研究者業績

研究者リスト >> 小野里 好邦
 

小野里 好邦

 
アバター
研究者氏名小野里 好邦
 
オノザト ヨシクニ
URLhttp://www.nztl.cs.gunma-u.ac.jp
所属群馬大学
職名教授
学位工学博士, 理学修士(MS), 工学修士

研究キーワード

 
必須項目の入力がありません

研究分野

 
  • 情報学 / 計算機システム・ネットワーク / 
  • 社会・安全システム科学 / 社会システム工学・安全システム / 

経歴

 
1981年
 - 
1983年
電気通信大学 助手
 
1983年
 - 
1986年
電気通信大学 講師
 
1986年
 - 
1992年
電気通信大学 助教授
 
1992年
   
 
- 群馬大学工学部 教授
 

学歴

 
 
 - 
1981年
東北大学 工学研究科 電気及び通信工学専攻
 
 
 - 
1974年
東北大学 工学部 通信工学科
 

委員歴

 
 
   
 
IEEE  SENIOR MEMBER
 
 
   
 
日本オペレーションズリサーチ学会  会員
 
 
   
 
日本シミュレーション学会  会員
 
 
   
 
電子情報通信学会  会員
 
 
   
 
ACM  MEMBER
 

Misc

 
Effect of Mobility on Communication Performance in Overloaded One-Dimensional Cellular Networks
Michihiro Inoue / YOSHIURA NORIAKI / ONOZATO YOSHIKUNI
Second International Conference,ICDCIT2005 Bhubaneswar,India, December 2005 Proceedings,G.Chakraborty(Ed.):ICDCIT2005,LNCS 3816,Springer-Verlag Berlin Heidelberg2005   :82-92    2005年
An Effect of Migration Log Losses on the Searching Costs for Mobile Agents
Ryou Nakanishi / Masayuki Ishii / Shinsuke Kobayashi / ONOZATO YOSHIKUNI / KAWANISHI KENICHI
2005 Hawaii, IEICE and SITA Joint Conference on Information Theory, May 25-27, Hawaii, USA, (The Technical Report of The Proceeding of The Institute of electronics, imformation and communication engineers)   67-71   2005年
Flexible and Effective Multi-step IP Paging Schemes
Hung Tuan Do / ONOZATO YOSHIKUNI
2005 IEEE 62nd Vehicular Technology Conference (VTC2005-Fall), 2J-8(CD-ROM),September 25-28, Dallas, Texas,USA(2005).   2J-8    2005年
Tracking Cost of mobile Agents in Ad Hoc Networks
Ryo Nakanishi / Shota Kawakami / ONOZATO YOSHIKUNI
2006 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications(NOLTA2006)   571-574    2006年
Development and Evaluation of a Working Model for Real-Time Interactive Distance Learning over the Japan Gigabit Network
Rajkumar Deshpande / YOSHIURA NORIAKI / ONOZATO YOSHIKUNI / Prakash Vyavahare
Journal of Computer Society of INDIA,   Vol.36,July-September2006(No.3) 2-7   2006年

書籍等出版物

 
Stuructural Stability in communication networks(分担 : Ed. H. Takagi)
Stochastic Analysis of Computer and Cummunication Systems, Elsevier Science Publishers, B. V.   1990年   

講演・口頭発表等

 
モバイルエージェントの動きを利用した位置登録
電子情報通信学会技術研究報告, Vol.103,No.493,IN2003-143~159,pp.13-18   2003年   
An Analysis of One-dimensional Cellular Networks with Two-way Traffic Considering User Mobility
情報通信ネットワークの新しい性能評価法に関する総合的研究研究会、京都府精華町,1月22日~1月24日,pp.287-295   2001年   
ATMにおけるレートベース,クレジットベース,及びそれらの統合型輻輳制御方式の性能評価
電子情報通信学会技術研究報告,IN2001-34,pp.75-82   2001年   
Effects on Gurad Channels on Channel Reservation for Ahead Cells Scheme in One-dimentional Cellular Networks
日本シミュレーション学会技術研究報告,多次元移動情報通信網自動設計技術研究会,防衛大学校,JSST-MM2001,pp.17-24   2001年   
Multimedia Orthogonal Variable-Spreading- Factor Code Assignment in W-CDMA
電子情報通信学会2001年ソサイエティ大会,東京都調布市,9月18日-9月21日,pp.19-20   2001年   

所属学協会

 
IEEE , 日本オペレーションズリサーチ学会 , 日本シミュレーション学会 , 電子情報通信学会 , ACM , 情報処理学会

Works

 
多対多通信を用いたコンピュータネットワークの性能評価に関する研究
2000年
最適化技法を用いたマルチメディア無線高速通信のための周波数共用技術
2001年
最適化技法を用いたマルチメディア無線高速通信のための周波数供用技術
2002年