言語の選択:

お知らせ


成蹊大学専任教員各位

【連絡事項1】
以下の日時にUfinityのメンテナンスを実施いたします。メンテナンス中は、Ufinityの利用(ログイン等)が不可となりますが、予めご了承ください。

 4月22日(木)21:00~22:00
 5月1日(土)
12:30~13:30

【連絡事項2】
Ufinityにログイン後、「編集」ボタンを押した際に「権限が不正」というエラーメッセージが生じた際は、総合企画課までご連絡ください。

総合企画課:kikaku@jim.seikei.ac.jp


 
»大学ホームページに戻る
»Return to University HOME

※各教員の担当科目については、以下のリンク先にある「教員名」に該当教員の氏名を入力の上、検索してください。
 

研究者業績

現在このブロックに設定情報がありません


 
研究者検索 > 経営学部 教員紹介 

経営学部 教員紹介

研究者リスト >> 井上 淳子
 

井上 淳子

 
アバター
研究者氏名井上 淳子
 
イノウエ アツコ
URL
所属成蹊大学
部署経営学部 総合経営学科
職名教授
学位商学修士(早稲田大学)
J-Global ID200901095957679675

研究キーワード

 
消費者心理 ,ブランド戦略 ,消費者行動 ,マーケティング ,commitment ,brand ,relationship

研究分野

 
  • 人文・社会 / 商学 / マーケティング

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
成蹊大学 経済学部 教授 
 
2013年4月
 - 
2017年3月
成蹊大学 経済学部 准教授 
 
2009年4月
 - 
2013年3月
立正大学 経営学部 経営学科  准教授 
 
2009年
 - 
2010年
ワシントン大学ビジネススクール客員研究員   
 
2005年
 - 
2009年
立正大学経営学部 経営学科 専任講師   
 

学歴

 
 
 - 
2005年
早稲田大学 商学研究科 商学
 
 
 - 
2005年
早稲田大学  
 

受賞

 
2014年11月
日本消費者行動研究学会, 研究奨励賞(青木幸弘賞),商品の減少による希少性の 操作が消費者の選好に与える影響
有賀敦紀 井上淳子 
 

論文

 
 
Inoue, A   Ariga, A   
Management Studies   5 458-4702017年   [査読有り]
 
Atsuko Inoue   Atsunori Ariga   
REDISCOVERING THE ESSENTIALITY OF MARKETING   75-752016年   [査読有り]
 
ARIGA, Atsunori   Atsuko INOUE   
Proceedings of International Marketing Trends   2015年1月   [査読有り]
 
井上 淳子   
流通研究   16(2) 97-1172014年   [査読有り]
 
井上 淳子   
日経広告研究所報   (260) 63-762012年12月   [査読有り]

MISC

 
 
斉藤嘉一   INMAN Jeff   井上淳子   清水聰   寺本高   
マーケティング・サイエンス   26(1) 2019年
 
井上淳子   赤松直樹   斉藤嘉一   寺本高   清水聰   
マーケティング・サイエンス   25(1) 2018年
 
井上 淳子   
アドスタディーズ   61(1) 8-132017年9月   [査読有り][招待有り]
 
寺本高   斉藤嘉一   井上淳子   
マーケティング・サイエンス   24(1) 2016年
 
井上 淳子   
日経広告研究所報   50(3) 9-152016年   

書籍等出版物

 
 
井上, 淳子(商学), 石田, 大典
放送大学教育振興会      2021年3月   (ISBN:9784595322709)
 
井上 淳子(担当:編集, 範囲:マーケティング(第7章)、ブランド・マネジメント(第9章))
   2015年      
 
井上 淳子(担当:分担執筆, 範囲:リレーションシップ・マーケティング(第9章))
有斐閣      2015年      
 
 
中央経済社      2009年      

講演・口頭発表等

 
 
福島産農林水産物に対する消費者の忌避的態度と潜在意識
井上淳子   有賀敦紀   石井裕明   
日本商業学会第70回全国研究大会   2020年9月19日   
 
Does decision-making speed depend on non-interactive others?
Atsuko INOUE   Atsunori ARIGA   
The Annual Conference of the Society for Consumer Psychology   2015年2月   
 
Ariga, A., & Inoue, A. (2015.1). How scarce objects attract people: The effects of temporal and social contexts of the scarcity on object value
Atsunori ARIGA   Atsuko INOUE   
The 14th International Marketing Trends Conference   2015年1月   
 
Sampling promotions when launching a new product: The internal and
Atsuko INOUE   
The Global Marketing Conference 2014   2014年7月   
 
他者の存在が消費者の意思決定スピードに与える影響
井上淳子   有賀敦紀   
第48回消費者行動研究カンファレンス   2014年6月   

所属学協会

 
 
   
 
Society for Consumer Psychology
 
   
 
American Marketing Association
 
   
 
Korean Academy of Marketing Science
 
   
 
日本マーケティング・サイエンス学会
 
   
 
日本商業学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
消費者行動における潜在意識と無意識の探求
成蹊大学アジア太平洋研究センター: 
研究期間: 2018年4月 - 2020年3月
 
Gaze-cueingによる潜在的な行動誘導効果の解明と実務的応用手法の確立
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
井上淳子 
研究期間: 2014年4月 - 2016年3月
 
ソーシャルメディア上のオピニオン・リーダーはいかにして作られるか?
公益財団法人 吉田秀雄記念事業財団: 研究助成事業
斉藤嘉一 
研究期間: 2013年4月 - 2015年3月