言語の選択:

お知らせ

【連絡事項】

成蹊大学専任教員各位

①researchmapメンテナンスのお知らせ
2024年5月29日(水)10:00~15:00
※メンテナンス中は、researchmapにログインできません。
※システム基盤に関するメンテナンスのため、機能の更改はありません。

②Ufinityシステム改修のお知らせ
2024年6月3日(月)~2024年6月4日(火)終日
※メンテナンス中はUfinityにログインできません(researchmapの更新は可能)。
※システム改修に伴い、ページレイアウトやURLが変更されます。詳細は別途お知らせいたします。

③Ufinityにログイン後、「編集」ボタンを押した際に「権限が不正」というエラーメッセージが生じた際は、総合企画課までご連絡ください。

総合企画課:kikaku@jim.seikei.ac.jp
 
»大学ホームページに戻る
»Return to University HOME

※各教員の担当科目については、以下のリンク先にある「教員名」に該当教員の氏名を入力の上、検索してください。
 

研究者業績

現在このブロックに設定情報がありません

 
研究者検索 > 理工学部 教員紹介 

理工学部 教員紹介

研究者リスト >> 明石 基洋
 

明石 基洋

 
アバター
研究者氏名明石 基洋
 
アカシ モトヒロ
URLhttps://sites.google.com/view/motohiro-akashi
所属成蹊大学
部署理工学部 理工学科
職名助教
学位博士(バイオサイエンス)(東京農業大学)
J-Global ID201801016026744719

研究キーワード

 
バイオインフォマティクス ,突然変異 ,巨大ウイルス ,進化 ,微生物生態 ,ゲノム解析

研究分野

 
  • ライフサイエンス / ゲノム生物学 / 
  • ライフサイエンス / 進化生物学 / 
  • ライフサイエンス / 遺伝学 / 
  • ライフサイエンス / ウイルス学 / 
  • ライフサイエンス / 生態学、環境学 / 

経歴

 
2022年4月
 - 
現在
成蹊大学 理工学部 理工学科 助教 
 
2021年4月
 - 
2022年3月
東京大学 大学院新領域創成科学研究科 先端生命科学専攻 機能生命科学講座 生命環境適応性解析学分野 岩崎研究室 特任研究員 
 
2018年4月
 - 
2021年3月
東京理科大学 理学部第一部教養学科 武村研究室 PD研究員 
 

学歴

 
2014年4月
 - 
2017年6月
東京農業大学 大学院農学研究科 バイオサイエンス専攻
 
2012年4月
 - 
2014年3月
東京農業大学 大学院農学研究科 バイオサイエンス専攻
 
2008年4月
 - 
2012年3月
東京農業大学 応用生物科学部 バイオサイエンス学科
 

論文

 
 
Motohiro Akashi   Masaharu Takemura   Seiichi Suzuki   
Frontiers in Microbiology   15    2024年5月   [査読有り]
Giant viruses, categorized under Nucleocytoviricota, are believed to exist ubiquitously in natural environments. However, comprehensive reports on isolated giant viruses remain scarce, with limited information available on unrecoverable strains, v...
 
Seiichi Suzuki   Hikaru Ugajin   Motohiro Akashi   Christine D.A.P. Wiyono   Motohiro Ohkura   Akihiro Arakawa   Shoichi Uchihara   
2023 15th Biomedical Engineering International Conference (BMEiCON)      2023年10月   [査読有り]
 
Motohiro Akashi   Ichiro Fujihara   Masaharu Takemura   Mitsuru Furusawa   
Journal of theoretical biology   538 111044-111044   2022年4月   [査読有り]
Organisms consist of several genetic factors differing between species. However, the evolutionary effects of gene interactions on the evolutionary rate, adaptation, and divergence of organisms remain unknown. In a previous study, the 2-dimensional...
 
Akashi M   Takemura M   
Viruses   11(12)    2019年12月   [査読有り]
 
Akashi M   Takemura M   
Microbes and environments      2019年10月   [査読有り]

所属学協会

 
2018年
 - 
現在
日本ウイルス学会
2018年
 - 
現在
微生物生態学会
2012年
 - 
現在
日本進化学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
パンドラウイルスの全ゲノム比較解析で自然宿主の推定を目指す
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
明石 基洋 
研究期間: 2023年4月 - 2025年3月
 
科目間・教科間連携を見据えた分子生物学教材研究を中心とする新しい生物学教育の展開
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
武村 政春 山野井 貴浩 内山 智枝子 倉林 正 深谷 将 明石 基洋 風間 智子 
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月