言語の選択:

お知らせ

【連絡事項】

成蹊大学専任教員各位

①researchmapメンテナンスのお知らせ
2024年5月29日(水)10:00~15:00
※メンテナンス中は、researchmapにログインできません。
※システム基盤に関するメンテナンスのため、機能の更改はありません。

②Ufinityシステム改修のお知らせ
2024年6月3日(月)~2024年6月4日(火)終日
※メンテナンス中はUfinityにログインできません(researchmapの更新は可能)。
※システム改修に伴い、ページレイアウトやURLが変更されます。詳細は別途お知らせいたします。

③Ufinityにログイン後、「編集」ボタンを押した際に「権限が不正」というエラーメッセージが生じた際は、総合企画課までご連絡ください。

総合企画課:kikaku@jim.seikei.ac.jp
 
»大学ホームページに戻る
»Return to University HOME

※各教員の担当科目については、以下のリンク先にある「教員名」に該当教員の氏名を入力の上、検索してください。
 

研究者業績

現在このブロックに設定情報がありません

 
研究者検索 > 理工学部 教員紹介 

理工学部 教員紹介

研究者リスト >> 丸吉 一暢
 

丸吉 一暢

 
アバター
研究者氏名丸吉 一暢
 
マルヨシ カズノブ
URL
所属成蹊大学
部署理工学部 理工学科
職名准教授
学位博士(理学)(大阪市立大学)
J-Global ID201601019986633886

研究キーワード

 
超対称性 ,超弦理論 ,場の量子論

研究分野

 
  • 自然科学一般 / 素粒子、原子核、宇宙線、宇宙物理にする理論 / 

経歴

 
2020年4月
 - 
現在
成蹊大学 理工学部 共通基礎 准教授 
 
2019年4月
 - 
2020年3月
成蹊大学 理工学部 共通基礎 講師 
 
2016年4月
 - 
2019年3月
成蹊大学 理工学部 共通基礎 助教 
 
2014年9月
 - 
2016年3月
Imperial College London Department of Physics Research Associate 
 
2012年9月
 - 
2014年8月
California Institute of Technology Department of Physics JSPS Postdoctoral Fellow for Research Abroad 
 

委員歴

 
2020年3月
 - 
2022年3月
素粒子論グループ  素粒子論委員
 

論文

 
 
Kazunobu Maruyoshi   Emily Nardoni   Jaewon Song   
Journal of High Energy Physics   2023(9)    2023年9月   [査読有り]
Abstract

We propose a new dual description of four-dimensional \mathcal{N} = 1 SU(N) gauge theory with one adjoint (X) and Nf fundamental matters with a superpotential W = TrXp+1. The dual theory consists of the \m...
 
Kazunobu Maruyoshi   Takuya Okuda   Juan W Pedersen   Ryo Suzuki   Masahito Yamazaki   Yutaka Yoshida   
Journal of Physics A: Mathematical and Theoretical   56(16) 165301-165301   2023年3月   [査読有り]
Abstract

When simulating the time evolution of quantum many-body systems on a digital quantum computer, one faces the challenges of quantum noise and of the Trotter error due to time discretization. For certain spin chains, it is possible to dis...
 
Kazunobu Maruyoshi   Toshihiro Ota   Junya Yagi   
Journal of High Energy Physics   2021(1)    2021年1月   [査読有り]
<title>A<sc>bstract</sc>
</title>We establish a correspondence between a class of Wilson-’t Hooft lines in four-dimensional <inline-formula><alternatives><tex-math> \mathcal{N} </tex-math><mml:math xmlns:mml="http://www.w3.org/1998/Math/MathM...
 
Kazunobu Maruyoshi   Emily Nardoni   Jaewon Song   
Phys. Rev. Lett. 122, 121601 (2019)      2018年6月   [査読有り]
We explore the space of renormalization group flows that originate from<br />
Tex supersymmetric Tex gauge theory with one adjoint and a pair<br />
of fundamental chiral multiplets. By considering all possible relevant<br />
deform...
 
Prarit Agarwal   Kazunobu Maruyoshi   Jaewon Song   
Journal of High Energy Physics   2018(5)    2018年5月   [査読有り]
We find an N= 1 gauge theory that flows to the rank-one N= 2 superconformal field theory with E7 flavor symmetry. We first obtain a Lagrangian description for the R0,N theory, which appears in the S-dual description of the SU(N) gauge theory with ...

MISC

 
 
Satoshi Iso   Hiroshi Itoyama   Kazunobu Maruyoshi   Takahiro Nishinaka   Takeshi Oota   Kazuhiro Sakai   Asato Tsuchiya   Reiji Yoshioka   
   2022年6月
 
Kazunobu Maruyoshi   
Progress of Theoretical and Experimental Physics   2021(12)    2021年12月   [査読有り]
<title>Abstract</title>
We review the relation between half-BPS Wilson–’t Hooft line operators in Tex supersymmetric gauge theories on the twisted space-time Tex and the transfer ma...
 
Kazunobu Maruyoshi   
New Dualities of Supersymmetric Gauge Theories   121-157   2016年   [査読有り][招待有り]
 
伊東 佑人   丸吉 一暢   奥田 拓也   瀧 雅人   
日本物理学会講演概要集   68(1) 4-4   2013年3月
 
糸山 浩司   丸吉 一暢   
日本物理学会講演概要集   61(1) 1-1   2006年3月

書籍等出版物

 
 
2016年   (ISBN:9783319187686)

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
可積分系との関係を用いた超対称理論のディフェクトの探求
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
丸吉 一暢 
研究期間: 2020年4月 - 2023年3月
 
超対称性の低エネルギー拡大現象とそれを用いた超共形場理論の解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
丸吉 一暢 
研究期間: 2017年4月 - 2022年3月
 
拡大超対称性の部分的自発的破れと低エネルギー有効理論の決定
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
丸吉 一暢 
研究期間: 2008年 - 2009年