研究者業績

研究者リスト >> 吉村 悦郎
 

吉村 悦郎

 
アバター
研究者氏名吉村 悦郎
 
ヨシムラ エツロウ
URL
所属放送大学
部署生活と福祉コース
職名教授
J-Global ID201701008066124322

委員歴

 
2018年4月
 - 
現在
一般財団法人発電設備技術検査協会  環境システム評価委員会委員
 
2018年4月
 - 
現在
立教大学  立教大学ライフサイエンスに係る研究・実験の倫理及び安全委員会委員
 
2016年4月
 - 
現在
日本分析化学会  分析化学実技シリーズ編集委員会委員
 
2012年6月
 - 
現在
文部科学省教育関係共同利用拠点制度審査委員会 委員
 
2016年6月
 - 
2018年3月
文部科学省高等教育局  平成28年度「教育関係共同利用拠点制度」委員会委員
 

論文

 
 
Etsuro Yoshimura   Hicham Kohdr   Satoshi Mori   Robert C. Hider   
BIOMETALS   24(4) 723-727   2011年8月   [査読有り]
The phytosiderophores, mugineic acid (MA) and epi-hydroxymugineic acid (HMA), together with a related compound, nicotianamine (NA), were investigated for their ability to bind Al(III). Potentiometric titration analysis demonstrated that MA and HMA...
 
Junichi Sato   Kouji Takeda   Rika Nishiyama   Toshihiro Watanabe   Mitsuru Abo   Etsuro Yoshimura   Junichi Nakagawa   Akira Abe   Shinji Kawasaki   Youichi Niimura   
BIOMETALS   24(2) 311-321   2011年4月   [査読有り]
We purified free flavin-independent NADPH oxidoreductase from Synechocystis sp. PCC6803 based on NADPH oxidation activity elicited during reduction of t-butyl hydroperoxide in the presence of Fe(III)-EDTA. The N-terminal sequencing of the purified...
 
Shinya Ogawa   Takahiro Yoshidomi   Etsuro Yoshimura   
JOURNAL OF INORGANIC BIOCHEMISTRY   105(1) 111-117   2011年1月   [査読有り]
Phytochelatin (PC) a class of heavy metal binding peptides is synthesized from the tripeptide glutathione (GSH) and/or previously synthesized PC in a reaction mediated by PC synthase (PCS) In the present study the PC production rate catalyzed by r...
 
Tomoo Shirabe   Mariko Omura   Yuko Osaki   Etsuro Yoshimura   
Biological Trace Element Research   138(1-3) 13-21   2010年12月   [査読有り]
Growth of Cyanidioschyzon merolae was inhibited depending on the cadmium(II) concentration in the culture medium. Although a lower level (0.01 mM) of Cd(II) inhibited growth by a factor of 0.5, higher levels (0.1 and 1 mM) induced lag periods of 1...
 
Yuki Imura   Kiichi Sato   Etsuro Yoshimura   
ANALYTICAL CHEMISTRY   82(24) 9983-9988   2010年12月   [査読有り]
Oral medicines and food constituents are absorbed in the intestine and metabolized in the liver, after which they exhibit their activity toward a target tissue. Micromodels of human tissues were developed to mimic these processes and bioactivities...

MISC

 
 
吉村 悦郎   
Bio-protocol   3(23): e990    2013年   
 
吉村 悦郎   
冷凍、84(11)   984-988    2009年   
 
吉村 悦郎   
冷凍   83(4) 29-36    2008年   
 
吉村 悦郎   
冷凍   83(5) 357-363    2008年   
 
吉村 悦郎   
冷凍   83(6) 412-417    2008年   

書籍等出版物

 
 
吉村 悦郎(担当:単著)
(丸善)   2014年3月      
 
吉村 悦郎(担当:単著)
(日本分析化学会編)(オーム社)   2011年10月      
 
吉村 悦郎(担当:単著)
(日本分析化学会編)(丸善)   2011年9月      
 
吉村 悦郎(担当:単著, 範囲:303-316)
Detoxification of Heavy Metals (Springer)   2011年      
 
吉村 悦郎(担当:共著, 範囲:Vol. 40 (Eds. A. Sigel, H. Sigel), pp.161-189, Mercel Dekker)
Metal Ions in Biological System   2010年      

講演・口頭発表等

 
 
りんごの褐変を防ぐ食塩の効果とそのしくみ
吉村 悦郎   
ソルトサイエンス・シンポジウム   2016年10月12日   
 
カドミウムの生物無機化学
吉村 悦郎   
2015年11月9日   日本分析化学会関東支部創立60周年記念会   
 
海洋藻類の鉄応答
吉村 悦郎   
2015年3月4日   海の緑化研究会シンポジウム   
 
食品中の金属
吉村 悦郎   
2014年9月21日   東京大学食の安全センター/神戸大学食の安全・安心科学センター共催フォーラム「日本の食の安全を考える」   
 
海洋藻類の生育における鉄イオンの影響
吉村 悦郎   
2013年3月19日   鉄鋼スラグ新機能フォーラム   

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
研究期間: 2015年 - 2017年
 
食品中の塩味修飾物質の単離と構造解析
2015年度 ソルト・サイエンス研究財団: 
研究期間: 2015年
 
 
研究期間: 2012年 - 2014年
 
水銀の非生物学的還元機構の解明
2014年度 岩谷直治記念財団 岩谷科学技術研究助成: 
研究期間: 2014年

社会貢献活動

 
 
 
【情報提供】
 The Japan Journal 2010年