研究者業績

研究者リスト >> 川原 靖弘
 

川原 靖弘

 
アバター
研究者氏名川原 靖弘
 
カワハラ ヤスヒロ
URL
所属放送大学
部署生活と福祉コース
職名准教授
学位博士(環境学), Ph.D.(東京大学)
その他の所属大学院文化科学研究科 生活健康科学プログラム
J-Global ID201701010148961596

研究キーワード

 
健康工学 ,環境生理学

研究分野

 
  • 社会基盤(土木・建築・防災) / 安全工学 / 
  • 社会基盤(土木・建築・防災) / 社会システム工学 / 
  • 情報通信 / 生命、健康、医療情報学 / 
  • 情報通信 / ヒューマンインタフェース、インタラクション / 

書籍等出版物

 
 
Junichi Suzuki, Yasuhiro Kawahara(担当:共著, 範囲:"Blockchain 3.0: Internet of Value - Human Technology for the Realization of a Society Where the Existence of Exceptional Value is Allowed", pp. 569-577)
2021年4月   
 
川原靖弘, 片桐祥雅 編著
放送大学教育振興会   2020年3月   
 
編集: 中島秀之, 浅田稔, 橋田浩一, 松原仁, 山川宏, 栗原聡, 松尾豊(担当:共著, 範囲:バイタルセンシング)
近代科学社   2019年12月   
 
川原靖弘, 斎藤参郎編著
放送大学教育振興会   2017年   (ISBN:9784595317187)   
 
川原靖弘, 関本義秀編著
放送大学教育振興会   2016年   (ISBN:9784595316166)   

論文

 
 
鈴木 淳一   川原 靖弘   吉田 寛   
電子情報通信学会論文誌D   J99-D(1) 93-96   2016年1月   [査読有り]
(2014年度HCGシンポジウム推薦論文)
 
Guillaume LOPEZ   Yasuhiro KAWAHARA   Yuta SUZUKI   Mikio TAKAHASHI   Hiroki TAKAHASHI   Masanori WADA   
Mechanical Engineering Journal   3(1) 1-12   2016年   [査読有り]
 
Guillaume Lopez   Yuta Suzuki   Yasuhiro Kawahara   Mikio Takahashi   Hiroki Takahashi   
Proc. of the 2015 ASME-ISPS/JSME-IIP Joint Conference on Micromechatronics for Information and Precision Equipment (MIPE 2015)   2015    2015年6月   [査読有り]
 
Junichi Suzuki   Yasuhiro Kawahara   Hiroshi Yoshida   Yosuke Bando   Konosuke Watanabe   Daniel J. Dubois   Nobuhiko Watababe   
Communications in Computer and Information Science   435 59-64   2014年   [査読有り]
Information can be delivered to a target person with maximum efficacy via a specific information transferer. We developed a compass system that established an anonymous method to analogize in-city acquaintances and used location information and ea...
 
Junichi Suzuki   Yasuhiro Kawahara   Hiroshi Yoshida   Nobuhiko Watababe   
2014 4TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON APPLIED SOCIAL SCIENCE (ICASS 2014), PT 1   51 593-599   2014年   [査読有り]
This paper introduces the compass system, a log management system installed at Grand Front Osaka (GFO), where the indoor (location based) social networking service operates as the so-called Social City. It also verifies the effectiveness of the sy...

MISC

 
 
川原靖弘   秋光淳生   岡部洋一   
電子情報通信学会 創立100周年記念特集   100(11) 1203-1208   2017年11月   [招待有り]
 
大塚 衣里菜   志田 優貴   川原 靖弘   鈴木 淳一   磯山 直也   ギヨーム ロペズ   
第78回全国大会講演論文集   2016(1) 275-276   2016年3月   
都市開発の事業者にとって,街の賑わいは事業性を高める重要な要素になることが予想される.特に,商業施設等では,屋内店舗と比べて優先度が低いと考えられる屋外空間において,来訪者の快適感が重要な要素になることが予想される.しかし,人の快適感には,その場所の環境条件以外にも,来訪の目的や同行者の有無等,様々な要因が影響している.そこで本研究では,生体情報から,それぞれの人が快適と感じる屋外空間に誘導することを目的としている.本稿では体表温度、心拍変動などの複数の生体情報とアンケート調査結果より,屋...
 
朝野美穂   南部雅幸   吉田正樹   川原靖弘   
信学技報(信号処理)   Vol.114,No.474,pp.79-82    2015年   

講演・口頭発表等

 
 
Blockchain 3.0: Internet of Value - Human Technology for the Realization of a Society Where the Existence of Exceptional Value is Allowed
Junichi Suzuki   Yasuhiro Kawahara   
the 4th International Conference on Human Interaction and Emerging Technologies (IHIET-AI 2021)   2021年4月   
 
看護倫理学会誌の特徴語から抽出される看護倫理の特性の考察―テキストマイニングを用いて―
平木早紀   川原靖弘   
第37回人間情報学会講演集   2020年12月   
 
頭部PET画像におけるPSF補正とTOFが画質と定量性に与える影響
上川 洋平   川原 靖弘   
HCGシンポジウム2020   2020年12月   
 
敗血症における使用中点検データベースを用いた医療機器の使用状況の分析
森信洋   川原靖弘   関根広介   高倉照彦   
第95回日本医療機器学会大会   2020年9月   
 
路面状況による車椅子操作の身体的負担の違い
薄井俊介   川原靖弘   高野真一   薄井純子   
日本作業療法学会抄録集 54: 1255-1255   2020年   

Works(作品等)

 
 
J.Suzuki   Y.Kawahara   E.Portcarrero   et   a   Ars Electronica Festival ”Post   City”   
2015年

受賞

 
2017年
地理情報システム学会賞(教育部門),生活における地理空間情報の活用
 
2016年
人間情報学会最優秀賞,筋出力にオノマトペが与える影響について
 
2015年
電子情報通信学会, HCGシンポジウム優秀インタラクティヴ発表賞,筋出力におけるオノマトペの影響に対する筋電図を用いた検討
 

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
脳機能解析に基づくセマンティック騒音評価システム
日本学術振興会: 科学研究費補助金(国際A)
川原 靖弘 
研究期間: 2019年4月 - 2022年3月
 
高齢者の運動の動機を向上させる双方向コミュニケーションの評価法の研究開発と検証
日本学術振興会: 科学研究費補助金(基板研究C)
研究分担者 
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月
 
xR実技演習の手法を用いた教育支援システムに関する研究
放送大学教育振興会: 放送大学教育振興会助成金
研究期間: 2019年7月 - 2020年6月
 
実験を伴う研究指導のためのクラウド連携インタフェース利用の実践
放送大学学園学習教育戦略研究所: 研究課題
川原 靖弘 
研究期間: 2019年4月 - 2020年3月
 
極限状態で高次認知機能を維持するための基幹脳活性法の開発と臨床応用
日本学術振興会: 科学研究費補助金(基板研究C)
研究分担者 
研究期間: 2016年 - 2019年3月

委員歴

 
2015年6月
 - 
現在
IEICE TRANSACTIONS on Information and Systems編集委員
 
2014年6月
 - 
現在
電子情報通信学会行動と認知時限研究専門委員会副委員長
 
2012年1月
 - 
現在
電子情報通信学会論文誌ヒューマンコミュニケーション特集号編集委員
 
2009年11月
 - 
現在
人間情報学会理事,編集委員
 
2014年6月
 - 
2016年5月
電子情報通信学会ヒューマンコミュニケーショングループ企画幹事