言語の選択:

お知らせ

【連絡事項1】
以下の日時にUfinityシステムのメンテナンスを実施いたします。

1)2022
 119() 22:002022年120() 07:00

2)2022
 1月28日(金) 17:00~18:00(予定)
※作業時間は前後する可能性がございます。予めご了承ください。

※上記1)の時間中は、Ufinityへのログイン及び情報の更新は不可となります。(閲覧は可能です。)

※上記2)の時間中は、新規のログインは不可となります。(17時以前にログインを行った場合は、引き続いての利用が可能です。)

ご不便をおかけいたしますが、ご理解の程、どうぞよろしくお願いいたします。


【連絡事項2】

成蹊大学専任教員各位

Ufinityにログイン後、「編集」ボタンを押した際に「権限が不正」というエラーメッセージが生じた際は、総合企画課までご連絡ください。

総合企画課:kikaku@jim.seikei.ac.jp


 
»大学ホームページに戻る
»Return to University HOME

※各教員の担当科目については、以下のリンク先にある「教員名」に該当教員の氏名を入力の上、検索してください。
 

研究者業績

現在このブロックに設定情報がありません

 
研究者検索 > 文学部 教員紹介 

成蹊大学 文学部

研究者リスト >> 松沼 光泰
 

松沼 光泰

 
アバター
研究者氏名松沼 光泰
 
マツヌマ ミツヤス
URL
所属成蹊大学
部署成蹊大学 文学部 教職課程
職名教授
学位修士(教育学)(早稲田大学), 博士(教育学)(早稲田大学)
その他の所属成蹊大学文学部現代社会学科教授
J-Global ID201101069785184641

プロフィール

慶應義塾大学文学部人間関係学科卒業。専門分野:教育心理学、教授方法、学習者の不十分な知識、ル・バー

研究キーワード

 
学習者の不十分な知識 ,教授方法 ,教育心理学

研究分野

 
  • 人文・社会 / 教育心理学 / 誤概念

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
成蹊大学 文学部 教授 
 
 
 - 
2018年3月
国立大学法人 静岡大学 教職センター  准教授 
 
 
 - 
2015年3月
国立大学法人 静岡大学 大学教育センター 専任講師 
 
 
   
 
早稲田大学非常勤講師   
 

学歴

 
 
 - 
2008年3月
早稲田大学 教育学研究科 教育基礎学専攻
 
 
 - 
2008年
早稲田大学  
 
 
   
 
慶應義塾大学  
 

論文

 
 
 
松沼 光泰   
心理学研究   80(1) 9-16   2009年
This study examined why some high achievers on the course final exam were unsuccessful on the proficiency exam in English. We hypothesized that the learning motives and learning behaviors (learning strategy, learning time) had different effects on...
 
松沼 光泰   
教育心理学研究   56(4) 548-559   2008年12月
正確な英文読解や英作文には,andが同じ文法的資格の語句を結ぶ等位接続詞である(以下andの本質)ことを知り,文中のandが何と何を同じ文法的資格で結んでいるかを意識することが不可欠となる。本研究では,高校生を対象として,andの本質を問う独自の評価問題を作成し,学習者のandの知識が不十分であることを明らかにすると伴に,学習者にandの本質を理解させる教授方法を考案しこの効果を検討した。プリテストの結果,学習者は,andの日本語訳は知っているが,andの本質を理解していないことが明らかに...
 
松沼 光泰   
教育心理学研究   55(3) 414-425   2007年9月
本研究では,学校現場で指摘される現在完了形の学習の問題点を踏まえ,教育心理学で得られた知見を生かした授業方法を考案しその効果を検討した。高校1年生の生徒が現在完了について2種類の授業方法で学習した。実験群の授業は,「(1)現在完了の学習内容を教師の側からあらかじめ体制化して教授する」,「(2)現在完了の課題を行う際に,図を用いるという学習方略を教授する」という2点で統制群の授業と異なっていた。また,補足的に,教授した学習方略の遂行と学習方略の有効性及びコストの認知の関連性,介入授業が学習意...
 
松沼 光泰   
教育心理学研究   52(4) 426-436   2004年12月
本研究は, 教育的介入の可能性を模索するために, テスト不安, 自己効力感, 自己調整学習という学習者側の適性変数とテストパフォーマンス(以下テスト成績)との関連性を小学校4年生と算数のテストを対象として検証した。本研究では, テスト不安及び自己効力感を予測する変数として教育的介入が比較的容易だと思われる自己調整学習を想定し, 適性変数とテスト成績との関連性に関するモデルを構成し, 共分散構造分析によって検討した。本研究のモデルは, (1)自己調整学習が, テスト成績に直接影響を及ぼす, ...

書籍等出版物

 
 
安藤寿康, 鹿毛雅治, 松沼光泰他(担当:共著)
慶應義塾大学出版会   2013年5月      

講演・口頭発表等

 
 
英文読解における学習者の不十分な理解に関する研究―英語学習における評価問題の重要性―
松沼光泰   
日本教育心理学会   2010年7月   
 
シンポジウム:教育心理学は英語教育にどのように貢献できるか―教育研究者と中学・高校の英語教員との対話―(話題提供者としてシンポジウムに参加)
小山義徳   鈴木明夫   粟津俊二   松沼光泰   中山誠一   関谷広毅   
日本教育心理学会   2009年9月   
 
英語学習における学習者の不十分な知識に関する研究
松沼光泰   
日本教育心理学会   2009年7月   
 
英語学習における学習者の不十分な知識を修正する教授方法に関する研究
松沼光泰   
日本教育心理学会   2008年10月   
 
教育心理学の知見を生かした授業が自己効力感に及ぼす影響
松沼光泰   
日本教育心理学会   2007年9月   

担当経験のある科目(授業)

 
 
   
 
(中等)発達と学習 (静岡大学)

所属学協会

 
 
   
 
教授学習心理学会
 
   
 
日本心理学会
 
   
 
日本教育心理学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
研究期間: 2009年 - 2013年