道優平   土田孝   小林英明   岡田光正   
水環境学会誌   40(6) 247-2532017年   
 
平岡喜代典   中原真哉   大道優平   小林英明   寺脇利信   岡田光正   
土木学会論文集G(環境)   73(7) III 261-III 2672017年   
 
西尾利哉   西嶋 渉   岡田光正   畑 恭子   白谷栄作   中田喜三郎   
海洋理工学会誌   22 13-382016年   
 
Kenji Sugimoto   Yoichi Nakano   Tetsuji OKUDA   Satoshi NAKAI   Wataru NISHIJIMA   Mitsumasa OKADA   
Journal of Experimental Marine Biology and Ecology   2016年   
 
Satoshi Nakai   Tetsuji Okuda   Wataru Nishijima   Mitsumasa Okada   
CHEMOSPHERE   136(153) 153-1592015年10月   
Ozonation is believed to improve the biodegradability of organic compounds. In the present study, degradation of nonylphenol ethoxylates (NPEOs) was monitored in hybrid treatment systems consisting of ozonation and microbial degradation processes....

MISC

 
 
SH Lee   W Nishijima   CH Lee   M Okada   
WATER RESEARCH   37(19) 4631-46362003年11月   
The accumulation of calcium on biological activated carbon (BAC) and their effects on adsorption of synthetic organic chemicals (SOCs) were studied using BAC, which have been operated for 5 (BAC5.0) and 3.5 (BAC3.5) years in a pilot-scale water pu...
 
SH Lee   W Nishijima   CH Lee   M Okada   
WATER RESEARCH   37(19) 4631-46362003年11月   
The accumulation of calcium on biological activated carbon (BAC) and their effects on adsorption of synthetic organic chemicals (SOCs) were studied using BAC, which have been operated for 5 (BAC5.0) and 3.5 (BAC3.5) years in a pilot-scale water pu...
 
CK Lin   Y Katayama   M Hosomi   A Murakami   M Okada   
WATER RESEARCH   37(12) 2944-29522003年7月   
The characteristics of the bacterial community structure and population dynamics for phosphorus removal in activated sludge were investigated using laboratory-scale sequencing batch reactor (SBR) activated sludge processes fed with four different ...
 
CK Lin   Y Katayama   M Hosomi   A Murakami   M Okada   
WATER RESEARCH   37(12) 2944-29522003年7月   
The characteristics of the bacterial community structure and population dynamics for phosphorus removal in activated sludge were investigated using laboratory-scale sequencing batch reactor (SBR) activated sludge processes fed with four different ...
 
Fahmi   W Nishijima   M Okada   
JOURNAL OF WATER SUPPLY RESEARCH AND TECHNOLOGY-AQUA   52(4) 291-2972003年6月   
The multi-stage ozonation-biological treatment process was evaluated to compare the performance of dissolved organic carbon (DOC) removal from two water sources between the conventional single-stage and the multi-stage ozonation-biological treatme...

書籍等出版物

 
 
放送大学教育振興会      2013年      
 
ぎょうせい      2009年      
 
文教施設協会+科学新聞社      2006年      
 
 
Springer, Berlin      2003年      

所属学協会

 
 
   
 
廃棄物資源循環学会
 
   
 
環境科学会
 
   
 
日本水環境学会