言語の選択:

お知らせ

【連絡事項】

成蹊大学専任教員各位

①Ufinityシステム改修のお知らせ
2024年6月3日(月)~2024年6月4日(火)終日
※メンテナンス中はUfinityにログインできません(researchmapの更新は可能)。
※システム改修に伴い、ページレイアウトやURLが変更されます。詳細は別途お知らせいたします。

②Ufinityにログイン後、「編集」ボタンを押した際に「権限が不正」というエラーメッセージが生じた際は、総合企画課までご連絡ください。

総合企画課:kikaku@jim.seikei.ac.jp
 
»大学ホームページに戻る
»Return to University HOME

※各教員の担当科目については、以下のリンク先にある「教員名」に該当教員の氏名を入力の上、検索してください。
 

研究者業績

現在このブロックに設定情報がありません

 
研究者検索 > 法学部 教員紹介 

法学部 教員紹介

研究者リスト >> 八木 敬二
 

八木 敬二

 
アバター
研究者氏名八木 敬二
 
ヤギ ケイジ
URL
所属成蹊大学
部署法学部 法律学科
職名准教授
学位博士(法学)(一橋大学)
J-Global ID202001010199761325

研究キーワード

 
民事訴訟法 ,民事手続法

研究分野

 
  • 人文・社会 / 民事法学 / 

経歴

 
2023年4月
 - 
現在
成蹊大学 法学部 准教授 
 
2020年9月
 - 
2023年3月
成蹊大学 法学部 専任講師 
 
2019年4月
 - 
2020年9月
独立行政法人日本学術振興会  特別研究員(DC2・PD) 
 

学歴

 
2017年4月
 - 
2020年7月
一橋大学 大学院法学研究科 法学・国際関係専攻 博士後期課程
 
2015年4月
 - 
2017年3月
一橋大学 大学院法学研究科 法務専攻 専門職学位課程 (法科大学院)
 
2011年4月
 - 
2015年3月
大阪大学 法学部 法学科
 

論文

 
 
Keiji YAGI   
大澤彩編『消費者紛争解決手段の発展に向けて―実体法・手続法の課題―』   171-181   2024年4月
 
八木敬二   
現代消費者法   (62) 48-55   2024年3月
 
八木敬二   
民事訴訟における証拠収集法制等に関する調査研究報告書   31-47   2024年2月
 
 

講演・口頭発表等

 
 
八木敬二   
民事訴訟法研究会(東京大学)   2021年7月   
 
八木敬二   
成蹊大学未来法学研究所第6回研究会   2020年10月   
 

担当経験のある科目(授業)

 
 
   
 
民事手続法Ⅰ (成蹊大学法学部)
 
   
 
民事手続法Ⅱ (成蹊大学法学部)
 
   
 
民事手続法概論 (一橋大学法学部)
 
   
 
裁判外紛争解決手続 (成蹊大学法学部)
 
   
 
演習Ⅰ~Ⅳ (成蹊大学法学部)

所属学協会

 
 
   
 
仲裁ADR法学会
 
   
 
日本民事訴訟法学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
実体的利益の複層化と民事訴訟法理論
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
八木敬二 
研究期間: 2022年4月 - 2025年3月
 
民事手続のIT化成蹊会学術・教育研究助成
八木敬二 
研究期間: 2022年4月 - 2023年3月
 
研究期間: 2019年4月 - 2021年3月
 
集合的権利保護の必要性に関する一考察末延財団博士課程奨学生
八木敬二 
研究期間: 2018年4月 - 2019年3月
 
消費者裁判手続特例法上の和解の特異性
一橋大学大学院法学研究科特別RA(GFLJ): 
八木敬二 
研究期間: 2017年6月 - 2019年3月