研究者業績

研究者リスト >> 白鳥 潤一郎
 

白鳥 潤一郎

 
アバター
研究者氏名白鳥 潤一郎
 
シラトリ ジュンイチロウ
URLhttp://jshiratori.hatenablog.com/
所属放送大学 教養学部
部署社会と産業コース
職名准教授
学位博士(法学)(慶應義塾大学)
科研費研究者番号20735740
J-Global ID201201087405779309

プロフィール

1983年、静岡県に生まれる。北海道大学大学院法学研究科講師、立教大学法学部助教などを経て現職。専門は、国際政治学/日本政治外交史。現在は、戦後日本のエネルギー資源外交及び対外政策関係機構の変遷、初期のG7サミット(先進国首脳会議/主要国首脳会議)を中心に研究を進めている。また、ウェブサイト「データベース日本外交史」(https://sites.google.com/view/databasejdh/)を共同運営し、戦後日本に関する各種資料(情報公開法で取得した文書、人事一覧、移管・公開ファイル一覧)を提供している。

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
放送大学 教養学部 社会と産業コース 准教授 
 

学歴

 
2006年4月
 - 
2013年3月
慶應義塾大学 大学院法学研究科 政治学専攻
 
2002年4月
 - 
2006年3月
慶應義塾大学 法学部 政治学科
 

書籍等出版物

 
 
白鳥潤一郎, 高橋和夫(担当:共編者(共編著 者), 範囲:共編者。まえがき/1 世界と日本/2 日本外交の軌跡/4 日本とアメリカ――同盟国の絆と摩擦/6 アジアの中の日本/8 日本とヨーロッパ/10 「援助大国」日本/12 日本の安全保障――変わりゆく自衛隊と日米同盟/14 国際安全保障への参画/15 日本と世界、の執筆を担当)
放送大学教育振興会   2021年3月   (ISBN:9784595322693)
 
宮城 大蔵編(担当:分担執筆, 範囲:第1章 宇野宗佑・海部俊樹・宮澤喜一――経世会に翻弄された宰相たち[13-54頁])
ミネルヴァ書房   2021年3月   
 
藤井 宏昭著, 細谷 雄一, 白鳥 潤一郎, 山本 みずき編(担当:共編者(共編著 者), 範囲:共編者及び解説[317-348頁]執筆)
吉田書店   2020年5月   (ISBN:9784905497868)
 
河野 康子, 村上 友章, 井上 正也, 白鳥 潤一郎(担当:共編者(共編著 者))
千倉書房   2019年10月   (ISBN:9784805111826)   
 
核不拡散体制の成立と安全保障政策の再定義, プロジェクト, 聞き手, 編集を共同担(担当:その他, 範囲:聞き手、編集を共同担当)
政策研究大学院大学   2019年2月      

論文

 
 
白鳥 潤一郎   
国際安全保障   45(4) 68-85   2018年3月   [招待有り]
 
白鳥 潤一郎   
北大法学論集   65(5) 87-136   2015年1月   [査読有り]
 
白鳥 潤一郎   
慶應義塾大学(博士学位論文)   1-215   2013年3月   
 
白鳥 潤一郎   
法学政治学論究   (89) 59-93   2011年6月   [査読有り]
 
白鳥 潤一郎   
国際安全保障   38(4) 106-123   2011年3月   [査読有り]

MISC

 
 
白戸 圭一   白鳥 潤一郎   
Foresight(フォーサイト)      2020年11月   [招待有り]
 
兼原 信克   白鳥 潤一郎   
公研   58(8) 38-58   2020年8月   [招待有り]
 
白鳥 潤一郎   
外交   (54) 136-139   2019年3月   [招待有り]
 
白鳥 潤一郎   
アステイオン   (89) 150-155   2018年11月   [招待有り]
 

講演・口頭発表等

 
 
外交記録公開制度と戦後日本外交史研究の課題
白鳥 潤一郎   
日本国際政治学会 研究大会(分科会A-1「外交記録公開の進化と戦後日本外交史研究(ラウンドテーブル)」)   2018年11月2日   
 
「経済大国」の苦悩――東京サミット(1979年)と日本外交
白鳥 潤一郎   
日本国際政治学会 研究大会(部会3「戦後日本外交史研究の現在」)   2016年10月14日   
 
高度経済成長期における外務省機構改革――「戦後処理』からの脱却と「政策企画」機能強化の模索
白鳥 潤一郎   
日本国際政治学会 研究大会(分科会E-1「日本外交史分科会III 自由論題(戦後)」)   2013年10月27日   
 
資源外交の構図―第一次石油危機前後の日本を中心に
白鳥 潤一郎   
日本比較政治学会 研究大会(分科会A「資源外交の比較政治」)   2011年6月18日   
 
第一次石油危機における日本外交・再考
白鳥 潤一郎   
日本国際政治学会 研究大会(部会1「『経済大国化』と日本外交の新局面」)   2010年10月29日   

所属学協会

 
 
   
 
慶應法学会
 
   
 
国際安全保障学会
 
   
 
日本国際政治学会

担当経験のある科目(授業)

 
2021年4月
 - 
現在
世界の中の日本外交 (放送大学)
2019年4月
 - 
現在
公共政策研究法「政治学・国際政治学研究法」 (放送大学大学院)
2017年10月
 - 
現在
政治学基礎演習 (立教大学)
2017年4月
 - 
現在
東アジア国際関係史研究A・B (二松学舎大学大学院)
2019年4月
 - 
2021年3月
日本政治外交史Ⅰ・Ⅱ (学習院大学)

受賞

 
2016年12月
第38回サントリー学芸賞(政治・経済部門)
白鳥 潤一郎 
 
2016年12月
国際安全保障学会, 第28回最優秀出版奨励賞(佐伯喜一賞)
白鳥 潤一郎 
 
2011年12月
2011年度 国際安全保障学会最優秀新人論文賞
白鳥潤一郎 
 

委員歴

 
2020年9月
 - 
現在
日本国際政治学会  書評小委員会委員
 
2018年5月
 - 
現在
日本国際問題研究所  国際政治史検討会委員
 

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
先進国間協調体制の形成と変容:主要国首脳会議における日本外交、1975-1983
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 若手研究
白鳥 潤一郎 
研究期間: 2019年4月 - 2023年3月
 
戦後体制(レジーム)とは何であったか――「戦後日本」政治経済史の検証
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(A)
松浦 正孝 保城 広至 空井 護 白鳥 潤一郎 中北 浩爾 浅井 良夫 石川 健治 砂原 庸介 満薗 勇 孫 斉庸 河崎 信樹 小島 庸平 小野澤 透 小堀 聡 加藤 聖文 溝口 聡 
研究期間: 2018年4月 - 2023年3月
 
インターネット時代のオーラル・ヒストリー:次世代による基盤整備と刷新
サントリー文化財団: 人文科学、社会科学に関する学際的グループ研究助成
佐藤 信(研究代表者) 白鳥 潤一郎(研究分担者) 
研究期間: 2018年8月 - 2020年7月
 
冷戦期におけるエネルギー資源ガヴァナンスの国際的展開と日本外交
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 若手研究(B)
白鳥 潤一郎 
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月
 
ポスト冷戦期におけるユーラシアの資源問題と境界領域をめぐる新しい国際関係
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
上原 良子 日臺 健雄 白鳥 潤一郎 
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月

研究分野

 
  • 人文・社会 / 国際関係論 / 
  • 人文・社会 / 政治学 /