言語の選択:

お知らせ

【連絡事項】

成蹊大学専任教員各位

①Ufinityシステム改修のお知らせ
2024年6月3日(月)~2024年6月4日(火)終日
※メンテナンス中はUfinityにログインできません(researchmapの更新は可能)。
※システム改修に伴い、ページレイアウトやURLが変更されます。詳細は別途お知らせいたします。

②Ufinityにログイン後、「編集」ボタンを押した際に「権限が不正」というエラーメッセージが生じた際は、総合企画課までご連絡ください。

総合企画課:kikaku@jim.seikei.ac.jp
 
»大学ホームページに戻る
»Return to University HOME

※各教員の担当科目については、以下のリンク先にある「教員名」に該当教員の氏名を入力の上、検索してください。
 

研究者業績

現在このブロックに設定情報がありません

 
研究者検索 > 理工学部 教員紹介 

理工学部 教員紹介

研究者リスト >> 竹囲 年延
 

竹囲 年延

 
アバター
研究者氏名竹囲 年延
 
 
URL
所属成蹊大学
部署理工学部
職名准教授
J-Global ID202301002868381931

研究キーワード

 
触力覚技術 ,フィールドロボティクス

研究分野

 
  • 情報通信 / ロボティクス、知能機械システム / 

受賞

 
2022年7月
日本ロボット学会, Advanced Robotics Excellent Paper Award
 
2020年5月
日本機械学会, ROBOMECH表彰(学術研究分野),微少凹凸のなぞり触感を増幅させるスパイラルコイル
 

論文

 
 
Mitsuhito Ando   Toshinobu Takei   Hiromi Mochiyama   
ROBOMECH JOURNAL   7(1)    2020年3月
In this paper, we propose a wearable tactile sensor for measuring the shape of micro-undulations on a hard surface. The proposed sensor has two layers. The inner one is a thin rubber layer into which a strain gauge is embedded that is formed aroun...
 
Masahiro Inagawa   Toshinobu Takei   Etujiro Imanishi   
2020 IEEE/SICE INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON SYSTEM INTEGRATION (SII)   1394-1399   2020年
This paper presents a method to generate actual motions and its procedure for cooking robot equipped one robotic arm by interpreting Japanese letter recipes posted on general cooking-website for human-cooking. The cooking-recipes obtained from tho...
 
Toshiaki Masaki   Mitsuhito Ando   Toshinobu Takei   Hideo Fujimoto   Hiromi Mochiyama   
2019 2ND IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON SOFT ROBOTICS (ROBOSOFT 2019)   617-622   2019年
In this study, a simulation of a real-time surface undulation detection system based on machine learning techniques was developed. In this system, surface undulations are sensed using a sensor called the "strain-gauge-sandwiched rubber artificial ...
 
Yuga Yamauchi   Toshinobu Takei   Etsujiro Imanishi   
2019 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON INDUSTRIAL TECHNOLOGY (ICIT)   1069-1071   2019年
We propose a method to intuitively give the target traveling route for the snow removal autonomous mobile robot. That is, the user moves with RTK-GNSS of one frequency, and the user registers its trajectory using the smartphone, thereby setting th...
 
Toshinobu Takei   Mitsuhito Ando   Hiromi Mochiyama   
ADVANCED ROBOTICS   32(21) 1122-1134   2018年11月
This paper proposes a wearable haptic sensor for the reconstruction of the surface geometry of an object to be touched. The proposed haptic sensor is a thin rubber artificial skin layer that is formed around the user's finger or other body part an...

MISC

 
 
黒川武   岩松知哉   竹囲年延   野間春生   望山洋   安藤潤人   
日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集(CD-ROM)   2023    2023年
 
遠藤友基   矢木啓介   森善一   竹囲年延   望山洋   
システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集(CD-ROM)   66th    2022年
 
秋田谷たすく   坂本草汰   竹囲年延   津田英一   
日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集(CD-ROM)   2022    2022年
 
吉澤桂一   竹囲年延   
日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集(CD-ROM)   2022    2022年
 
稲川正浩   川辺知人   竹囲年延   
日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集(CD-ROM)   2022    2022年

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
脳波計を使ったなぞり触感を増幅するデバイスの機能評価とその技の解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
竹囲 年延 安藤 潤人 和坂 俊昭 藤本 英雄 
研究期間: 2023年6月 - 2025年3月
 
美術作品と「嗅覚」ーイメージ受容における香りの作用をめぐって
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
出 佳奈子 竹囲 年延 慶野 結香 
研究期間: 2021年7月 - 2024年3月
 
介在型柔軟デバイスを用いた触知覚を増幅させるなぞり指示ナビゲーション
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
竹囲 年延 望山 洋 
研究期間: 2019年4月 - 2023年3月
 
ホイールローダーによるまき出し作業の自律施工システムの開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
今西 悦二郎 竹囲 年延 
研究期間: 2019年4月 - 2022年3月
 
微小面歪み検出のための面状走査型触覚センシングシステムの開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
望山 洋 竹囲 年延 武居 直行 
研究期間: 2019年6月 - 2021年3月