言語の選択:

お知らせ

【連絡事項】

成蹊大学専任教員各位

①Ufinityシステム改修のお知らせ
2024年6月3日(月)~2024年6月4日(火)終日
※メンテナンス中はUfinityにログインできません(researchmapの更新は可能)。
※システム改修に伴い、ページレイアウトやURLが変更されます。詳細は別途お知らせいたします。

②Ufinityにログイン後、「編集」ボタンを押した際に「権限が不正」というエラーメッセージが生じた際は、総合企画課までご連絡ください。

総合企画課:kikaku@jim.seikei.ac.jp
 
»大学ホームページに戻る
»Return to University HOME

※各教員の担当科目については、以下のリンク先にある「教員名」に該当教員の氏名を入力の上、検索してください。
 

研究者業績

現在このブロックに設定情報がありません

 
研究者検索 > 理工学部 教員紹介 

理工学部 教員紹介

研究者リスト >> 戸谷 希一郎
 

戸谷 希一郎

 
アバター
研究者氏名戸谷 希一郎
 
トタニ キイチロウ
URLhttp://www.ml.seikei.ac.jp/totanilab/Totani_Lab/Home.html
所属成蹊大学
部署理工学部 理工学科
職名教授
学位博士(工学)(慶應義塾大学)
J-Global ID201401094820177323

研究キーワード

 
糖鎖 ,合成化学 ,小胞体 ,糖タンパク質品質管理

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 生物有機化学 / 糖鎖生物学
  • ナノテク・材料 / ケミカルバイオロジー / 
  • ナノテク・材料 / 生物分子化学 / 
  • ナノテク・材料 / 生体化学 / 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
成蹊大学 理工学部 教授 
 
2009年4月
 - 
2018年3月
成蹊大学 理工学部 准教授 
 
2008年4月
 - 
2009年3月
成蹊大学 理工学部 専任講師 
 
2005年4月
 - 
2008年3月
(独)理化学研究所 細胞制御化学研究室 JST-CREST 研究員 
 
2002年4月
 - 
2005年3月
(独)理化学研究所 伊藤細胞制御化学研究室 基礎科学特別研究員 
 

学歴

 
1999年4月
 - 
2002年3月
慶應義塾大学大学院 理工学研究科 博士後期過程、応用化学専攻
 
1997年4月
 - 
1999年3月
慶應義塾大学大学院 理工学研究科 博士前期課程、応用化学専攻
 
1993年4月
 - 
1997年3月
慶應義塾大学 理工学部 応用化学科
 

委員歴

 
2020年4月
 - 
現在
東京糖鎖研究会  会長
 
2018年4月
 - 
現在
Trends in Glycoscience and Glycotechnology 誌  編集幹事
 
2010年11月
 - 
現在
東京糖鎖研究会  幹事会員
 
2009年4月
 - 
現在
日本糖質学会  評議員
 

受賞

 
2021年
長瀬科学技術振興財団, 長瀬研究振興賞
戸谷 希一郎 
 
2011年
慶應義塾大学理工学部, 同窓生表彰「矢上賞」
戸谷希一郎 
 
2009年
日本糖質学会, 奨励賞
戸谷希一郎 
 
2008年
東京糖鎖研究会, 奨励賞
戸谷希一郎 
 
2007年
日本化学会, 第21回若い世代の特別講演会 講演
戸谷希一郎 
 

論文

 
 
Mitsuaki Hirose   Yuto Nakamachi   Hasumi Muto   Akito Taira   Shinji Tanaka   Taiki Kuribara   Kiichiro Totani   
Carbohydrate Research      2024年6月
 
Ruchio Usui   Akira Koizumi   Kyohei Nitta   Taiki Kuribara   Kiichiro Totani   
The Journal of Organic Chemistry      2023年10月
 
Shigesaburo Ogawa   Katsuya Iuchi   Taro Tsubomura   Kiichiro Totani   Setsuko Hara   
Journal of oleo science   71(10) 1531-1540   2022年9月
In molecular biology research, a vitamin E (VE) vehicle (VE dissolved in organic solvent) is often added to water media without a stabilizer. However, the detailed behavior of VE colloids in water media is unclear. In this study, we reveal that VE...
 
Taiki Kuribara   Kiichiro Totani   
Biology   11(2) 199-199   2022年1月
Glycoprotein folding plays a critical role in sorting glycoprotein secretion and degradation in the endoplasmic reticulum (ER). Furthermore, relationships between glycoprotein folding and several diseases, such as type 2 diabetes and various neuro...
 
Yuichi Kawanobe   Naoya Kuragaki   Taro Tsubomura   Yasuomi Yamazaki   Taiki Kuribara   Kiichiro Totani   
CHEMISTRYSELECT   7(1)    2022年1月
The stereoselectivity of the 1,2-cis-alpha-glucosylation reaction has been reported to be enhanced by introducing a tert-butyldimethylsilyl (TBS) protecting group into the glucosyl donor. Herein, the origin of this silyl-assist effect was identifi...

MISC

 
 
栗原大輝   児島大河   柴山佳大   武田陽一   戸谷希一郎   
日本化学会春季年会講演予稿集(Web)   102nd    2022年
 
栗原大輝   児島大河   柴山佳大   武田陽一   戸谷希一郎   
日本化学会春季年会講演予稿集(Web)   101st    2021年
 
栗原大輝   柴山佳大   平野真   足立優花   武田陽一   伊藤幸成   戸谷希一郎   
日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM)   100th    2020年
 
栗原大輝   柴山佳大   平野真   足立優花   武田陽一   伊藤幸成   戸谷希一郎   
日本糖質学会年会要旨集   38th    2019年
 
戸谷 希一郎   
Trends in Glycoscience and Glycotechnology   31(181) SJ59-SJ60   2019年   
<p>糖タンパク質品質管理はタンパク質上の高マンノース糖鎖をシグナルとして制御される。著者らは糖鎖プローブを基軸とした解析を通して、本機構が糖鎖認識以外の副次的要因によって相補的に制御されていることを見出した。例えば関連するほとんどの糖鎖認識タンパク質が、基質糖タンパク質のアグリコン状態の違いを識別して、活性を調節していることを明らかにした。また細胞内を模した分子クラウディング環境下において、糖鎖プロセシング行程の上流が加速され下流が減速されることを見出した。さらに肥満や2型糖尿病、骨粗鬆...

書籍等出版物

 
 
岩本将吾, 平野真, 松尾一郎, 戸谷希一郎(担当:分担執筆, 範囲:糖タンパク質品質管理の稼働状況を知る〜化学合成基質による糖鎖プロファイルの再構成〜)
NTS   2015年      
 
Kiichiro Totani, Kin-ichi Tadano, Mike Martin, Kwabena Boysen(担当:分担執筆, 範囲:1,4-Addition of nucleophiles to α,β-unsaturated carbonyl compounds)
Wiley-VCH   2013年3月   (ISBN:3527323791)   
 
武田陽一, 戸谷希一郎, 伊藤幸成(担当:分担執筆, 範囲:高マンノース型糖鎖の合成とバイオロジーへの展開)
羊土社   2013年      
 
戸谷 希一郎(担当:分担執筆, 範囲:N-結合型糖鎖プローブの合成とタンパク質品質管理機構解析への応用)
シーエムシー出版   2009年      
 
Kiichiro Totani, Kin-ichi Tadano(担当:分担執筆, 範囲:Monosaccharides as chiral auxiliaries and ligands for asymmetric synthesis)
Springer- Berlin Heidelberg   2008年      

講演・口頭発表等

 
 
柴正朗樹   岩田昂大   篠田佑樹   平野真   戸谷希一郎   
日本糖質学会年会要旨集   2014年7月23日   
 
戸谷希一郎   平野真   足立優花   伊藤幸成   
日本化学会講演予稿集   2014年3月12日   
 
齋藤信彦   久保佳蓮   平野真   戸谷希一郎   
日本化学会講演予稿集   2014年3月12日   
 
平野真   戸谷希一郎   
日本生化学会大会(Web)   2014年   
 
栗原大輝   平野真   スペンサー   J.ウィリアムズ   戸谷希一郎   
日本生化学会大会(Web)   2014年   

担当経験のある科目(授業)

 
 
   
 
生体分子化学特論 (成蹊大学大学院)
 
   
 
有機化学基礎 (東京工業大学)
 
   
 
有機立体化学 (成蹊大学)
 
   
 
有機反応機構 (成蹊大学)
 
   
 
有機合成化学 (成蹊大学)

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
研究期間: 2022年4月 - 2025年3月
 
小胞体糖就職の統合的ケミカルバイオロジー
文部科学省: 科学研究費補助金 特別推進研究
伊藤 幸成 谷希一郎 
研究期間: 2016年4月 - 2021年3月
 
不良糖タンパク質分解に係る小胞体エンドマンノシダーゼの科学的解析
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
戸谷 希一郎 
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月
 
小胞体エンドマンノシダーゼの発見と糖タンパク質品質管理に対する意義
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
戸谷 希一郎 
研究期間: 2013年 - 2015年
 
糖鎖プロセシング機能に立脚した小胞体ストレス関連疾患の化学的解析
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(A))
戸谷 希一郎 
研究期間: 2011年 - 2013年