研究者業績

研究者リスト >> 山田 隆
 

山田 隆

 
アバター
研究者氏名山田 隆
 
ヤマダ タカシ
URLhttp://home.hiroshima-u.ac.jp/mbiotech/ichikou/itikouindex.html
所属The Open University of Japan
部署Hiroshima Study Center
職名Director
学位大阪大学工学修士(大阪大学), 大阪大学工学博士(大阪大学)
その他の所属広島大学名誉教授
J-Global ID200901095549628930

研究キーワード

 
クロレラ葉緑体DNA ,クロレラプロトプラスト ,グループI自己スプライシングイントロン ,レトロトランスポゾン ,ウイルスゲノム ,クロレラゲノム ,キチン・キトサン ,ジャンボファージ ,青枯病 ,バイオコントロール ,バクテリオファージ ,巨大ウイルス ,クロレラウイルス

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 分子生物学 / 
  • ナノテク・材料 / 生物分子化学 / 
  • ライフサイエンス / 応用微生物学 / 
  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / バイオ機能応用、バイオプロセス工学 / 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
放送大学 広島学習センター 所長 
 
2017年3月
 - 
現在
広島大学 大学院先端物質科学研究科 名誉教授 
 
2015年4月
 - 
2017年3月
広島大学 大学院先端物質科学研究科 研究科長 
 
2001年
 - 
2017年
- 広島大学大学院, 先端物質科学研究科 教授   
 
2001年
 - 
2017年
- Graduate School of Advanced Sciences of Matter, Professor   
 

学歴

 
1975年4月
 - 
1977年3月
大阪大学 大学院工学研究科 発酵工学専攻
 
1971年4月
 - 
1975年3月
大阪大学 工学部 醗酵工学科
 

委員歴

 
2013年6月
 - 
2015年5月
日本生物工学会  西日本支部長
 
2004年6月
 - 
2007年5月
日本生物工学会  理事
 
2001年
 - 
2004年
日本生物工学会  常任理事
 

受賞

 
2020年9月
日本生物工学会, 生物工学論文賞
山田隆 
 
2009年9月
日本生物工学会, 生物工学功績賞
山田 隆 
 
1997年
日本生物工学会, 日本生物工学会斎藤賞
山田 隆 
 

論文

 
 
Emmanuelle Neumann   Takeru Kawasaki   Grégory Effantin   Leandro F. Estrozi   Orawan Chatchawankanphanich   Takashi Yamada   Guy Schoehn   
Journal of General Virology   2020年8月   [査読有り]
Jumbo phages are bacteriophages that carry more than 200 kbp of DNA. In this study we characterized two jumbo phages (ΦRSL2 and ΦXacN1) and one semi-jumbo phage (ΦRP13) at the structural level by cryo-electron microscopy. Focusing on their capsids...
 
Alaaeldin Mohamed Saad   Ahmed Mahrous Soliman   Takeru Kawasaki   Makoto Fujie   Hirofumi Nariya   Tadashi Shimamoto   Takashi Yamada   
Journal of bioscience and bioengineering   127(1) 73-782019年1月   [査読有り]
Large phages are characterized by genomes around 200 kbp or more. They can infect wide host ranges of bacteria and maintain long-lasting infection. There is no standard method for selective isolation of large phages. In this study, we developed a ...
 
Alaaeldin Mohamed Saad   Ahmed Askora   Ahmed Mahrous Soliman   Hirofumi Nariya   Takeru Kawasaki   Makoto Fujie   Tadashi Shimamoto   Takashi Yamada   
Archives of Virology   163(11) 3211-32112018年11月   [査読有り]
© 2018, Springer-Verlag GmbH Austria, part of Springer Nature. The original version of this article unfortunately contained a mistake.
 
Alaaeldin Mohamed Saad   Ahmed Askora   Ahmed Mahrous Soliman   Hirofumi Nariya   Takeru Kawasaki   Makoto Fujie   Tadashi Shimamoto   Takashi Yamada   
Archives of virology   163(11) 3207-32102018年11月   [査読有り]
A novel lytic bacteriophage, Escherichia phage EcS1, was isolated from sewage samples collected in Higashi-Hiroshima, Japan. The complete genome sequence of EcS1 was determined using the Illumina Miseq System. The whole genome of EcS1 was found to...
 
Scientific Reports   8 4486-1-4486-102018年   [査読有り]

MISC

 
 
山田 隆   
生物の科学 遺伝   69 20-242016年   [招待有り]
 
 
 
M. Ogawa   T. Kawasaki   M. Fujie   T. Yamada   A. Ahmad   
PHYTOPATHOLOGY   103(6) 105-1052013年6月   [査読有り]
 
H. S. Addy   T. Kawasaki   M. Fujie   T. Yamada   
PHYTOPATHOLOGY   101(6) S2-S22011年6月   

書籍等出版物

 
 
Y. Tasaka, T. Kawasaki, T. Yamada(担当:分担執筆, 範囲:Chapter 11: Filamentous phages affect virulence of the phytopathogen Ralstonia solanacearum)
   2020年6月   
 
山田 隆(担当:分担執筆, 範囲:Ralstonia solanacearum)
InTech-Open Access Publisher      2012年      
 
山田 隆(担当:分担執筆, 範囲:tonia solanacearumR)
Nova Science Publishers, Inc.      2009年      
 
 

講演・口頭発表等

 
 
Characterization of bacteriophage H-1 that infect Mesorhizobium huakuii subsp. rengei
Yamada T   
Biotechnology for Sustainable Utilization of Biological Resources in the Tropics   2002年   
 
Two ftsZ genes of Mesorhizobium huakuii
Biotechnology for Sustainable Utilization of Biological Resources in the Tropics   2002年   

所属学協会

 
 
   
 
米国植物病理学会
 
   
 
キチンキトサン学会
 
   
 
日本植物病理学会
 
   
 
日本植物生理学会
 
   
 
日本農芸化学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
知られざるジャンボファージの世界:農業へのインパクト
日本学術振興会: 科研費基盤研究B
山田 隆 
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月
 
バクテリオファージを用いた植物病診断・予防・防除システムの展開
農林水産省: 農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業
山田 隆 
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月
 
持続的農作物生産に向けての次世代技術開発:ファージによる青枯病コントロール
日本科学技術振興機構: JST-SICP戦略的国際科学技術推進事業
山田 隆 
研究期間: 2012年3月 - 2016年3月
 
ジャンボファージによる青枯病菌の持続的制圧
日本学術振興会: 科研費基盤研究B
山田 隆 
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月
 
青枯病の診断・予防・防除システムの実用化
農林水産省: 生研センターイノベーション創出基礎的研究推進事業
山田 隆 
研究期間: 2012年4月 - 2013年3月

産業財産権