研究者業績

研究者リスト >> 伊東 昌子
 

伊東 昌子

 
アバター
研究者氏名伊東 昌子
 
イトウ マサコ
URL
所属長崎大学
部署病院 放射線部
職名教授
学位医学博士
J-Global ID200901026203198032

研究キーワード

 
骨量計測 ,骨形態画像評価 ,骨粗鬆症 ,bone and mineral ,imaging for bone morphometry ,osteoporosis

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 放射線科学 / 

経歴

 
2004年
   
 
長崎大学病院放射線部 准教授   
 
2004年
   
 
Associate Professor,Radiology Center,Hospital,Nagasaki University   
 

学歴

 
 
 - 
1980年
長崎大学 医学部 医学科
 
 
 - 
1980年
長崎大学  
 

委員歴

 
2009年
   
 
日本骨代謝学会  理事
 
2009年
   
 
Japanese Society of Bone Mineral Metabolism  director
 
2000年
   
 
日本骨形態計測学会  理事
 
2000年
   
 
Japaneese Society of Bone Morphometry  executive Board member
 
1998年
   
 
日本骨粗鬆症学会  評議員
 

受賞

 
2009年
日本骨代謝学会学術集会学術賞
 
2003年
日本骨代謝学会優秀口演演題賞
 
2002年
日本骨粗鬆症学会研究奨励賞
 
2002年
Award in Japanese Society of Bone Morphometry
 
1994年
日本骨形態計測学会賞
 

MISC

 
 
Akiyoshi Hoshino   Tadahiro Iimura   Satoshi Ueha   Sanshiro Hanada   Yutaka Maruoka   Mitsuori Mayahara   Keiko Suzuki   Toshio Imai   Masako Ito   Yoshinobu Manome   Masato Yasuhara   Takaaki Kirino   Akira Yamaguchi   Kouji Matsushima   Kenji Yamamoto   
JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY   285(37) 28826-28837   2010年9月   
Chemokines are characterized by the homing activity of leukocytes to targeted inflammation sites. Recent research indicates that chemokines play more divergent roles in various phases of pathogenesis as well as immune reactions. The chemokine rece...
 
Masako Ito   Teruki Sone   Masao Fukunaga   
JOURNAL OF BONE AND MINERAL METABOLISM   28(3) 334-341   2010年5月   
Dual-energy X-ray absorptiometry-based hip structural analysis was performed to evaluate the effect of a bisphosphonate, minodronic acid hydrate, on the geometry of the proximal femur in Japanese patients with osteoporosis. The subjects were 103 p...
 
Mitsuru Saito   Ayako Shiraishi   Masako Ito   Sadaoki Sakai   Naohiko Hayakawa   Masahiko Mihara   Keishi Marumo   
BONE   46(4) 1170-1179   2010年4月   
Both bone density and quality are important determinants of bone strength. Bone quality is prescribed by matrix characteristic including collagen cross-linking and bone structural characteristics and is important in reinforcement of bone strength....
 
Masako Ito   Norimitsu Wakao   Tetsuro Hida   Yasumoto Matsui   Yasue Abe   Kiyoshi Aoyagi   Masataka Uetani   Atsushi Harada   
BONE   46(2) 453-457   2010年2月   
Two case-control studies were designed to investigate the contribution of the geometry and bone mineral density (BMD) of the proximal femur to bone strength in Japanese elderly women. We also investigated whether clinical CT is useful to assess th...
 
伊東昌子   
BIO Clinica   25(14) 1214-1219   2010年   

書籍等出版物

 
 
医薬ジャーナル社   2012年      
 
 
診断と治療社   2011年      
 
医薬ジャーナル社   2010年      
 

講演・口頭発表等

 
 
画像に基づく骨評価の臨床応用
第85回日本内分泌学会学術総会   2012年   
 
椎体X線写真に基づく椎体骨折の評価方法について
第41回日本脊椎脊髄病学会   2012年   
 
テリパラチドの骨質への作用
大阪骨粗鬆症治療セミナー   2012年   
 
新規ビタミンD3製剤の骨粗鬆症における効果
大村市医師会学術講演会   2012年   
 
一般診療で診る骨粗鬆症
燦燦五五学術講演会   2012年   

所属学協会

 
 
   
 
日本骨粗鬆症学会
 
   
 
国際骨ミネラル学会
 
   
 
日本骨形態計測学会
 
   
 
米国骨代謝学会
 
   
 
日本骨代謝学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
 
 
研究期間: 2000年