言語の選択:

お知らせ

【連絡事項】

成蹊大学専任教員各位

Ufinityにログイン後、「編集」ボタンを押した際に「権限が不正」というエラーメッセージが生じた際は、総合企画課までご連絡ください。

総合企画課:kikaku@jim.seikei.ac.jp


 
»大学ホームページに戻る
»Return to University HOME

※各教員の担当科目については、以下のリンク先にある「教員名」に該当教員の氏名を入力の上、検索してください。
 

研究者業績

現在このブロックに設定情報がありません
 

共通教員紹介

研究者リスト >> 宮下 敦
 

宮下 敦

 
アバター
研究者氏名宮下 敦
 
ミヤシタ アツシ
URLhttp://earthprobe.blue.coocan.jp/
所属成蹊大学
部署教職課程/理工学部
職名教授
学位博士(理学)(岡山理科大学)
J-Global ID201801019050043828

プロフィール

日鉄鉱業株式会社
成蹊中学高等学校教諭
成蹊大学教職課程/理工学部教授

研究キーワード

 
科学史 ,鉱床学 ,岩石学 ,地質学 ,理科教育学

研究分野

 
  • 人文・社会 / 科学社会学、科学技術史 / 地質学
  • 自然科学一般 / 固体地球科学 / 地質学, 岩石学,鉱床学
  • 人文・社会 / 科学教育 / 理科教育学

論文

 
 
宮下 敦   山崎 悠   
気象研究ノート   245 39-44   2022年7月   [査読有り]
 
宮下 敦   テレース・カールソン   
下仁田町自然史館研究報告   6 27-35   2021年3月   [査読有り]
 
Shota Matsunaga   Tatsuki Tsujimori   Atsushi Miyashita   Shogo Aoki   Kazumasa Aoki   Daniel Pastor-Galan   Keewook Yi   
LITHOS   380    2021年1月   [査読有り]
The Kitomyo Schist from Kurosegawa Belt, Shikoku, has been long considered as the oldest records of subduction metamorphism in Japan, based on an early 1970s K-Ar dating of white mica. The schist consists of mafic and pelitic layers and occurs as ...
 
宮下 敦   
下仁田町自然史館研究報告   5 1-9   2020年3月   [査読有り]
 
宮下 敦,八木公史,板谷徹丸   
地質学雑誌   126(2) 85-93   2020年2月   [査読有り]
<p>東北日本の東縁に沿って分布する母体-松ヶ平帯中の古生代の年代を示す山上変成岩類は,高変成度の山上変成岩Ⅰと低変成度の山上変成岩Ⅱに区分されている.このうち,山上変成岩Ⅰは主に泥質片岩と角閃岩からなる.泥質片岩中のルチルにパラゴナイトが含まれることや変成鉱物の組成領域の検討から,山上変成岩Ⅰは蓮華帯の高変成度岩類と同等の低温高圧型変成作用を受けていると推定される.また,泥質片岩と角閃岩中のフェンジャイトK-Ar年代は322-287Maを示し,蓮華帯変成岩類と一致する.変成作用の特徴とフ...

MISC

 
 
宮下 敦   
天文教育   30(2) 16-25   2018年3月   
 
宮下 敦   
教職課程年報   (28) 46-53   2018年
 
小田 宏信   財城 真寿美   宮下 敦   倉茂 好匡   三上 岳彦   池上 敦子   
成蹊大学理工学研究報告   53(1) 55-68   2016年6月   
 
鈴木 智幸   鈴木 裕子   鴨川 仁   宮下 敦   
東京学芸大学紀要. 自然科学系   66 33-38   2014年9月   
 
宮下 敦   
地球科学   68(3) 121-126   2014年   

講演・口頭発表等

 
 
宮下 敦, 村上浩康   
資源地質学会第71回年会講演会   2022年7月1日   
 
 
宮下 敦   
NPO法人富士山測候所を活用する会第12回成果報告会   2019年3月16日   
 
宮下 敦   村上 浩康   葛原 弘毅   鞠子 正   
日本地質学会学術大会講演要旨   2016年   
 
鈴木 智幸   鴨川 仁   鈴木 裕子   宮下 敦   早川 正士   
大会講演予講集   2013年