言語の選択:

お知らせ

【連絡事項】

成蹊大学専任教員各位

Ufinityにログイン後、「編集」ボタンを押した際に「権限が不正」というエラーメッセージが生じた際は、総合企画課までご連絡ください。

総合企画課:kikaku@jim.seikei.ac.jp


 
»大学ホームページに戻る
»Return to University HOME

※各教員の担当科目については、以下のリンク先にある「教員名」に該当教員の氏名を入力の上、検索してください。
 

研究者業績

現在このブロックに設定情報がありません

 
研究者検索 > 理工学部 教員紹介 

理工学部 教員紹介

研究者リスト >> 櫻田 武
 

櫻田 武

 
アバター
研究者氏名櫻田 武
 
サクラダ タケシ
URL
所属成蹊大学
部署理工学部 理工学科
職名准教授
学位博士(工学)(東京工業大学)
J-Global ID201101046932526723

研究キーワード

 
ニューロリハビリテーション ,注意 ,脳波 ,ニューロフィードバック ,BMI/BCI ,モーションキャプチャ ,個人差 ,運動学習 ,スポーツ心理 ,脳卒中 ,近赤外分光法

研究分野

 
  • ライフサイエンス / リハビリテーション科学 / 
  • ライフサイエンス / 生体医工学 / 
  • ライフサイエンス / 体育、身体教育学 / 
  • 情報通信 / ヒューマンインタフェース、インタラクション / 

経歴

 
2022年4月
 - 
現在
成蹊大学 理工学部 理工学科 機械システム専攻 (理工学部 システムデザイン学科) 准教授 
 
2018年4月
 - 
2022年3月
自治医科大学 医学部 脳神経外科学講座 客員研究員 
 
2018年4月
 - 
2022年3月
立命館大学 理工学部 ロボティクス学科 助教 
 
2015年4月
 - 
2018年3月
自治医科大学 医学部 先端医療技術開発センター 脳機能研究部門 ポストドクター   
 
2014年4月
 - 
2015年3月
自治医科大学 医学部 先端医療技術開発センター 脳機能研究部門 客員研究員   
 

学歴

 
2007年4月
 - 
2010年3月
東京工業大学大学院 総合理工学研究科 知能システム科学専攻 博士課程  
 
2005年4月
 - 
2007年3月
東京工業大学大学院 総合理工学研究科 知能システム科学専攻 修士課程  
 
2002年4月
 - 
2005年3月
東京工業大学 工学部 制御システム工学科  
 
2001年4月
 - 
2002年3月
東京工業大学 工学部 第四類  
 

論文

 
 
Takeshi Sakurada   Ayaka Horiuchi   Takashi Komeda   
Journal of Robotics and Mechatronics   34(4) 777-785   2022年8月   [査読有り]
Robot-assisted body movements are a useful approach for the rehabilitation of motor dysfunction. Various robots based on end-effector or exoskeleton type have been proposed. However, the effect of these robots on brain activity during assistive lo...
 
Takeshi Sakurada   Mayuko Matsumoto   Shin-ichiroh Yamamoto   
Frontiers in Systems Neuroscience   16(774475)    2022年2月   [査読有り]
Neurofeedback is a neuromodulation technique used to improve brain function by self-regulating brain activity. However, the efficacy of neurofeedback training varies widely between individuals, and some participants fail to self-regulate brain act...
 
Takeshi Sakurada   Masataka Yoshida   Kiyoshi Nagai   
Frontiers in Human Neuroscience   15(784292)    2022年1月   [査読有り]
Focus of attention is one of the most influential factors facilitating motor performance. Previous evidence supports that the external focus (EF) strategy, which directs attention to movement outcomes, is associated with better motor performance t...
 
Masahiro Hirai   Takeshi Sakurada   Takahiro Ikeda   Yukifumi Monden   Hideo Shimoizumi   Takanori Yamagata   
Developmental Psychobiology   64(1) e22229   2022年1月   [査読有り]
The ability to understand the way other people see the world differs from one's own viewpoint is referred to as ''visual perspective-taking'' (VPT). Previous studies have demonstrated the behavioral performance in level 2 VPT (VPT2), the ability t...
 
Masahiro Hirai   Takeshi Sakurada   Jun Izawa   Takahiro Ikeda   Yukifumi Monden   Hideo Shimoizumi   Takanori Yamagata   
Scientific Reports   11(1)    2021年12月   [査読有り]

書籍等出版物

 
 
櫻田武
体育の科学 Vol.72(2),杏林書院   2022年7月   
 
櫻田武(担当:分担執筆, 範囲:機能編 両手協調制御)
朝倉書店   2017年7月      

講演・口頭発表等

 
 
櫻田武   
自動車技術会 ドライバ評価手法検討部門委員会 講演会   2022年11月   [招待有り]
 
櫻田武   
NTT コミュニケーション科学基礎研究所 講演会   2022年10月   [招待有り]
 
 
櫻田武   
R-GIRO “AI & Semiotics” コロキウム   2018年12月   [招待有り]
 
櫻田武   
NTT コミュニケーション科学基礎研究所 講演会   2018年9月   [招待有り]

MISC

 
 
三輪勇人   根岸駿介   櫻田武   
NC研究会      2023年3月
 
中島大輔   田口俊輔   櫻田武   
NC研究会      2023年3月
 
桑原歩夢   山本紳一郎   Vu Thuy Nguyen   柴田芳幸   櫻田武   
ライフサポート学会 第32回 フロンティア講演会      2023年3月
 
藤澤一成   柴田芳幸   櫻田武   Vu Thuy Nguyen   山本紳一郎   
ライフサポート学会 第32回 フロンティア講演会      2023年3月
 
長田祥吾   櫻田武   永井清   
ライフサポート学会 第32回 フロンティア講演会      2023年3月

所属学協会

 
 
   
 
Motor Control 研究会
 
   
 
バイオメカニズム学会
 
   
 
日本スポーツ心理学会
 
   
 
Society for Neuroscience
 
   
 
日本神経科学学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
研究期間: 2021年4月 - 2022年3月
 
テイラーメード神経活動修飾法による注意機能改善がもたらす高齢者の運動学習促進
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 新学術領域研究(研究領域提案型)
櫻田 武 
研究期間: 2020年4月 - 2022年3月
 
研究期間: 2019年4月 - 2022年2月
 
 
研究期間: 2019年10月 - 2020年9月