言語の選択:

お知らせ


成蹊大学専任教員各位

Ufinityにログイン後、「編集」ボタンを押した際に「権限が不正」というエラーメッセージが生じた際は、総合企画課までご連絡ください。

総合企画課:kikaku@jim.seikei.ac.jp


 
»大学ホームページに戻る
»Return to University HOME

※各教員の担当科目については、以下のリンク先にある「教員名」に該当教員の氏名を入力の上、検索してください。
 

研究者業績

現在このブロックに設定情報がありません

 
研究者検索 > 理工学部 教員紹介 

理工学部 教員紹介

研究者リスト >> 中野 有紀子
 

中野 有紀子

 
アバター
研究者氏名中野 有紀子
 
ナカノ ユキコ
URLhttp://iui.ci.seikei.ac.jp/
所属成蹊大学
部署理工学部 情報科学科
職名教授
学位博士(情報理工学)(東京大学)
J-Global ID201101020839458565

プロフィール

1990年東京大学大学院教育学研究科修士課程修了.同年,日本電信電話(株)入社.2002年 MIT Media Arts & Sciences修士課程修了.同年より JST社会技術研究開発センター専門研究員,東京農工大学大学院工学府特任准教授,成蹊大学理工学部情報科学科准教授を経て,現在,成蹊大学理工学部情報科学科教授.知的で自然なユーザインタフェースの実現に向けて,人との言語・非言語コミュニケーションが可能な会話エージェントの研究に従事.博士(情報理工学).ACM,人工知能学会,電子情報通信学会,情報処理学会各会員.

研究キーワード

 
包括脳ネットワーク ,HCI ,エージェント ,非言語情報 ,多言語 ,異文化コミュニケーション ,会話エージェント ,国際情報交換 ,ドイツ ,視線情報 ,(1)エージェント ,知的エージェント ,異文化 ,視線 ,文化比較 ,音声言語 ,ソフトウェアエージェント ,言語処理 ,対話エージェント

研究分野

 
  • 情報通信 / 知能情報学 / 
  • 情報通信 / ヒューマンインタフェース、インタラクション / 
  • 情報通信 / データベース / 
  • 情報通信 / ソフトウェア / 

経歴

 
2008年4月
 - 
2013年3月
成蹊大学 理工学部  准教授 
 
2005年9月
 - 
2008年3月
東京農工大学 大学院・工学府  特任准教授 
 

論文

 
 
Yukiko I. Nakano   Masashi Okamoto   Daisuke Kawahara   Qing Li   Toyoaki Nishida   
   [査読有り]
This paper proposes a method for assigning gestures to text based on lexical and syntactic information. First, our empirical study identified lexical and syntactic information strongly correlated with gesture occurrence and suggested that syntacti...
 
Justine Cassell   Tom Stocky   Tim Bickmore   Yang Gao   Yukiko Nakano   Kimiko Ryokai   Catherine Vaucelle   Hannes Vilhjálmsson   
   [査読有り]
In this paper, we describe an embodied conversational kiosk that builds on research in embodied conversational agents (ECAs) and on information displays in mixed reality and kiosk format in order to display spatial intelligence. ECAs leverage peop...
 
Hung-hsuan Huang   Tsuyoshi Masuda   Ra Cerekovic   Kateryna Tarasenko   Igor S. P   Yukiko Nakano   Toyoaki Nishida   
   [査読有り]
Abstract. Embodied Conversational Agents (ECAs) are computer generated life-like characters that interact with human users in face-to-face conversations. To achieve natural multi-modal conversations, ECA systems are very sophisticated and require ...
 
Justine Cassell   Yukiko I. Nakano   Timothy W. Bickmore   Ace L. Sidner   Charles Rich   
   [査読有り]
This paper addresses the problem of designing embodied conversational agents that exhibit appropriate posture shifts during dialogues with human users. Previous research has noted the importance of hand gestures, eye gaze and head nods in conversa...
 
Yukiko Nakano   Gabe Reinstein   Tom Stocky   Justine Cassell   
   [査読有り]
We investigate the verbal and nonverbal means for grounding, and propose a design for embodied conversational agents that relies on both kinds of signals to establish common ground in human-computer interaction. We analyzed eye gaze, head nods and...

MISC

 
 
二瓶 芙巳雄   中野 有紀子   高瀬 裕   
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   117(177) 55-59   2017年8月
 
木村清也   ZHANG Qi   HUANG Hung-Hsuan   岡田将吾   林佑樹   高瀬裕   中野有紀子   大田直樹   桑原和宏   
人工知能学会全国大会論文集(CD-ROM)   31st    2017年
 
二瓶芙巳雄   中野有紀子   林佑樹   HUANG Hung-Hsuan   岡田将吾   
情報処理学会全国大会講演論文集   77th(1)    2015年
 
齋藤直子   岡田将吾   新田克己   林佑樹   中野有紀子   
人工知能学会全国大会論文集(CD-ROM)   28th    2014年
 
野中裕子   酒井洋一   安田清   林佑樹   中野有紀子   
全国大会講演論文集   2013(1) 179-181   2013年3月
高齢者の増加に伴い、情報処理技術を用いた高齢者支援の研究が必要とされている。本研究では、語りかけエージェントとの対話における高齢者の音声情報を分析することにより、特に認知症高齢者の日々の健康状態・認知状態の把握を目指している。本稿では、ピッチ、ポーズ、発話長、抑揚のデータを分析するとともに、これらの情報を用いてk-meansクラスタリングを行った結果、ピッチと抑揚が高く、ポーズが短く、発話長が長い傾向にあるクラスタと、そうでないクラスタに分類された。そして、前者のクラスタには健常者が多く含...

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
相互注視成立判定方式の確立と会話エージェントへの応用
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
中野有紀子 
研究期間: 2011年 - 2011年
 
会話エージェントの異文化適応に関する研究
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
中野有紀子 
研究期間: 2009年 - 2011年
 
会話エージェント研究共有プラットフォームの構築と利用技術の研究
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(S))
西田豊明 河原達也 黒橋禎夫 角康之 中野有紀子 大本義正 
研究期間: 2007年 - 2011年
 
多種非言語行動に基づく会話のレベル推定と会話修復方略の決定
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
中野有紀子 
研究期間: 2009年 - 2010年
 
エージェントプレゼンテーション多言語間翻訳技術の研究
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
中野有紀子 
研究期間: 2007年 - 2008年