言語の選択:

お知らせ


成蹊大学専任教員各位

【連絡事項1】
以下の日時にUfinityのメンテナンスを実施いたします。メンテナンス中は、Ufinityの利用(ログイン等)が不可となりますが、予めご了承ください。

 4月22日(木)21:00~22:00
 5月1日(土)
12:30~13:30

【連絡事項2】
Ufinityにログイン後、「編集」ボタンを押した際に「権限が不正」というエラーメッセージが生じた際は、総合企画課までご連絡ください。

総合企画課:kikaku@jim.seikei.ac.jp


 
»大学ホームページに戻る
»Return to University HOME

※各教員の担当科目については、以下のリンク先にある「教員名」に該当教員の氏名を入力の上、検索してください。
 

研究者業績

現在このブロックに設定情報がありません


 
研究者検索 > 経営学部 教員紹介 

経営学部 教員紹介

研究者リスト >> 田原 麗衣
 

田原 麗衣

 
アバター
研究者氏名田原 麗衣
 
タハラ レイ
URL
所属成蹊大学
部署経営学部 総合経営学科
職名専任講師
学位修士(体育学)(筑波大学)
科研費研究者番号50794286
J-Global ID202001015170579520

研究キーワード

 
コンディショニング ,アスリート ,酸化ストレス

研究分野

 
  • ライフサイエンス / スポーツ科学 / 運動生理学
  • ライフサイエンス / スポーツ科学 / スポーツ医学

経歴

 
2020年4月
 - 
現在
成蹊大学 経営学部 総合経営学科 専任講師 
 
2016年5月
 - 
2020年3月
筑波大学 スポーツR&Dコア 研究員 
 

論文

 
 
Ryota Sone   Kai Matsuba   Rei Tahara   Nobuhiko Eda   Keisei Kosaki   Subrina Jesmin   Shumpei Miyakawa   Koichi Watanabe   
Journal of clinical medicine research   11(2) 114-1202019年2月   [査読有り]
 
Kazuhito Watanabe   Masashi Ichinose   Rei Tahara   Takeshi Nishiyasu   
AMERICAN JOURNAL OF PHYSIOLOGY-HEART AND CIRCULATORY PHYSIOLOGY   306(2) H251-H2602014年1月   [査読有り]
We tested the hypotheses that, in humans, changes in cardiac output (CO) and total peripheral vascular resistance (TPR) occurring in response to isometric handgrip exercise vary considerably among individuals and that those individual differences ...

講演・口頭発表等

 
 
指先採血による酸化ストレス度指標に競技特性が与える影響
曽根良太   松葉開   田原麗衣   渡部厚一   宮川俊平   
第30回日本臨床スポーツ医学会学術集会   2019年11月16日   
 
大学女性アスリートにおける月経中の高強度運動と酸化ストレスとの関連
田原麗衣   曽根良太   松葉開   渡部厚一   前田清司   宮川俊平   
第30回日本臨床スポーツ医学会学術集会   2019年11月16日   
 
Functions of the endothelial dilation and the reflex from skeletal muscle in badminton players are different between dominant and non-dominant arms.
Rei Tahara   Kazuhito Watanabe   Masashi Ichinose   Masashi Suita   Seiji Maeda   Takeshi Nishiyasu   
15th International Conference on Environmental Ergonomics   2013年2月13日   
 
バドミントン競技選手における血管内皮機能および反射性循環調節に関する研究-利き腕と非利き腕に着目してー
田原麗衣   渡邊和仁   一之瀬真志   吹田真士   前田清司   西保岳   
第67回 日本体力医学会大会   2012年9月16日   

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
酸化ストレスと運動習慣の関連および酸化ストレスが筋疲労回復に与える影響の解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
宮川 俊平 田原 麗衣 曽根良太 
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月