言語の選択:

お知らせ

【連絡事項】

成蹊大学専任教員各位

Ufinityにログイン後、「編集」ボタンを押した際に「権限が不正」というエラーメッセージが生じた際は、総合企画課までご連絡ください。

総合企画課:kikaku@jim.seikei.ac.jp


 
»大学ホームページに戻る
»Return to University HOME

※各教員の担当科目については、以下のリンク先にある「教員名」に該当教員の氏名を入力の上、検索してください。
 

研究者業績

現在このブロックに設定情報がありません

 
研究者検索 > 理工学部 教員紹介 

理工学部 教員紹介

研究者リスト >> 松田 源立
 

松田 源立

 
アバター
研究者氏名松田 源立
 
マツダ ヨシタツ
URLhttps://sites.google.com/site/yoshitatsumatsuda/
所属成蹊大学
部署理工学部 理工学科
職名准教授
学位博士(学術)(東京大学)
科研費研究者番号40433700
J-Global ID200901053855347169

研究キーワード

 
信号処理 ,人工知能 ,数理統計学 ,独立成分分析 ,機械学習

研究分野

 
  • 情報通信 / 統計科学 / 
  • 情報通信 / 知能情報学 / 
  • 情報通信 / ヒューマンインタフェース、インタラクション / 
  • 情報通信 / データベース / 

論文

 
 
Yoshitatsu Matsuda   Kazunori Yamaguchi   
2016 INTERNATIONAL JOINT CONFERENCE ON NEURAL NETWORKS (IJCNN)   2382-2389   2016年   [査読有り]
In this paper, we propose an objective function of ICA with adaptive estimation of the kurtoses of sources. It is derived by applying the Gaussian approximation to the distribution of sources in the second-order polynomial feature space. This obje...
 
Yoshitatsu Matsuda   Kazunori Yamaguchi   Ken-ichiro Nishioka   
IEICE TRANSACTIONS ON INFORMATION AND SYSTEMS   E98D(9) 1675-1682   2015年9月   [査読有り]
In this paper, a new approach is proposed for extracting the spatio-temporal patterns from a location-based social networking system (SNS) such as Foursquare. The proposed approach consists of the following procedures. First, the spatio-temporal b...
 
Takayuki Sekiya   Yoshitatsu Matsuda   Kazunori Yamaguchi   
ACM International Conference Proceeding Series   16-20- 330-339   2015年3月   [査読有り]
The curricula higher educational institutions offer is a key asset in enabling them to systematically educate their students. We have been developing a curriculum analysis method that can help to find out differences among curricula. On the basis ...
 
Yoshitatsu Matsuda   Kazunori Yamaguchi   
NEURAL INFORMATION PROCESSING, PT III   9491 164-171   2015年   [査読有り]
In this paper, a new objective function of ICA is proposed by a probabilistic approach to the quadratic terms. Many previous ICA methods are sensitive to the sign of kurtosis of source (sub-or super-Gaussian), where the change of the sign often ca...
 
Ken-ichiro Nishioka   Yoshitatsu Matsuda   Kazunori Yamaguchi   
2015 INTERNATIONAL JOINT CONFERENCE ON NEURAL NETWORKS (IJCNN)      2015年   [査読有り]
In this paper, a new approach is proposed for extracting localized spatio-temporal patterns from Foursquare, which is a location-based social networking system (SNS). Previously, we have proposed a method estimating the probabilistic distribution ...

MISC

 
 
堺田, 寛一朗   川又, 泰介   松田, 源立   
第84回全国大会講演論文集   2022(1) 403-404   2022年2月
 
松澤, 拓海   川又, 泰介   松田, 源立   
第84回全国大会講演論文集   2022(1) 749-750   2022年2月
 
小林, 雅治   川又, 泰介   松田, 源立   
第83回全国大会講演論文集   2021(1) 311-312   2021年3月
 
松田源立   照屋唯紀   柏原賢二   
ポスターセッション in 第22回情報論的学習理論ワークショップ (IBIS 2019)      2019年11月   
 
三上大智   芳澤信哉   藤本悠   林泰弘   松田源立   
電気学会電力・エネルギー部門大会論文集(CD-ROM)   2018 ROMBUNNO.P56   2018年8月   

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
独立成分分析とスパースな多層構造に基づく特徴抽出アルゴリズムの構築
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
松田 源立 
研究期間: 2021年4月 - 2024年3月
 
格子篩と格子点列挙を組み合わせた高速な格子基底簡約アルゴリズムの構築
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
照屋 唯紀 松田 源立 池上 努 柏原 賢二 
研究期間: 2020年4月 - 2023年3月
 
元テキストの論理構造を適切に反映した議論グラフの作成手法の構築
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
山口 和紀 松田 源立 
研究期間: 2020年4月 - 2023年3月
 
自動収集した大量のシラバス情報を用いたカリキュラムの定量的分析とその応用
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
関谷 貴之 松田 源立 山口 和紀 
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月
 
少数の観測信号にも適用可能な頑健性の高い独立成分分析手法の開発と応用
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 若手研究(B)
松田 源立 
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月