言語の選択:

お知らせ


成蹊大学専任教員各位

Ufinityにログイン後、「編集」ボタンを押した際に「権限が不正」というエラーメッセージが生じた際は、総合企画課までご連絡ください。

総合企画課:kikaku@jim.seikei.ac.jp


 
»大学ホームページに戻る
»Return to University HOME

※各教員の担当科目については、以下のリンク先にある「教員名」に該当教員の氏名を入力の上、検索してください。
 

研究者業績

現在このブロックに設定情報がありません

 
研究者検索 > 文学部 教員紹介 

成蹊大学 文学部

研究者リスト >> 松沼 光泰
 

松沼 光泰

 
アバター
研究者氏名松沼 光泰
 
マツヌマ ミツヤス
URL
所属成蹊大学
部署成蹊大学 文学部 教職課程
職名教授
学位修士(教育学)(早稲田大学), 博士(教育学)(早稲田大学)
その他の所属成蹊大学文学部現代社会学科教授
J-Global ID201101069785184641

プロフィール

慶應義塾大学文学部人間関係学科卒業。専門分野:教育心理学、教授方法、学習者の不十分な知識、ル・バー

研究キーワード

 
学習者の不十分な知識 ,教授方法 ,教育心理学

研究分野

 
  • 人文・社会 / 教育心理学 / 誤概念

経歴

 
 
 - 
2018年3月
国立大学法人 静岡大学 教職センター  准教授 
 
 
 - 
2015年3月
国立大学法人 静岡大学 大学教育センター 専任講師 
 
 
   
 
早稲田大学非常勤講師   
 

学歴

 
 
 - 
2008年3月
早稲田大学 教育学研究科 教育基礎学専攻
 
 
 - 
2008年
早稲田大学  
 
 
   
 
慶應義塾大学  
 

論文

 
 
Mitsuyasu Matsunuma   
JAPANESE JOURNAL OF EDUCATIONAL PSYCHOLOGY   55(3) 414-425   2007年9月   [査読有り]
The present study examined whether instruction using an organization strategy and a learning strategy utilizing a figure in solving problems in the present perfect tense would improve students' learning of that tense. High school students in the 2...

書籍等出版物

 
 
安藤寿康, 鹿毛雅治, 松沼光泰他(担当:共著)
慶應義塾大学出版会   2013年5月      

講演・口頭発表等

 
 
テスト不安とテストパフォーマンスに関する研究―作動記憶システムに着目して―
松沼光泰   
日本心理学会   2003年9月   
 
テストパフォーマンスの規定要因―テスト不安,自己効力感(SSE),特性的自己効力感(GSE)に着目して―
松沼光泰   
日本教育心理学会   2003年8月   

担当経験のある科目(授業)

 
 
   
 
発達と学習 (静岡大学)
 
   
 
生徒指導(進路指導の理論及び方法を含む) (静岡大学)
 
   
 
生徒指導 (静岡大学)
 
   
 
心理学 (静岡大学)
 
   
 
教職実践演習(中・高) (静岡大学)

所属学協会

 
 
   
 
教授学習心理学会
 
   
 
日本心理学会
 
   
 
日本教育心理学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
研究期間: 2009年 - 2013年