言語の選択:

お知らせ

【連絡事項】

成蹊大学専任教員各位

Ufinityにログイン後、「編集」ボタンを押した際に「権限が不正」というエラーメッセージが生じた際は、総合企画課までご連絡ください。

総合企画課:kikaku@jim.seikei.ac.jp


 
»大学ホームページに戻る
»Return to University HOME

※各教員の担当科目については、以下のリンク先にある「教員名」に該当教員の氏名を入力の上、検索してください。
 

研究者業績

現在このブロックに設定情報がありません


 
研究者検索 > 経済学部 教員紹介 

経済学部 教員紹介

研究者リスト >> 松本 貴典
 

松本 貴典

 
アバター
研究者氏名松本 貴典
 
マツモト タカノリ
URLhttp://sun.econ.seikei.ac.jp/~matumoto/index.html
所属成蹊大学
部署経済学部 現代経済学科
職名教授
学位商学修士(同志社大学), 博士(経済学)(大阪大学)
J-Global ID200901044750187779

研究キーワード

 
日本経済論 ,日本経営史 ,数量経済史 ,日本経済史 ,Economic Statistics ,Japanese Economy ,Japanese Economic history

研究分野

 
  • 人文・社会 / 経済史 / 
  • 人文・社会 / 経済政策 / 
  • 人文・社会 / 経済政策 / 
  • 人文・社会 / 経済政策 / 
  • 人文・社会 / 経済政策 / 

経歴

 
1993年
 - 
1998年
Associate Professor, Faculty of Economics,   
 
1993年
 - 
1998年
成蹊大学経済学部助教授   
 
1998年
   
 
- Professor, Faculty of Economics,   
 
1998年
   
 
- 成蹊大学経済学部教授   
 
1990年
 - 
1993年
Lecturer, Faculty of Economics,   
 

学歴

 
 
 - 
1989年
大阪大学 経済学研究科 経済学
 
 
 - 
1989年
大阪大学  
 
 
 - 
1985年
同志社大学 商学部 商学
 
 
 - 
1985年
同志社大学  
 

委員歴

 
2005年
   
 
社会経済史学会  幹事
 
2000年
 - 
2004年
経営史学会  評議員
 

MISC

 
 
Takanori Matsumoto   
The Role of Tradition in Japan's Industrialization: Another Path to Industrialization   45-71   2006年5月   
This chapter assesses the quantitative position of 'traditional' industries in the economy. Traditional industry - which accounted for the largest number of gainfully occupied workers - developed steadily in the modern era and continued to provide...
 
『同志社商学』   第56巻5・6号、83-100頁    2005年   
 
『大阪大学経済学』   第54巻第3号、193-218頁    2004年   
 
松本貴典編著『生産と流通の近代像――100年前の日本――』(日本評論社より刊行)   469頁-483頁    2004年   
 
松本貴典編著『生産と流通の近代像――100年前の日本――』(日本評論社より刊行)   421頁-468頁    2004年   

書籍等出版物

 
 
昭和堂   1989年      

所属学協会

 
 
   
 
企業家研究フォーラム
 
   
 
市場史研究会
 
   
 
社会経済史学会
 
   
 
経営史学会
 
   
 
Forum for Entrepreneurial Studies

教育内容やその他の工夫

 
日本経済史A
2019年4月1日 - 2019年7月31日
日本は、後進国から先進国にまで、どのような軌跡を描いて経済発展を遂げてきたのだろうか。そして、これから先、日本はどういった進路を採るべきなのだろうか。「歴史に学び、歴史の理解をもって未来を解く鍵にする」ことによって、日本経済の過去と現在と未来を考えていこうというのが、本講義のテーマである。本講義では、江戸時代における日本経済の動向から第一次世界大戦期までの日本経済の発展過程を、最新の学会の成果をふんだんに取り入れつつ講義する。