言語の選択:

お知らせ

【連絡事項】

成蹊大学専任教員各位

Ufinityにログイン後、「編集」ボタンを押した際に「権限が不正」というエラーメッセージが生じた際は、総合企画課までご連絡ください。

総合企画課:kikaku@jim.seikei.ac.jp


 
»大学ホームページに戻る
»Return to University HOME

※各教員の担当科目については、以下のリンク先にある「教員名」に該当教員の氏名を入力の上、検索してください。
 

研究者業績

現在このブロックに設定情報がありません

 
研究者検索 > 理工学部 教員紹介 

理工学部 教員紹介

研究者リスト >> 鎌村 星平
 

鎌村 星平

 
アバター
研究者氏名鎌村 星平
 
カマムラ ショウヘイ
URL
所属成蹊大学
部署理工学部 理工学科
職名准教授
学位博士(国際情報通信学)(早稲田大学)
科研費研究者番号80604199
J-Global ID202101015120487753

研究キーワード

 
ルーティング ,トラヒック制御 ,通信ネットワーク

研究分野

 
  • 情報通信 / 情報ネットワーク / 

経歴

 
2021年9月
 - 
現在
成蹊大学 理工学部 情報科学科 准教授 
 
2020年8月
 - 
2021年9月
日本電信電話(株) ネットワークサービスシステム研究所 主任研究員 
 
2017年8月
 - 
2020年7月
NTTコミュニケーションズ(株)  担当課長 
 
2017年7月
 - 
2017年7月
日本電信電話(株) ネットワークサービスシステム研究所 主任研究員 
 
2014年7月
 - 
2017年6月
日本電信電話(株) ネットーワークサービスシステム研究所 研究主任 
 

学歴

 
2011年4月
 - 
2013年3月
早稲田大学 大学院国際情報通信研究科 博士課程 
 
2004年4月
 - 
2006年3月
早稲田大学 大学院国際情報通信研究科 修士課程 
 
2000年4月
 - 
2004年3月
早稲田大学 理工学部 電子情報通信学科
 

委員歴

 
2024年3月
 - 
現在
IEEE Global Communications Conference (GLOBECOM 2024) CQRM Technical Program Committee Member
 
2024年3月
 - 
現在
IEEE Global Communications Conference (GLOBECOM 2024) NGNI Technical Program Committee Member
 
2024年3月
 - 
現在
The 20th International Conference on IP/IoT_&_Processing + Optical Network (iPOP2024) Technical Program Committee Member
 
2023年11月
 - 
現在
2024 The 5th International Conference on Computer Communication and the Internet (ICCCI 2024) Technical Program Committee Member
 
2023年7月
 - 
現在
IEEE International Conference on Communications (ICC 2024) CQRM Technical Program Committee Member
 

受賞

 
2017年9月
電子情報通信学会, 活動功労賞
 
2017年3月
電気通信普及財団, 第32回電気通信普及財団賞(テレコムシステム技術賞)
 
2014年5月
IEEE ICC 2014, Best Paper Award
 
2010年3月
電子情報通信学会 情報通信マネジメント研究会, 英語セッション奨励賞
 
2010年3月
電子情報通信学会, 学術奨励賞
 

論文

 
 
Yuichi Ohsita   Takashi Miyamura   Shin’ichi Arakawa   Shohei Kamamura   Daisaku Shimazaki   Kohei Shiomoto   Atsushi Hiramatsu   Masayuki Murata   
Computer Networks   76 242-258   2015年1月   [査読有り]
One approach to accommodate a large and time-varying traffic is dynamical routing reconfiguration based on the traffic matrix (TM), which is obtained by monitoring the amounts of traffic between all node pairs. However, it is difficult to monitor ...
 
Shohei Kamamura   Daisaku Shimazaki   Kouichi Genda   Koji Sasayama   Yoshihiko Uematsu   
E98-B(1) 171-179   2015年1月   [査読有り]
 
Shohei Kamamura   Daisaku Shimazaki   Yoshihiko Uematsu   Kouichi Genda   Koji Sasayama   
IEEE International Conference on Communications (ICC 2014)   1308-1313   2014年6月   [査読有り]
 
Shohei Kamamura   Daisaku Shimazaki   Hiroki Mori   Koji Sasayama   Yuki Koizumi   Shin’ichi Arakawa   Masayuki Murata   
OSA/IEEE Optical Fiber Communications (OFC2014)   1-3   2014年3月   [査読有り]
 
Takashi Miyamura   Daisaku Shimazaki   Shin’ichi Arakawa   Yuki Koizumi   Shohei Kamamura   Koji Sasayama   Kohei Shiomoto   Masayuki Murata   
OSA European Conference and Exhibition on Optical Communication (ECOC 2013)   1-3   2013年9月   [査読有り]

MISC

 
 
萩 幸尚   鎌村星平   橘 拓至   
電子情報通信学会技術研究報告, RISING2023-16      2023年10月
 
鎌村星平   武田祐哉   武井勇樹   西口雅人   林裕平   藤原貴之   
電子情報通信学会技術研究報告, NS2023-9   44-49   2023年4月
 
鎌村星平   武井勇樹   西口雅人   林 裕平   藤原貴之   
電子情報通信学会総合大会, B-6-3      2023年3月
 
萩 幸尚   林 裕平   鎌村星平   橘 拓至   
電子情報通信学会技術研究報告, NS2022-106   35-40   2022年11月
 
横野智紀   林 裕平   鎌村星平   橘 拓至   
電子情報通信学会技術研究報告, RISING2021-31      2022年10月

所属学協会

 
 
   
 
情報処理学会
 
   
 
IEEE
 
   
 
電子情報通信学会

産業財産権

 
 
廣橋美紀   鎌村星平   田中一也   安部充   外山篤史   藤井憲作   
 
 
 
外山篤史   廣橋美紀   田中一也   安部充   鎌村星平   藤井憲作   
 
田中一也   鎌村星平   廣橋美紀   安部充   外山篤史   藤井憲作