言語の選択:

お知らせ

【連絡事項】

成蹊大学専任教員各位

Ufinityにログイン後、「編集」ボタンを押した際に「権限が不正」というエラーメッセージが生じた際は、総合企画課までご連絡ください。

総合企画課:kikaku@jim.seikei.ac.jp


 
»大学ホームページに戻る
»Return to University HOME

※各教員の担当科目については、以下のリンク先にある「教員名」に該当教員の氏名を入力の上、検索してください。
 

研究者業績

現在このブロックに設定情報がありません

 
研究者検索 > 理工学部 教員紹介 

理工学部 教員紹介

研究者リスト >> 近 匡
 

近 匡

 
アバター
研究者氏名近 匡
 
コン タダシ
URLhttp://www.ml.seikei.ac.jp/SUURI/
所属成蹊大学
部署理工学部 理工学科
職名教授
学位博士(理学)(立教大学)
J-Global ID200901098938808684

研究キーワード

 
トップクォーク ,超対称性 ,素粒子 ,高エネルギー実験 ,スカラートップ ,ヒッグス粒子 ,超対称性理論 ,電子・陽子衝突 ,HERA ,素粒子の標準模型 ,ファインマン振幅 ,標準模型 ,電弱理論での輻射補正 ,R-parity breaking ,自動計算システム ,Boson-gluon fusion ,自動計算 ,超対称性粒子 ,超対称性模型 ,高次補正 ,QCDパートンシャワー ,LC実験 ,輻射補正 ,ニュートリノ ,GZKニュートリノ ,深非弾性散乱 ,Electromagnetic radiative Corrections ,ファインマン振幅の自動計算 ,振動論 ,Supersymmetry ,素粒子物理学 ,elementary particle physics

研究分野

 
  • 自然科学一般 / 素粒子、原子核、宇宙線、宇宙物理にする理論 / 

経歴

 
2005年4月
 - 
現在
成蹊大学 理工学部 教授 
 
2003年
 - 
2005年
成蹊大学 工学部 教授 
 
1999年
 - 
2003年
成蹊大学工学部 助教授   
 
1999年
 - 
2003年
成蹊大学 工学部  
 
1998年
 - 
1999年
成蹊大学工学部 講師   
 

学歴

 
 
 - 
1988年
立教大学 理学研究科 原子物理学
 
 
 - 
1988年
立教大学  
 
 
 - 
1981年
立教大学 理学部 物理
 
 
 - 
1981年
立教大学  
 

論文

 
 
國府田優作   近 匡   
理工学研究報告   51(2) 1-7   2014年12月   [査読有り]
We investigate the top quark pair production at the next electron-positron linear colliders in the framework of the minimal supersymmetric standard model (MSSM). Typical two parameter sets (scenarios), which are consistent with all experimental co...

MISC

 
 
Fujimoto Junpei   Ishikawa Tadashi   Jimbo Masato   Kaneko Toshiaki   Kon Tadashi   Kuroda Masaaki   
   2004年2月   
We have developed the system for the automatic computation of cross-sections,<br />
{\tt GRACE/SUSY}, including the one-loop calculations for processes of the<br />
minimal supersymmetric extension of the the standard model. For an application,<br...
 
Tadashi Kon   Jun-ichi Kamoshita   Tetsuro Kobayashi   Shoichi Kitamura   Yoshimasa Kurihara   
   2002年3月   
We investigate a single scalar neutrino production at the upgraded HERA with<br />
high luminosity in the framework of an R-parityviolating supersymmetric model.<br />
We find that the scalar neutrino with mass around 100GeV could be observed<br /...
 
T Kon   
NUCLEAR INSTRUMENTS & METHODS IN PHYSICS RESEARCH SECTION A-ACCELERATORS SPECTROMETERS DETECTORS AND ASSOCIATED EQUIPMENT   472(1-2) 239-242   2001年10月   
We consider an R-parity breaking SUSY model in which a heavy scalar electron decays into the top quark. As the e gamma colliders could be the most suitable device for us to search for heavy selectrons, it is worth studying such an exotic signature...
 
Shoichi Kitamura   Tadashi Kon   Tetsuro Kobayashi   
Modern Physics Letters A   16(14) 947-955   2001年5月   
From the point of view of the R-parity breaking supersymmetric model, we propose a scalar top (stop) search with longitudinally polarized electron (eL-) and positron (eR+) beams which will soon be available at the upgraded HERA. Fully polarized e-...
 
S Kitamura   T Kon   T Kobayashi   
MODERN PHYSICS LETTERS A   16(14) 947-955   2001年5月   
From the point of view of the R-parity breaking supersymmetric model, we propose a scalar top (stop) search with longitudinally polarized electron (e(L)(-)) and positron (e(R)(+)) beams which will soon be available at the upgraded HERA. Fully pola...

書籍等出版物

 
 
小林 テツロウ, 近 匡(担当:共訳)
丸善   1996年3月   (ISBN:4621041568)   
 
小林 テツロウ, 近 匡(担当:共訳)
丸善   1996年1月   (ISBN:4621041185)   

所属学協会

 
 
   
 
日本物理学会